Sponsored

 

約10年、広告代理店で営業をやっていました。

営業ってことはつまり、毎日毎日、お客さんと対峙するのが仕事でした。

そして特に結婚して子供を産んでからですかね、いつも社内でこう言われるようになりました。

 

「みゆきさんてホント、いつでも穏やかですよね。

怒ってるの見たことない。」

 

そーなんですよね、もうね、仕事で腹なんて立たなくなりました。

無理難題を横柄に言ってくるお客さんだってたまにいるんですがね、

なんかもう、慣れたのか、なんなのか、

 

「あらあらー…それはそれはちょっと難しいですねぇ~…

どうしましょうかぁ~…」

と反応するのみで、本当に腹は立たなくなっていました。

みんな仕事で大変で、無理難題を言ってくる人だって結局は、

上司やらお客さんやらに責められてイライラして八つ当たりしているわけで、

その問題を一緒に解決しましょっかー、って考えるようになりました。

 

失礼なことされても、

「あ、じゃあサヨナラー」

と思いはするものの、腹は立ちませんでしたね。

 

それがね、それがね!

なんで!?なんで!?

なんであの人が相手だと、こーんなにもムカツクんですか?!

 

オット、オット!夫の人ですよ!

なんで?なんでー?!なんでなのー?!

 

この前なんて、見てください、コレ!

私がせっかく、姉と一緒にきれいに飾り付けた棚。

そのいちばん上段に、彼が買ったブックスタンド(本を手で持たなくても読めるやつね)を、

デーンと置いてるんです。

「すぐに使いたいから」

だそうです。

 

いやいやいやいやいやいやいや…

ちょっと棚にしまったって、1枚扉を開けるだけで

すぐに使えますから!!!

 

「せっかく部屋をキレイにしようと頑張ってるのに…」

と言いましたら、

「は?こんなに汚いのに?」

と抜かしやがりました!聞きました!

 

なんだとテメー!!!

(あ、お口がキタナイキタナイ…)

 

と思い(言いませんでした)、

もう『はらわたが煮えくり返る』ってこういうことなんですね、

胸の底がムゴゴゴゴゴゴ…となって、

怒りに震えながら↑の写真を撮りました。

そしていまでも!ブックスタンドは同じ場所にデーンと居座っています。

彼曰く、

部屋に絵を飾ることも、自分のセンスではわからない置物を飾ることもオレは許容しているのに、

なんでオレの主張は通らないんだ、と。

 

あなたの主張を通したら、

部屋にあるすべての物は外に並ぶんでしょうがー!!!

 

はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…

 

息切れして、脱力して、そして考えました。

 

なんで夫相手だと、こんなに腹が立つんだろう。

穏やかで有名なみゆきさんが、どうしてこの人相手だとこんなに取り乱すんだろう。

ムカツク顔を見ながら考えました。

似たもの同士、なのか…?

 

勝気で、子供で、強情で。

もちろん違うところも死ぬほどあるけど、似てるからこそ、こんなにもムカツクのか…?

 

それを夫本人に言ったら、

 

「…そうかもね…言われてみるとね。

言い過ぎた。悪かった。」

 

コンッチクショー…クッソが…(ああ、キタナイキタナイ…スミマセン…)

と思わされるからこそ、

私は学び、キャパが広がる…のか???

 

なんでも言うとおりにしてくれて、いつもニコニコしていて、

強くて優しくて穏やかな夫だったら…

 

んー…普通に幸せそうですけど?

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. とら より:

    旦那さんの脳みそが片付けを理解し受け付けるのには時間かかると思います。ここだけは置いてくれるな、っていう場所だけ決めて、あとはしばらく多めにみるしかないかな…と。
    あと、なんで旦那さんに腹が立つのか?ですが、無償で自分の不得意分野をやらされてるからではないでしょうか?違うかなぁ。

    • みゆき より:

      とらさん、飾り棚の上なんて、まさにここだけは…という場所だったんですがねぇ…
      ここだけは置いてくれるな、という場所が、彼にとってはいちばん置きたい場所ばかり、というのが難しいところですね。。
      置きやすい場所だからこそ置いてほしくない、みたいな。

      無償で不得意分野をやらされているから、ですかねぇ…確かに不得意分野です。
      でも私の家でもあるので、すべて彼のためにやっているわけではないのですよね。
      私だって、不得意ながらもキレイな部屋のほうが気分はいいです。でもそうだな、不得意分野を頑張っているのに、無下にされるから、かな。

  2. なおこ より:

    初めてコメントしますが、愛読者のなおこです。
    旦那さんの記事はいつも共感します。次男くんの「大きなかぶ」と長男くんの突っ込みのくだり。その時のみゆきさんの気持ち。私も毎週末味わってます。

    そして、27日のイベント、迷っていたら締切になってしまったんですね。8月の平日のどこかで開催があれば、ぜひ行きたいです。

    ちなみに、前おすすめされてた加藤珈琲のマンデリン、飲んでみました。本当に酸味がなくて美味しいです!毎朝珈琲に癒されてます。

    • みゆき より:

      なおこさん、コメントありがとうございます!とても嬉しいです。お忙しいのにわざわざありがとうございます!
      しかもよく読んでいただいているようで、感激です。
      なおこさんの旦那さんも、朝一緒に起きてくれないタイプなんですね…
      朝寝坊したい気持ち、すごーくわかりますよね。私たちだってどれだけしたいか。
      でもできないから、せめてパートナーである夫には、一緒にその苦しさを笑って欲しいんですよね。
      隣にいてくれるだけでどれだけ救われるか。
      私の気持ちより、眠気が勝つんですよね。でも諦めてはいけないと思うんですよね。
      私も根気よく理解を求めるようにするので、なおこさんもまた元気がある時に旦那さんに話してみてはどうでしょうかね。
      27日のイベントは、すみません…私も思いついたのが突然で、とりあえずお声がけしてみて…と思っていたら会場をおさえるのにもギリギリになってしまい、
      ほんの数日で締め切ることになってしまいました。。
      8月、もしくは9月にはまた開催しようと思っていますので、次はもう少し余裕を持って告知します。

      マンデリン!良かった~。
      美味しいですよね?!私、酸っぱいコーヒーが苦手で、でも日本では酸っぱいコーヒーが多くて、探すのが大変でした。
      もうかれこれ5年くらいかな?あれしか飲んでません。
      苦くて濃いので、カフェオレとかにしてもおいしいですよ。
      またお時間ある時、コメントなどいただけると嬉しいです。

  3. 軽度の産後鬱パパ より:

    旦那さんに関する記事楽しく(?)読んでいますW

    私も二人の幼児の父親として気をつけなきゃというところも多く、
    大変参考になります。いつもリアルな生活、ありがとうございます。

    ただ、最近記事を拝見しまして少しずつ違和感を感じ始めています。

    うまく説明はできませんが、みゆきさんの中に旦那さんは…既に世間的に言われている旦那さんではなくなっている気がするのです。

    「お互い信頼する、かけがえのないパートナー」というようなことを言うつもりは全くありません。夫婦の定義はそれぞれの家庭によって千差万別なはずです。

    家事もしない頑固で感情的な夫という世間的に犯罪者扱いされる世の中。
    では、優しくて家事もてきぱきとこなし子供の面倒見もいい夫は、
    妻にとって本当の意味で完璧な夫なんでしょうか。

    男女の差は別にして夫婦は赤の他人が逃げ場もなくずっと同じ場所で生活します。
    いくら仲のいい夫婦でもトラブルやもめごとは必ず抱えています。
    でも、その都度誰かを責めたり、片方のせいにし始めると…どうでしょう。

    最初は自分は悪くないという考えを貫くことができてすっきりするかもしれませんが、その後はどうでしょう。その感情はその後も残っているででしょうか。また本当に相手を理解するのに役立っているのでしょうか。

    その先に残るのは結局「自分への失望感」と「相手からの不信感」ではないでしょうか。

    夫婦だからといって必ずしもお互いのすべてを受け入れる必要はないと思います。

    自分が思っていること、やりたいこと、考えていること…をもう一人も全く違う考え方で受け入れていることに気づくことが何より大事かもしれません。

    最近、産後クライシスや産後鬱など世間的に女性の大変がクローズアップされるようになりました。いままで我慢してきた部分、世間的に認めてもらえなかった部分を認識してもらうことは大変良いことだと思います。
    ただ、その中で、いつの間にか夫はそれらの最大の原因かのように見られるようになった気がします。

    精一杯家事をこなし、子供の世話し、時にはイライラしている妻の機嫌を取ろうと必死にもがいている夫の姿をみてくれる人はいません。テレビでも雑誌でもただソファーに座ってスマホをいじるダメパパの姿ばかり。。。本当は家事で子供相手で忙しくてテレビすら見る時間もないパパもたくさんいるのです。
    私は男性を代表してそういった不満を言っているわけではありません。

    誰かか悪いとか誰かか間違っているという認識そのものが、
    もしかしたら知らないうちに自分を少しずつ変えてしまうかもしれなません。

    怒っている姿を見たことがないという周りからの評価に対して、
    自分はどういう考えを持っているのか。

    どうして同じ事が旦那さんにはできないのか。
    もしかしたらその中にみゆきさんが抱えている悩みに対するヒントが隠れてるかもしれません。何か偉そうに見えたら改めてお詫びしたします。
    旦那さんのことについて悩んで苦しんでいる姿に読者としてお話がしたかっただけですので…

    初めてのコメントなのに…大変失礼しました。
    これからもブログ楽しみにしています。

    • みゆき より:

      軽度の産後鬱パパさん、コメントありがとうございます。
      パパさん、パパさんが私のブログを読んでくださっているとは知りませんでした!パパの意見、ぜひぜひ聞きたいです。
      軽度の産後鬱パパさんは、おそらく子育てにもちゃんと参加され、子育てや家事に忙しく頑張っていらっしゃる、という立場のパパとして、そんなちゃんと頑張っているパパのことは注目されない、ということでしょうか。
      確かにそうですね、私が夫の文句を言っているように、できないと言われているパパの姿はよく聞きますが、頑張っているパパさんの話はあまり聞かないですね。。

      そうなのですよね。特に夫に、なぜこんなに腹が立ってしまうのか。そこはもしかしたら、私が夫と似ているからなのかも、と思っています。
      まだまだ私も子供だし、なかなか大人になり切れず、難しさばかりが残る日々です。

  4. みゆきさんのファンですが・・・ より:

    軽度の産後鬱パパ様に1票です。

    ずっとお邪魔していて楽しみに拝見していました。
    ここはワーママが集う場所っぽいので同情票が集まりやすいのだとは思いますが、私も読めば読むほど???が増えて来ている一人です。

    夫婦間の本当のところは部外者からはわかりません。
    拝見していると、旦那さまにも「あらそれは・・・」という言葉も確かにあります。

    夫婦はもともと他人ですし、家族であっても別の人格ですから、いろいろあるでしょう。
    余裕がなければ気になるところに目をつぶれなくなる時もあるでしょう。

    でも、足りないところ気づかないところなんて誰にもあるのですから。
    旦那さまに不満!とばかり記事をUPし、コメント欄で「うちもうちも!」となっているところに少々の違和感を感じています。
    どっちが我慢、とかそういう議論ではもちろんないのですが。

    人には口に出さない想い、もあります。
    程度はともかくお互いに努力している部分もあるのですから、それが自分の完成度のボーダーと違うからと責めるのは、やはり違うんじゃないかと思います。

    飾り棚の件もみゆきさんの価値には合わないのでしょうが、家族の家なのに、そこまで言わなくてもと思いました。

    • みゆき より:

      みゆきさんのファンですが・・・さん、わざわざコメントありがとうございます。
      いつも読んでいただいているということで、とても嬉しいです。ありがとうございます。
      口に出さない想い…確かにありますよね。なるほどね~…ちょっと気づいていなかった部分かもしれません。
      夫にも確かに、いろんな想いがあり、半分も、いや、1割も口にしていないんでしょうね。
      教えていただきありがとうございます。
      そうですよね、彼ばかりを責めるのは違いますね。
      私はたまたまこんな場があり、憂さ晴らす場所がありますが、彼はいったいどうしているのか…

      またそんな違和感などあれば、教えていただけると助かります。
      私もまだまだというか、まだまだすぎる、お子ちゃまなのです。。エーン…

  5. みゆきさんのファンですが・・・ より:

    一方的にコメントしてごめんなさい。
    でも、応援しているしファンでもあるので、つい気になってコメントしてしまいました。

    人にはそれぞれ得手不得手もあるし、お互いにそれに胡坐をかかず違いを認めた上で、また男性vs女性になるのではなく家族はチームとして得意分野を生かしていけるといいですよね。
    (我が家では子供も、手伝いではなく仕事として家事をしてもらいます!)

    これからも記事、楽しみにしています。

コメントを残す

夫のことの関連記事
RECOMMEND