こんにちは、ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

もう11月から、スーパーやデパートではクリスマスとおせち料理のチラシが目に入りますね。

実家では、母が毎年おせち料理を作っていました。

作っていたというか、スーパーで買って、切って、お重に詰めていた、と言ったほうが正確です。

そもそもおせち料理は、平安時代に起源があるそうです。

想像以上に古い歴史があるんですね。

ひとつひとつの食べ物に、その年の幸運を願う意味がある、というのも

なかなか魅力的なポイントです。

 

しかし!

我が家では結婚2年目からおせち料理は食べなくなりました。

なぜかって・・・
理由はごくシンプルで、美味しくないからww

 

先日見たテレビ番組で、好きなおせち料理の品目のアンケート結果が出ていました。

photo by Barron Fujimoto

 

3位:栗の甘露煮

2位:伊達巻

1位:黒豆

 

だそうです。

いかがですか?

 

私は正直、「黒豆?マジで?」と思いました。

そしてどれも、あまり好きではありません。

夫も同じくです。

仮に好きな品目があったとしても、単品で買えば済むんです。

なのに大抵、あまり好きじゃない品目も入っているから、まずセットで注文はしないんです。

 

いつも最後に、人気の無い品目が余って、食べたくも無いのに食べたり、

処分したりすることになるからです。

 

縁起物だからって、好きでもない食べ物を、高いお金を出して買うのは、

なんだかナンセンスだな~、と思ったので買うのをやめてみたんです。

そして代わりに、夫と私の好きなものを贅沢に買ってみたんです。

私は、ちょっと高いチーズとワインなど。

ウニやイクラを夫に。

伊達巻は私も夫も好きなので、伊達巻だけ単品でスーパーで買うこともあります。

 

そしてそのほうが、ずっと満足度が高かったので、それ以来おせち料理は買っていません。

 

昔の習慣や古いものを受け継ぐのは素敵なことかもしれませんが、

あまりにも商業化されているものはなんだか納得がいきません。

 

おせち料理も、『おめでたいもの』だからということで無条件に

『高いほうが縁起が良い』ような方向に誘導されているような気もして。

だったら同じ金額で好きな食べ物を買ったほうが、

ちゃんとお金を贅沢に使った実感も得られるし、満足度も高いです。

ちなみにクリスマスケーキも、ホールで買うのはやめました。

家族全員がそれぞれ食べたいケーキを、ピースで買ったほうが安くて、満足度が高いからでーす。

行事のときって特に、何も考えずに大金を使いがちなんですが、

別の使い方を試してみるのも、いいと思います。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND