Sponsored

 

知ってました?

世の中の【本当の億万長者】の大多数は、
高収入でもなんでもない
って。

 

年収500万の教師、年収600万のセールスマン、
年収450万の個人商店経営者、などなど。

まず、【本当の億万長者】とは、

収入+貯蓄から、ローンなどの借金を引いた金額が、
1億円以上ある、ということです。

 

10億円の豪邸を持っていても、それ以上の借金があれば
億万長者ではありません。

 

そして生まれながらの億万長者や、ハリウッドセレブ、のような人は除外します。

そうすると、その【本当の億万長者】の大多数は、
私たちと対して年収の変わらない人ばかりだそうです。


つまり、今の収入のまま億万長者になることも、できるということ。

そして、今の収入でも貯蓄や資産が貯まっていないのであれば、
それはやはり、お金の使い方がどこか間違っているのかも。

この辺の話、私は↓の本で読んだんですが、

特に日本の場合、いつからか植えつけられた
【お金】や【お金持ち】に対する固定観念やイメージが

大きく邪魔をしていると思いました。

【お金持ち】の典型的な姿って、どんなものを思い浮かべますか?


太ったおじさんで、ケチで、強欲で、
自分のことしか考えてなくて、
みんなに嫌われていて・・・

私は、そういう姿を思い浮かべました。

では逆に、【貧乏】と聞いたら?


貧しい服で頑張って働いている、お母さん。
わずかなお金は自分より子供たちのために使う。
貧しいけど、仲の良い家族。

そのイメージ、どっから来ていると思います?

テレビ?昔話?

確かなことは分かりませんが、古くは儒教の影響もあると言われています。

お金や、お金を扱うことは汚いことで、
貧困、労働を美徳
としています。

私の中にも、その固定観念はいまでも根深く残っています。

しかしですね、↑の本で調査を紹介しているんですが、

本当の、実在の億万長者は、

そのイメージの逆を行くそうです。

 

人に奉仕し、みんなから好かれて、
家族仲良く倹しく暮らして、
富は分け与えるという姿勢、
だそうです。

それが、億万長者になる秘訣だ、とも言っています。

そしてこれは別の本で読んだんですが、

『お金がなくても愛があれば』

とよく言います。

つまり、

『お金がある=愛はない
『お金はない=愛がある

という定説のようなものが、これまた固定観念、イメージとして
存在します。

でもさ、これってさ、普通にウソじゃん?

みんな頭ではわかっているんです。
でもそれでも、心の10%くらいはこれを信じているんです。

だから、


『お金に細かいことは格好悪い』
『お金に細かくないことは格好いい』

と思っているんです。

 

でもね、本当の本当を言います。
いいですか?

 

お金があって、愛がある。
これが最強

 

そして、
お金がないと、愛を維持するのも難しい。

現代社会は貨幣社会です。
豊かな貨幣なしに、豊かに生きることが難しい
そういう仕組みです。

 

これに心の底から納得できると、

いわゆる【お金に好かれる】ようになります。

お金はお金に集まってくる、というのは、事実です。

でもこればっかりは、実感しないと納得できません。

 

収入のある年齢のうちに、
『お金に細かくないオレ、格好いい~』という幻想から逃れないと、

収入のなくなる年齢になって、お金も愛もない状態、になりかねないぞwww

 

そしてこの話はまた別の機会に書きますが、

『お金に細かくないアタシ、イカシテル~』と思っていた昔の私より、

お金に真面目な旦那のほうが、ずっとずっと、

お金の価値を理解し、お金も物も、大事にします。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

 

RECOMMEND