もっと早く口にしていればよかった。『昔話』の違和感

 

おはようございます。みゆきです。

8歳と6歳の息子ふたりを育てています。

 

子供ってホント、読み聞かせてもらうの好きですよね。

 

7歳ころからでしたっけ。

『むしろ自分で読むし』

となったのは。

 

ということで6歳次男はまだまだ「読め」とうるさいのです。

毎晩のように

 

読め・もう寝ろ・読め・歯を磨け・読め・もうこんな時間

 

とひと悶着。

 

私も読みたくないわけじゃないんですが、

読む前にやること済ませちゃいましょう、

と言っているのに、それはなぜかやりたくない次男ともめます。

 

 

とはいえなんだかんだ読んでいるんですが、

どこかでお下がりでもらったこの本、結構子供が好きでよく読んでいます。

多分もう、全部読み終わって2巡目3巡目くらい。

 

 

グリム童話やアンデルセン系のオーソドックスな古い物語が

すごく短くまとめられている本です。

寝る前に読むには、確かに1話の長さがちょうどいい。

 

いやでもね、既にタイトルからモヤる。

 

『母と子の』ね、ハイキタ。

 

父は?父はどこ?

読み聞かせは母?母なのか?

 

確かに夫は読み聞かせが嫌いだと言ってやろうとしないけど。

 

 

そして中身も、前々からずっと感じていたモヤモヤ。

 

昔話にありがちなんですがね、

やっぱりもうこの本も古いからやめようかな。

 

~~~~~~~

王様は

そのいのししを退治したものは褒美として

姫と結婚させてやろうと言いました。

~~~~~~~

竜神はその若者に

褒美として娘を嫁として連れて行けと言いました。

~~~~~~~

 

 

こういうの、ばっっ・・・っっかり。

 

何かって言うと

王様や神様は姫や娘を

褒美としてとらせるんです。

大体『嫁として』なので、

家畜のように与えるわけではないけど、

そこに姫や娘の意思は当然なくて、

というかないものとされているというか。

 

 

話を展開させると、

物語と現実の区別はついていると言うなら、

なぜ社会で女性の意見を男性のそれと同じ重みで捉えていないのか。

ということで。

 

 

あんまりこの本、良くないかな~・・・

 

アメリカではすでに、

『白雪姫』は子供に読む物語としては排除されていると聞きました。

英語で白雪姫は『Snow White』

雪のように肌の白いお姫様の話は、

有色人種の人や子供たちにとって良い影響がないから。

 

それと同じで、

こういう姫や娘が褒美として与えられるお話も、

そろそろアウトじゃないのかな~・・・

 

 

って思いながらも、

なんとなくすでにそこにある本を『読んで』とせがまれると

読んでしまっていた私でした。

 

そして毎回、

 

『また来た、褒美としての姫・・・』

 

とモヤモヤしながら読んでいたんですが、

やっと息子たちに言いました。

 

 

「ママ、前から思ってたんだけど、

こういうお姫様がご褒美として与えられるお話、

やっぱりやだ。

だって、お姫様だって人間でしょ?

お姫様は結婚したくないかもしれないじゃん。

なのにお姫様の気持ちはどこにも書いてない。

おかしいじゃん。」

 

 

はっと気づく息子たち。

 

「そっか、そうだね。」

 

 

~~~~~~~

姫は王子様と出会い、

お城で結婚し幸せに暮らしました。

~~~~~~~

 

こういうお話も、既に時代にそぐわないから

いまは書かれないし読まれることもないですよね。

 

 

いつだったか夫が

 

「お!これがここにシンデレラフィット!」

 

と言って、

 

「シンデレラフィットてなに!?」

 

となり、

 

『そういえばシンデレラを読んでないのか』

と思ったんですよね。

 

 

ディズニーのお話がアップデートされているように、

絵本も入れ替えようかと思うのは、もう遅い気もするけど、

やっぱり時代に合ったお話で彼らの頭を埋めていきたいな。

 

 

ということで最近次男は『ねこざかな』ブーム。

created by Rinker
¥1,485 (2022/05/19 02:07:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

さ、図書館に行こう。

 

 

 

絵本・童話・児童文学

いろんな国のいろんな絵本

大人も楽しめるユニークな しかけ絵本

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

コメント一覧
  1. すごいわかります。
    ちょっと違うけど、最近リトル・マーメイドを子供と見ていて、この、アリエルの宝物を破壊するお父さんは絶対毒親で虐待なんだけど、最後に愛情深く娘のために身代わり契約書にサインしたり結婚を認めたりすることで、全てが許されちゃうのどうなんだろうと夫婦で話し合っていました。
    ディズニーはちゃんとプリンセスソフィアとか実写版とかで思想的にはアップデートされてるけど、やっぱり古いのも見せちゃうんですよね…ディズニーランドのコンテンツにキャッチアップさせるために。

    それとまたさらに違いますけど、2才児の娘の方には「うんこドリル」を使わせるべきか悩んで、むしろ使わせない(5歳の息子には躊躇なく使わせた)のは、これまた性差別だなと考え直したりしました。

    コンテンツ関係はどこまでも悩ましいですね。

    • みゆき より:

      たいきのパパさん、「うんこドリル」の記事、読みました。
      ホント、そうなんですよね。
      男の子が「うんこ」と言うことと、女の子が「うんこ」と言うことと、
      大人である私たちの受け止め方が違うのはやはりありますよね。
      でもひとつずつ意識して、正していくしかないんじゃないかなと思います。
      いまでは既に受け入れられていることも昔は「女の子がそんなこと」という時代があったのでしょうし、
      同じことかなと。
      でも古いコンテンツは生き残るので難しいですよね~・・・

コメントを残す

子供/子育ての関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND