Sponsored


「私たちの時代には、電子レンジなんてなかったのよ」

「50年前は洗濯機もなくて全部手で洗ってたのよ」

 

家電の発達は、
家事の負担を軽減しているとばかり思っていたんですが、

とんだ誤解だったようです。

 

家電の発達は、

人々が求める水準を引き上げるだけで、

家事の負担は変わっていない、

女性が家事にかける時間と労力は変わっていない、

という研究調査があったようです。

photo by tom_allen

 

洗濯機の無かった時代、
人々は毎日きれいな服なんて着ていませんでした。
何日も同じ服を着て、泥や埃、垢ですっかり汚れて初めて、
水で洗っていたんです。

 

冷蔵庫やガスコンロの無かった時代、
食事は白米とお味噌汁や、味噌だけでした。

 

炊飯器の無かった時代、
人々は毎食暖かいご飯なんて食べていませんでした。

電子レンジの無かった時代には、
冷たいままのおかずを食べていました。

 

ルンバの無かった時代には、
働くママは少々の埃は我慢して掃除機は週末だけかけていました。

 

衣食住に関しては特に、
もっと清潔に、もっとおいしく、もっと快適に、と思うと、
際限はありませんよね、確かに。

 

そして子供が絡むとまた、
子供のためにできること、子供のためにしてあげたいこと、
子供のためにすべきことも、
際限がありません。

 

そうやってどんどん、自分で自分の首を絞めているのかもしれません。

やっぱりやっぱり、
要は【加減】【下限】なんじゃないか。

 

時には子供をいたわるように、
自分をいたわり、甘やかさないと、やってらんねー。

今日はルンバするの、やめました。

 

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND