4歳&6歳とカードゲーム またしてもおねーちゃん天才!

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

6歳と4歳の息子ふたりを育てています。

 

小さいころ、親と何して遊んだ記憶がありますか?

自分の記憶に残っていることなので、

今の息子たちの年齢よりは上だったと思うのですが、

私はとにかく、オセロをした思い出が印象深いです。

created by Rinker
メガハウス(MegaHouse)
¥1,955 (2021/03/09 18:41:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

晩御飯を食べた後、

こたつでテレビを見たり、

母がりんごやナシを剥いてくれたりして、

そんな中でオセロをよくやりました。

 

父と対戦したり、母だったり姉だったり。

勝ったり負けたりでしたが、

やっぱり最年少だった私は悔しい思いをしたことのほうが多かったような。

プラスチックのオセロのピースと、

フェルト生地のようなオセロ板。

懐かしい。

 

6歳と4歳の息子たち。

まだまだ次男が字が読めないので、

家族でカードゲームやボードゲームはもう少し先かな、

なんて思っていました。

 

かるたはやります。

これ↓

created by Rinker
¥2,200 (2021/03/09 18:41:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

これなら、絵でわかるので次男も参戦できました。

 

しかしね~…かるたは…

大人がいまいち楽しめないのですぅぅ

 

自分が楽しめないことを子供とやり続けることって、

結構大変じゃありません?

子供のためならやるんですが、

とはいえね、自分も楽しめたほうが続けられます。

 

そしてまたしても、私や夫は知りもしなかったカードゲーム、

姉がプレゼントしてくれました。

 

このプレゼントに続き、

やっぱり私のおねーちゃんは天才。

 

あ、私、おねーちゃん大好きっ子です。

この世でいちばん尊敬する人はおねーちゃんだし、

大切なソウルメイトのひとりです。ウフ

 

4歳でも、多分3歳でもイケルんじゃないかな。

字が読めなくても、絵しかない、でも

大人も楽しいカードゲーム。

でも、子供のほうが強いゲーム。

 

『ナンジャモンジャ』という名前です。

知ってます?

私は初耳でした。

 

 

こんな風に、架空の生き物(?)的な絵が描かれたカードです。

「ふ~ん…」

って感じでしょ。

 

それがびっくり。

子供と一緒にやってみると意外にオモシロイ。

そして、6歳児がいちばん強かった。

 

遊び方:

カードを全部ひとまとめにして、真ん中に置く。

  • 順番にカードを上から1枚ずつめくって、
  • 出たカードの生き物(?)に適当に名前を付ける。
  • 1枚ずつそれぞれ名前を付けていって、
    既に名付けられた生き物のカードが出たら、その名前を答える。
  • いちばん早く答えを言えた人が、真ん中に積まれたカードをもらう。
  • 最後に手にしたカードの枚数がいちばん多い人が勝ち。

 

名前は何でも良くて、

ピンクちゃん

クサちゃん

クマクマ

ウンチくん

マドレーヌムームー

宇宙くん2

 

見た目から連想される名前を勝手につけます。

そして、出たカードを見て、

 

「あ!これの名前なんだっけ!!!」

 

となると、

もう大人の弱った脳では、

6歳児にはかないません。

 

瞬発力が違いますよ。ホントに

 

私も夫も、本気でやります。

でも数枚の差で負けます。

 

さすがに4歳児にはまだ勝てますが、

6歳児には勝てません。

 

テレビや電池で動くオモチャは

大きな刺激で子供たちを魅了しますが、

たまにこんな素朴なオモチャで

家族で遊ぶ時間があるというのも良いかな、なんて。

 

子供の発達に良いのかはよくわかりませんが、

大人も無理せず楽しめて遊べるオモチャというのは、

私にとっては貴重です。

 

そうそうオセロもね、

長男はそろそろできるかな。

でもまだあのピースをなくしそうで、

買うのはもう少し先にしようかな。

 

オセロは好きですが、

こういうゲームは夫が強くて、絶対に勝てません。

なんだろ、

脳の粘り強さ?何手先までを正しく早く読むのか、

そんなゲームは夫はすこぶる強い。

 

夫に負かされて怒って泣く子供たちの顔が目に浮かぶようです。

こういうのもでも、手加減したらつまらないもんね。

 

家族で人生ゲームとかもしたいな~

 

子供と一緒に遊ぼうよ♪

カードゲーム

子供と一緒にしたいこと!

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND