子供の本の整理 それにしてもさ、

 

こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

長男もうすぐ5歳、次男2歳半。

そろそろもう、この辺は読まなくなってきました。

created by Rinker
偕成社
¥660 (2020/11/30 01:32:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

これは結構お世話になった本ですね~…

 

代わりに、長男レベルアップにより、図鑑系もずいぶん増えてきました。

ということで、子供の本棚をパパと本人たちで整理しました。

結果、捨てる本は…

…こんだけ?

 

『じゃあじゃあびりびり』は、まだ読むんだそうです。次男が。

ホントかよ、って感じですが、無理に捨てる必要もないのでキープ。

この辺も捨てたいところですが、キープだそうです。

子供ながらに思い入れ?

結果、最新版本棚は、こんな感じになりました。

赤ちゃんの本を、ひらがなの練習で読む、という話も聞いたのですが、

うちの長男はひらがなの練習も戦隊ものの本でやるそうです。スキナノネー

夫のお姉さんの家から大量にいただいたりして、まだ実はクローゼットにもあるんですが。

 

 

そうそう、図鑑の話なんですが、

まず最初はやっぱり、虫系から始まったのかな。

カブトムシとか、パパが大好きなカマキリの話とかで、まず虫の図鑑を買いました。

そして一緒に動物と、あと長男の好きな食べ物の図鑑も買いました。

 

でも、長男がこう言い始めたので買った図鑑も、とても気に入っています。

「カミナリはどこから来るの?」

「空はなんで青いの?」

「雲はどこから来るの?」

 

created by Rinker
¥614 (2020/11/30 01:32:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

身の回りの不思議を発見して、知っていくという過程。

世界は広くて、知らないことは無限にあるということ。

それに一緒にワクワクしてくれたらいいな。

空と言えば、

10年以上前に、姉とハワイ島でキャンプした時に見た星空が忘れられません。

黒い砂の砂浜でウミガメが歩いていて、その横にある草地でテントを張りました。

 

カタツムリが私のこぶしくらいの大きさで、

低い石の塀の上に寝転んで空を見上げたら視界いっぱいの星空で、

流れ星がピュンピュン飛んでいました。

 

私が留学していたテネシーの空も、見せたいです。

空がきれいだからなのか、乾燥しているからなのか、雷がピンク色だったのを覚えています。

トルネードもよく発生するテネシー州。アラバマ州にもよく遊びに行ったな。

観光地は何もありませんが、東京とは明らかに違う空を見に行くとか、

オサレー。

 

ああいう場所に、息子たちとまた行きたい。

私が頑張ってお金を貯めている理由です。

ちなみに私は、アメリカには住んでいたし、カナダやハワイには出張で何度も行きましたが、

北アメリカ大陸とハワイにしか行ったことがありません。

だからそれ以外の場所は、息子らと一緒に初上陸する予定です。

国内だって行ったことのない場所のほうが多い。

 

うどんを食べるためだけに四国へ行ったり、

味噌ラーメンのためだけに北海道へ行ったり、

ソーキソバ食べに沖縄へ行ったり、

(食いもんばっかりだな、オイ…しかも麺ばっか…)

現地の人に話しかけて、たくさん回り道して、

アクシデントがたくさんで、すべてが予定外、そんな旅が好きです。

 

子供が生まれる前に夫とふたりで行った旭山動物園や美瑛にも、

また子供を連れて行きたい。

美瑛の空も、ウロコ雲がきれいでした。

 

あ…また本の話に戻りますが、

子供の本、高すぎじゃね?

 

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND