スポンサードリンク

 

先週末、数か月ぶりにひとりでシャワーを浴びました。

 

普段、平日は子供ふたりと入ります。

狭いのでイスに座ってしかシャワーを浴びれないし、
兄弟喧嘩をとめるために怒鳴り散らしてるし、

なんつっても慌ただしいです。

たったひとりでシャワーを浴びたのが久しぶりで、
たったそれだけのことで

「し、しあわせ~

となりました。


そして数か月ぶりに、旦那が子供たちの寝かしつけを
代わってくれました。

 

毎日1時間ほどのベッドでの寝かしつけの時間は
もう慣れたことなんですが、

ちょうど寝かしに行こうかというときに、
旦那がリビングのソファで気持ちよさそうにゴロゴロしながら、

「おやすみ~」

と言ったので『カッチーン!ときて、

「たまにはやって!!!

とキレたら、やってくれましたwww

 

静かなリビングでひとり、たったひとりで過ごせるなんて

至福・・・

うちの旦那は、何度も言うように比較的協力的なほうです。

 

言えばやってくれるし、当事者意識もあると思います。

 

でもやっぱり、子供たちのご飯や、寝かしつけ、子供たちと一緒に起きることなど、
特定の部分に関しては当事者意識はありません。

 

家のローンやお金に関して、私は当事者意識を持っているつもりなんですが、
旦那に言わせたら足りないのかなぁ・・・

別に旦那個人に対して特に怒っているわけではないんですが、

んー・・・やっぱり、

男に生まれたかったなぁ・・・と思います。

 

旦那をはじめ、男性本人に言わせたら、

『男は男で、大変なことたくさんあるぜ~』

 

と言うんでしょうが、やっぱり比べたら、
私は男に生まれたかったです。

photo by Viktoriya Kraynova

 

以前、会社のワーママさんと話したことがあります。

 

「男ってラクでいいよね~」

 

という話題でした。

 

そして彼女はこう言いました。

「でもやっぱりね、女のほうが、”豊かな”人生を送れるとは思う、かな」

それが私には、【負け惜しみ】に聞こえました。

 

だって、妻たちが髪の毛振り乱して、
自称豊かな人生】送ってる間に、

夫は自分のペースで仕事して、飲みに行って、
我が子の可愛さ味わって、
イクメンとか褒められて、
でも毎日我が子が何食べてるかは知らなくて、

それって【イイトコドリ】で、

そんな人相手に【豊かな人生】って言ったって、
はあぁ???って感じでしょ。

 

そんで最終的には、

ガチで豊かな人生送ってる男性には、
かなわないじゃん。

 

同じ能力の、
同じ学歴の、
同じ職業の、
同じ年齢の男性と女性では、

まず男性のほうが、収入が多いわけでしょ?

そんで、なんなら子供は奥さんが育ててくれて、
ついでにご飯とか作ってくれて、
洗濯してくれて、

仕事に専念していいんでしょ?

 

今の私の能力のまま、男性として生まれていたら、

どんだけ楽な人生だったか、と想像してしまう。

息子たちには、

誰かに

『ズルイ』

と言わせないような男に育ってほしい。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

 

RECOMMEND