おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

次男もうすぐ3歳。髪の毛への執着心が留まるところを知りません。

 

寝かしつけの際は、私を挟んで両隣に長男と次男が寝ます。

長男はもう、隣に寝てさえいれば勝手に寝ますが、次男は結局何かって言うと、

髪の毛触りながら寝たい、ってこと。

抱っこでもトントンでも、手をつなぐとかでもなく、私の髪の毛をさわさわしながら寝たい、徹底してそれです。

しかも、結構イタイ触り方です。指を絡めたい(ww)らしく、それを引っ張るもんだから痛いww

とにかく頭を出せと、いつもそれしか言いません。

でも痛いから嫌であること、あなたのことは大好きだけども、痛いのは嫌だということ、静かに説明してみます。

あなたも痛いのはイヤじゃない?と。

そうしますとですね、怒る怒る。ゲキオコになりまして、怒りながら自分の髪の毛を触りながら寝ようとします。

まだ2歳3歳では、言って聞いてもらう、が難しいですね。

しかし長男はもう5歳。

長男 遊具

最近私がよく使う『手』は、自分が子供のころ言われてどう思ったか、を付け加える方法です。

道路を歩く時は気をつけなさい。止まりなさい。右左を見なさい。

気をつけなさい。車に気をつけなさい。信号が青でも気をつけなさい。

当然ですが、本当にいつもいつも言われていました。


長男に同じように「気をつけて」と言う時、加えてみました。

 

「ママもさ~、小さいころばあちゃんに、いつもいつも『気をつけなさい、気をつけなさい』って言われてさ~、言われなくなって大丈夫だよ!気をつけろ気をつけろ、うるさいよ!って、思ったんだな~…

いっつも同じこと言われると、なんかイヤだよね~。

でもさ、それでもさ、ママは小さいころ、気をつけなさいって言われてたのに飛び出しちゃったりしてさ、危ないこともあったんだよね~。怖かったな~…」

 

そうやって、自分が子供のころに同じことを言われていたというエピソードを伝えると、

わりとすんなり聞き入れてくれるようながしています。

 

「ママさ~、子供のころね、3歳からピアノ習ってたの。

○○クン、いま5歳じゃん?ピアノやってみる?ママ教えてあげるよ。」

 

「ママもね~、ばあちゃんとじいちゃんに、いーっぱい怒られたな~…

でも怒ってもらえないとさ、やっちゃいけないことがわからないからさ、いま思うと、

怒ってくれてよかったな、って思うんだよね~」

 

「あのね、パパとママがお話してるときは、邪魔しちゃいけないの。

ママもね、小さいときにばあちゃんに同じこと言われたの。

お話してる人の邪魔しちゃいけません、って。その時はなんでだかあんまりわからなかったけど、やっぱり邪魔されるとイヤだからさ、やっぱりダメなんだと思うんだ。」

 

「怒られたりすると、なんかお腹の中で怪獣が暴れてるような気がして、

ア゛ーーーッッ!!!ってなるよね。ママもよくなってたな~。

そういう時はまずは、ア゛ーーーッッ!!!て言えばいいんだよ。

そんでそれからママは、お腹の中の怪獣とお話してみたんだ。

なんでそんなに怒ってるの?って。だから○○くんも聞いてみて。」

 

私のとって長男は、なんでも初めてなので、もう自分の子供のころのことしか拠り所がないわけですよ。

自分が親にされて嫌だったこと、言われて嫌だったこと、でも最終的に言われて良かったこと、もっとこうして欲しかったと思うこと。

そういうものを、適材適所で反映させていくしか、私には方法がないわけで。

何度も書くようですが、子育てってもっと『自然と』できることなのかと思っていました。

親からされたことを、そのまましていれば、子供は自然に育って、勝手に個性を発揮するものだと。

でも実際は、もっともっと奥深くて、面白くて、でも難しくて、取り組みがいのあるプロジェクトでした。

もう5歳ともなると、押さえつけることも、嫌がっても抱っこしちゃうこともできないので、話して、話して、話して、話すしかないんですよね。

もちろん、親の背中は見ると思うので、その辺もまぁ、ボチボチ・・・

 

あなたはお子さんに、どんな大人に、なって欲しいですか?

にほんブログ村テーマ ++育児の穴++へ
++育児の穴++

にほんブログ村テーマ 子育てライフハックへ
子育てライフハック

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND