Sponsored

 

さてさて梨祭りの次は、黄金桃祭り♪

ホント、うちはフルーツをたくさん食べるので、
助かります。

そういえば最近、バナナ以外のフルーツを買っていません。

よしよし、食費節約になってるぞ。

 

本日は、全国で4.1%(2017年1月当時)の世帯が採用していて、
我が家ももれなく乗っかっている、
お得な仕組みです。

電力会社の変更です。

photo by CML

 

そもそも、そもそも、の話です。

最初に旦那が、

「うちも電力会社変えようと思う」

と言ったとき私がなんと返したかというと・・・

 

「今までと同じに電気が使えるなら、いいんじゃない?」

 

そこで旦那が教えてくれたんですが、

 

そもそも電力自由化とは、

電気の小売を自由化する、ということであって、

 

電力の生産そのものは、変わらず東京電力などの
各地域の電力会社が行っていて、

それを【売る】部分だけが自由化されたんですね。

 

なので、電力を買う会社を変えたからといって、

供給される電気は、なんの違いもありません。

我が家はもともと、そんなにたくさん電気を使う家ではありません。

 

かといって、すんごい節電もしていませんの、
普通に夏場は1万ちょい超えるくらい。
それ以外の月は5千円とか、6千円とかです。

旦那が例のごとく何日かリサーチした結果、我が家は↓にしました。

いちばん大きな特徴はやはり、

基本料金がない、ということですね。

 

通常東京電力で契約すると、A(アンペア)数によって基本料金があり、
その上で使った分だけ電気代がかかります。

しかしこのLooopでんき(ループでんき)は基本料金がないので、

たとえば別荘などで、一切電気を使わない月があったら、
その月の電気料金はゼロ円ということになります。

(別荘ないけどwww)

 

料金は、わかりやすいです。↓
明朗会計、好きっす!

うちは東京電力なので、1kWhあたり26円ですね。

そしてLooopでんきのもうひとつの特徴が、
すべてではないものの、自然エネルギーを積極的に使っている、ということ。

やっぱり未来を考えると、原子力ちがくね???と思っているので、
そこもポイント高かったです。

 

我が家の場合、Looopでんきにすることで大体、

電気代が毎月300円お得になる計算です。

300円×12ヶ月=3,600円×10年として=36,000円

たいした額ではないですが、

一度契約するだけであとは自動的になにもしなくても得になるなら、
迷わず採用です。

 

東京電力からLooopでんきにしたことで変わったことは

ポストに電気料金のお知らせが入らなくなったこと、くらいです。

サイトでログインをして、明細を確認する方式になりました。
↓こんな(7月のいちばん電気代高かったとき)

電力会社を変えるにあたって、デメリットは特にないです。

ひと手間かかる、ってくらいでしょうか。

 

300円かぁ・・・めんどいからや~らないっ!

と思ったあなた!!!

何度も言いますが、お金を貯める極意は、

【仕組み作り】ですぞぉぉぉ

↓のサイトで比較してみてもいいかもですね。

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND