おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

=============

先に『ワーキングマザー3.0』会員の皆様へご連絡です。

先ほど配信させていただきましたメールマガジンにて、会員専用コンテンツのPW更新のお知らせをお送りさせていただきました。

また、『Neutral』先行販売のお知らせも併せてお送りしておりますのでご確認ください。

=============

先日の自分の記事で書いた話を、夫にもしてみました。

 

私「その人はね、妻がいて、娘さん3人育てて初めて気づいたんだって」

 

夫「娘3人育ててやっと女性を理解できたんだね・・・」

 

いやいや、違うから。

『女性を理解する』という概念から、違うから。

 

女性である前に私も、ほかの女性もみんな、あなたと同じ人間であること、

あなたが嫌なことは私だって嫌であり、

結局最後は許してくれる、というのはただ押し付けられた役回りであること。

 

まだ夫は、よくわかってはいないようでした。

『娘を育てる』ってそういうことなのだと、思いました。

私は娘を育てたことはないし、これからも育てることはありません。

夫も結局は息子ばかりを育てることになり、対息子に関しては、ジェンダー・バイアスがどんどん薄まってきています。

 

つい先日も、息子にこう言っていました。

 

「好きな人には優しくしないと、好きになってもらえないよ。相手が男の子でも女の子でも、みんな同じ。」


 

夫はずいぶんと、変わってきてくれました。

夫として、父として、パートナーとして、本来の素直さによって、何度も脱皮をしています。

『手伝う』という感覚からも脱しているし、子供に『向き合う』覚悟も感じられます。

まぁただし、最後の最後まで、朝起きれないことだけが、残ります。

いや、わかるよ。すご~く、すご~くわかります、彼の気持ち。

朝起きたくもないのに起きなければいけないことの苦痛って、その瞬間の苦痛って、どんだけ大人になっても相当なものです。

しかしもう私にとっては、『仕方ない』、ただそれだけです。

 

子供たちにとっては、朝7時はギンギン活動タイムであること。

子供の健康な発育にとっては、早寝早起きが最善であること。

私も子供のころ親を起こしていたので、彼らの気持ちもよくわかります。

 

だから毎朝、ベッドから少しずつ体を引きはがすように、でも隙あらば1秒でも長くとどまれるように、でも子供にまた急かされて、最後の一片を「えいっ」と引きちぎるように起きています。

私が寝るのは毎晩大体、1:30amころ、かな。

いつもなんやかんやと遅くなってしまいます。

そして起こされるのは・・・7:00am、7:30am とか、でしょうか。

 

当初は子供に、

 

「パパ起こしてきてー」

 

とお願いしていたのですが、なんせパパは起きないので、このごろは2歳児さえも嫌がって起こしてくれません。

 

「お願いだから、私の気持ちを想像してみてください」

 

と夫に言ってみました。

 

以前もSE(システムエンジニア)である夫に使ったたとえ話ですが、

 

「きみときみ、ふたりがこのプロジェクトのリーダーです。」

 

と任命されて、一方がさぼっていたり、自分ばかりが大変な役回りをやるはめになっていたらどう思うか。

それを想像してみて欲しい、と頼んでいます。

 

『朝、好きなタイミングで起きたい』

誰しもが思う、根源的な欲求です。

 

「おーきーてー」

 

と怒る子供たちに、夫は

 

「まだ寝てろ!」

 

と怒ります。

 

怒って寝るわけ、ないっしょ。一度完全に目を覚ました子供がさ。

で、私が子供がかわいそうで起きて、夫は私が起こすまで寝てる、という毎朝の儀式です。

これでも以前に比べたら、ずいぶんマシなのですが、あるパパさんのブログで、

『毎朝みんなで一緒に起きて、朝ごはんを食べて・・・』

というフレーズを読んで、羨ましすぎて涙が出ました。

好きなタイミングまで寝ていられたら、どれだけ気持ちいいか。

それが叶わないいま、一緒に寝てる大人が一緒に起きてくれたら、その苦痛をどれだけ笑い飛ばせるか。

そして朝のバタバタに、どれだけ余裕が生まれるか。

 

・・・と思うと彼は、ベッドから起きてきて、リビングの床で寝てしまいます。

 

この場合の「いいじゃん、たまには」「いいじゃん、それくらい」が良くない理由は、以前も書きました。

 

でもそれにも増して、寝たい、眠いという気持ちは、すごくよくわかります。

でも一緒に起きて欲しい。

この攻防はかれこれ5年?それくらい続いています。

もういい加減私も疲れましたが、でも毎朝のように、私の中にちょっとしたモヤがかかります。

 

以前、誰だか忘れてしまったのですが、離婚した男性の芸人さんがテレビで言っていました。

 

「朝は眠い。寝たい。

だから俺は、子供や奥さんと同じ時間に起きて、同じ時間を生きることを選べなかった。

いまそれを失ってみて、なんでそんな簡単なことできなかったのか、しなかったのか、すごく後悔している。

全国のパパさん、朝起きるくらい、やったほうがいい。家族と同じ時間を生きることは、ホント大事」

 

私は人間である前に女なので、早起きも、ひとりでの早起きも、『大丈夫』であり、

「もぉう~、ぜんぜん起きなかったよね~、あの頃ぉ~」と笑い話になると、

思っているんだろうな。

 

早く人間になりたいです。

少なくとも夫の中で。

 

にほんブログ村テーマ パパの気持ちへ
パパの気持ち

にほんブログ村テーマ 家族へ
家族

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. ゆかり より:

    うちの夫も同じです!!起きてきてもリビングのソファでゴロンしてますよw

    昔、「この5年間あなたはわたしよりも早く起きてくれたことは片手で数えられる!どうして私が一番遅くまで起きれる日を習慣としてたまには作ってくれないのか」と訴えたことがありました。その瞬間は本人には響いてるいるように感じましたが、結局変化はあまりないですねw
    こちらからあえて「お願い」(この時点で違和感w)して、それでも私が起きて朝食の準備はど色々一通りやったあと夫が起きてきて、やっと二度寝出来るくらいですね。。
    早くから朝ごはん用意してくれてありがとう、と感謝の言葉あることがせめてもの救いです。
    毎度様子を伺いながら交渉するのめんどうだから土曜日は私、日曜日はあなた、みたいにルーティン化してくれたらいいのに!!

    • みゆき より:

      ゆかりさん、そうなんですよ。リビングで寝ちゃったら意味ないじゃん、っていつも思います。
      でも本人にしたら、「言われた通り起きたでしょ」って感じのようです。

      ゆかりさんの違和感と同じで、やっぱり「言われて起きる」という姿勢なんだな、と思います。
      子供を育てるというプロジェクトを共に進めていきたいと思っているんですが、先方はあくまで
      「俺は補佐でしょ?できることあったら言ってね。でもやりたくないことはやりたくないよ」
      と言われているようで、悲しくなるんですよ。

      感謝の言葉を言ってもらえるのは確かに救いですがね、本来は行動が欲しいとことですね。
      修行です、修行・・・

コメントを残す

夫のことの関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND