運転と問題とラジオ(東京FM)出演のお知らせ

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

最初にお知らせです。

急なのですが、5月9日(木)東京FMで放送される『ONE MORNING』という番組の『Mama said』というコーナー(8:30ころから10分程度)に、出演させていただく予定です。

自分でもいまいち、何をどうお話させていただくのかまだ分かっていないのですが、

ワーキングマザー3.0』などのこと、のはずです。

 

緊張します。生なので…ヒエー…

もしご都合つくようであれば、ぜひ聴いていただけると嬉しいです。

後日談はまた、放送後に。

 

そして今日は、『運転』にまつわる話です。

昨年末に、40歳にして運転免許をとりまして、以来子供を連れてレンタカーで出かける際には、

積極的に運転するようにしています。

 

これまではいつも、助手席でナビ、プラス子供たちの相手、という役回りだったのですが、

それにも若干飽きていたので、私が運転、夫が子供たち、というのも良いです。

まだまだ自分の運転にも不安があるので、夫が隣に乗る時にいろいろ聞いて場数を踏んで、

ひとりでも運転できる自信もつけたいです。

 

そしてもうひとつの『運転』が、急に自転車に目覚めた長男です。

これまでも交通公園に行って、補助付きを経て補助なしで練習をしていたのですが、

先日行った際に急にコツをつかんだのか、ギアが入ったのか、

ひとりでぐるぐるぐるぐる、1時間もノンストップで走り続けていました。

 

時に足がペダルから外れてしまい下を向いて走って少し障害物に突っ込んだり、

スピードを出し過ぎて曲がり切れなかったり、

ゆっくり走ることができなかったり。

 

とはいえひとりで一応スピードを調節し、曲がり、ブレーキをかけて止まり、信号を見て発信していました。

いやもうとにかく、

 

大きくなったな、と。

 

自分でなにかを『運転』『操縦』する感覚に取りつかれているのがわかりました。

ひたすらずっと、漕いで漕いで、漕いでいました。

あ、でも、これの影響もあったかも。

最近パパと、Prime Videoでずっと見ていたので。

 

夫はもともと自転車が好きな人で、

彼がいま持っている自転車も確か7万円くらいしたGIOSというメーカーの

ほっそいタイヤのやつです。

ふたりでキャッキャ言いながら『弱虫ペダル』を見て、

その登場人物(主役ではない)の鳴子くんになりたいと、

赤い自転車を漕いでいた長男。

 

当然ですが、自転車を欲しがっております。

いや、私も夫も、買うのはぜんぜんいいんです。

心配ですが、ちゃんと練習をすれば公道でも乗れるようにはなるでしょう。

しかしいかんせん・・・

 

駐輪場問題が・・・

 

マンションは常に駐輪場不足で、2台目以降は毎年抽選です。

買ったら最後、ずーっと持ち続けるであろう自転車なのに、

停める場所は毎年抽選で、あったりなかったりって、なんか支離滅裂ですよね。

結局はほかの住人の方も、子供用自転車は家の中に置いている方も多いです。

 

本来エレベーターに自転車持ち込み禁止という規約があるのですが、守るのは無理なわけです。

ちなみに夫の7万円の自転車も家の中に置いています。

 

カバーをかけてベランダに置いているという人も聞きます。

 

うーん・・・

この問題は、このマンションに住む限りずーっとついて回る問題です。

 

「6歳のお誕生日プレゼントは補助なし自転車!」

 

と既に言う長男に、なんと言うか。

お友達でも持っている子がいる中。

 

あ、次男も。

3歳次男も、補助付き自転車の練習中です。

家の中にいるとムチムチで『デカくなったなー』と感じる次男も、

自転車にまたがるとやっぱりまだ小さく見えます。

しかし数年後には、次男も自転車を欲しがると思うので、2台かぁ・・・

 

自転車問題も、引っ越しを検討したくなる要素のひとつです。

あー・・・悩ましい。

 

にほんブログ村テーマ マンション住まいの素朴な疑問へ
マンション住まいの素朴な疑問

にほんブログ村テーマ マンション購入へ
マンション購入

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND