夫 やらされてる

 

こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

朝の送りは夫、

夕方のお迎えは私、という分担です。

 

しかし『ママっ子』の長男はよく、

「ママと行きたい!」

と言います。

 

それに対する夫の反応がタマラナイ、という話です。

 

 

「ママに言ってよ~」

 

「ママと行きたい」という長男に、夫はよくこう言っていました。

 

そして今朝は、こうも言っていました。

 

「ママと行きたい!」

 

「良いこと言うね~」

 

 

 

こういうことを夫が言うたびになんだかモヤモヤしていて、

そのモヤモヤの正体がやっとわかったんです。

 

それはやっぱり、

 

 

彼の【やらされている感】。

 

 

毎朝の保育園への送りに関して特に、

私に【やらされている感】があるようです。

 

子供を保育園へ毎日連れて行くこと、

子供を毎日世話すること、

それ自体が、私が彼にやらせていること、になっているような気がします。

 

本来、子供の世話は私が夫にやらせているわけではなく、

私たちふたりがやらなければならないことを分担しているのだと、

私は思っていましたし、いまもそう思っています。

 

しかし彼にとっては、

 

毎朝の子供たちの着替えも、

毎朝の子供たちの保育園への送りも、

 

私がやらせていること、という意識のようです。

 

 

 

いやいや、それってやっぱ、違うでしょ?

 

書いていても悲しくなります。

 

 

【やらされている】から、

なんとかサボろうとするわけで。

 

そんな風に思っている人に、

子供の世話なんてしていただかなくて結構です!

と思ってしまうわけです。

 

 

 

最近、【選択的シングルマザー】という概念が存在するそうです。

 

最初の時点で、夫はいらないけど子供だけ欲しい、

とシングルマザーになることを自ら選択して実行する女性たちのこと。

 

それになんだか、

大きく納得してしまうわけです。

 

 

 

私が必要としているのは、働きながら日々子供を育てることに、

一緒に主体的に取り組んでくれるパートナーです。

 

私ひとりでは重い荷物を、自らともに背負ってくれる人が欲しいのであって、

「これを、ここまで、こうやって運びなさい」

と言われたから背負う人でしかないのなら、

 

他にも代わりがいる存在なのだと思うのです。

 

 

そもそも最初から、そんなことを男性に求めない女性たちの存在を、

世の男性たちはどう見ているのか。

 

変わり者が、わざわざ大変な思いをして変わったことをしているwww

 

と呑気に構えているのか…

 

 

実際に働きながら子供を育ててみると、

女兄弟や、信頼できる女友達と協力して取り組んだほうが、

母はよっぽど心穏やかに、楽にこの事態を乗り越えられるんだろうな、

と週に1回は頭に浮かびます。

 

これから子供を持つであろう若い世代の女性たちにも、

【選択的シングルマザー】が、決して不利な選択ではないことを、

声高に訴えたくなるのです。

 

 

うちの夫にとって子育ては、

できれば大変な部分はやらないで済ませたい【我慢の時】

でしかないのでしょうか。

 

大変だけど、【やらされている感】で終わるには、あまりにも勿体ない、

人生の酸いと甘いがギュッと詰まった【唯一無二の時間】だと思っていたんですが、

 

その思いを共有することすら、贅沢な望みなんでしょうね。

 

子育てを手伝ってくれる”だけで御の字、

くらいで構えていないと、

期待するとガッカリして、ダメージが大きいです。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

いつも応援クリックありがとうございます。更新の励みになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND