Sponsored

 

計算してみた。自分の時給。

 

月の手取り金額÷月の勤務時間数

=約2,800円

 

まあ、悪くないと思う。

 

でも、これ以上時給を上げるのは、多分別の会社に転職しない限り、
難しいと踏んでいる。

 

そして転職自体は、以前人材紹介会社で試しに探してみたけど、
子持ちで残業できない、という前提なので簡単ではないものの、
なんとかなりそうな感じだった。

 

だがしかし、
別の会社に転職するということは、
少なくとも移ってから半年は、がむしゃらに働かなければならない。

 

残業できない前提でも、残業せざるを得ない状況になることが、
目に見えている。

 

時給は上げたいけど、
子供が大きくなるまでは少なくとも、
今より仕事がしたいわけではない。

 

時給は上げたい。

なぜなら、時間がなさ過ぎると感じるから。

photo by Michael

 

時給が上がれば、短い時間で今と同じ収入を稼げるから。


でも、サラリーマンをやっている限り、
時給には限界がある。

 

特殊な資格を持つ人でなければ、5,000円が限度だと思う。
サラリーマンで時給5,000円て、相当なものだと思う。

だから、自分で何か、ビジネスを始めたいと思っている。

ビジネスと言ったって、
別にそんな大したものである必要はない。

今の世の中、パソコンとアイディアさえあれば、
月数十万くらいなら、なんとかなると思っている。

簡単ではないけど、なんとなると思っている。

自分でビジネスを始めたい理由は、時給以外にももうひとつある。

 

今のままサラリーマンでは、子供が大きくなった後、
なにをすればいいかわからなくなりそうだから。

 

子育て中、どうしたって私のキャリアは足踏みになる。

そして5年後、子供が手を離れ始めたときに階段を昇り始めても、
おそらく隣にいるのは20代、30代の若者たちだろう。

そんな中で勝負していくのは、場違いだと思う。
広告業界、年寄りには厳しい。

でも、ずっと仕事はしていたい。

だから、自分のビジネスを子育てしながら小さく始めて、
子供が大きくなるころには忙しく、楽しくなっている、
というのが私の目論見。


「だからって会社辞めてみて、やっぱり稼げませんでした~
なんてダメだからね。
サラリーマンの間にある程度副業で稼げるようになったら辞めていいよ。」

 

と旦那には言われているので、
無謀に会社を辞めたりはしません。

 

大丈夫。

 

私、やれば本当にできる子だから。

 

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND