長男とパパの距離 出がけに【コジれた】親子の顛末

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

親子でもやはり人と人。

相性、そして気質のタイプのようなものがあると思います。

兄弟でも、私は比較的、長男の思考パターンは理解できます。

しかし次男の思考、行動パターンは、まるで夫を見ているよう・・・

 

夫が考えそうなことだけど、私には理解できないことを考えているように思えます。

ふたりとももちろんかわいいのですが、2人ずつに分かれる場合、

どうしても【私+長男】【夫+次男】に分かれがちでした。

 

そうするとつまり、【パパ&長男】ペアの『距離』が離れがちに。

それは休日の出がけに起こりました。

いつもドタバタする出かけるタイミング。

早く外へ行きたい子供たちと、準備がある大人。

 

何かの拍子で長男が怒り出し、へそを曲げ、ひとりで先の角まで走って行ってしまいました。

もう道路に急に飛び出す、ということはないものの、まだまだ歩道の自転車にぶつかりそうになったり、癇癪を起すと何をするか、と心配なので、ひとりで行って欲しくないです。

 

あ、転んだー、靴が脱げたー・・・とモタモタする次男に私が手を取られ、

夫が長男を追いかけて行きました。

次男を見ると、間違えてサイズの大きな靴を履いてきてしまっていて、すぐ脱げてしまう・・・

一度私は、次男と12階の家へ戻って履き替えてくることに。

 

AD: ピンクシリーズのソックス!可愛すぎる!!

その間パパ、事態を収拾するのか?

 

靴を履き替えて降りてくると、

パパと息子は、なにやらにこやかに話していました。

どうやら長男は機嫌を直したようです。

 

その日の夜、夫が長男の歯を磨きながら話していました。

 

「パパさぁ~、今日やっと、長男クンとちゃんと話せた気がしたんだ。

長男クンがすごく怒ってて、パパ、『何がそんなに嫌だったの?何にそんなに怒ってるの?』って聞いたんだよね~。

そしたら長男クンさ、パパが『もう長男クンと野球しない!』って言ったのがすごく嫌だった、

って教えてくれたんだよね。

パパさ、まさかそれがそんなに嫌だったなんて思いもしなくてさ。

嫌な想いさせちゃったね~、嫌だったんだね、ごめんね。

だから『ごめんね、野球やろうね』って言って、ちゃんと長男クンとたくさん野球したんだよね。

野球楽しかった?」

 

 

長男は歯を磨かれながら、「うん、うん」と素直に何度も言っていました。

まるで何かを吸い取っているスポンジのようでした。

確かにその日は、ずっと「パパ!パパ!」と仲良く遊んでいました。

 

夫よ、腕を上げおったな・・・

 

たまたま読んだこの本(マンガ)に書いてあったんですが、

人は誰でも、『心』に注目してもらい、自分でも自分の『心』に注目すると、

それだけで癒されるんだそうです。

 

 

普段私たちが、お互いのことについて話すのはすべて、『状況』について。

 

「ひとりで走って行ったら危ないからダメ。」

 

と言う時、『ひとりで走って行ってしまったこと』『それが危ないということ』

という『状況』についてだけ話しています。

 

なぜひとりで走って行ってしまったのか、

どんな気持ちで走っているのか、

何を言われ、何を感じているのか、

 

その『心』に自分自身も気づいていません。

そこを一緒に、『心』に注目してあげると、それだけで癒され、『心』は落ち着くそうです。

次の月曜日の朝、次男の『心』にもしばし注目する時間を設けてみました。

 

「保育園行きたくないな~。

じゅっと(ずっと)泣いてると、せんせー怒るんだ・・・」

 

小さな声で呟く次男。

朝ごはんを用意する手を止めて、キッチンにしゃがんで、次男と目線を合わせて、

ゆっくり注目してみました。

 

「ずっと泣いてたら、先生が怒ったの?

それがすごく嫌だったのかぁ・・・

泣いてたんだから、怒るんじゃなくて、どうして欲しかった?ぎゅ~、とか?」

 

(次男うなづく)

 

「そっか、ぎゅ~、して欲しかったのに怒られたら、それはびっくりするし、

嫌だったね。悲しかった?」

 

(うなづく)

 

「そっか、悲しかったか。怒って欲しくなかったね。嫌だったね。

次男クンは悲しかったね。怖かった?」

 

(首を振る)

 

「怖くはなかったのか、そっか。じゃあ、悲しかった、のと、ちょっとびっくりした?」

 

(首を振る)

 

「そっか、じゃあ、悲しかったんだね。悲しいのは、とても嫌だね・・・」

 

そうだな・・・ほんの3分程度だったと思います。

同じ高さで目を見て、「嫌だったね、悲しかったね」と繰り返していたら、

満足そうな顔をしてどこかへ行きました。

 

私は朝食作りへ戻りました。

いつもは「行きたくない」と愚図る次男が、「いってきまーす!」とパパと出て行きました。

 

私たちにも都合と事情があるので、毎回毎回そんなことはできないのですが、

できる時にはそうやって『心』に一緒に注目してあげることで、

子供たちの気持ちは安定し、手こずることも少なくなる気がします。

 

これは大人にも同じように効果があるので、たまに自分自身にやってあげたり、誰かにやってもらったり、やってあげたり、したいな、とも思っています。

お時間と心の余裕がある時に、ぜひ試してみてください。

 

『状況』という皮を剥いて、中身の『心』だけを見て、それに触れて、撫でまわしてみてください。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND