スポンサードリンク

 

スピリチュアル系の話なので、好き嫌いがあるので書くか迷ったんですが、

私はすごく好きな話なので、苦手な人は今日はスルーしてくださいね。

 

江原啓之さんて、肩書はスピリチュアリストらしいですが、いらっしゃいますよね。

あの方の本を読んだのですよ、誰かに勧められて。

たまたま最初に選んだのが彼の過去の経験をまとめた本で、

恐ろしいほどたくさんの心霊体験談で、怖くて昼間の電車でしか読めませんでしたっっ

 

その本とはまた別の、子育て系の本で面白いことが書いてあって、

いまでもたまに試すんです。

子供が大きくなってしまうと使えない方法だと思うのですが、

子供がしゃべれるようになったら本人に、

「あなたは、何をするために生まれてきたの?」

と聞いてみろ、と。

何度も聞いているうちに、傾向が見えてくるはずだと。

 

江原さんのお子さんの場合、

確か長男は、聞くたびに違う答えや、そのころにテレビで見聞きしたことを答え、

次男は、何度聞いても音楽関係の答えだったそうです。

それはつまり、

長男は普通の、その時々の良さそうな仕事や趣味を器用にこなすタイプであろう、

という予想で、

次男はもう、どう考えても音楽をさせるしかない、と。

 

彼曰く、子供は小さい頃は、何をするために生まれてきたのか、自分で知っていると。

大きくなるうち、大人が植え付ける情報に揉まれるうちに、

本来自分が知っていた、自分が何をするべきか、を忘れてしまって大人になることもあるのだ、と。

 

なるほどねー、と思って。

この情報が正しいか、とかではなくて、

3歳とか4歳とかの子に聞いてみるのは、面白いかなーと思って、

たま~、に聞いています。

 

長男は、確か最初に聞いた時は、

「空を飛ぶため」

 

次は、

「戦うため」

 

いちばん最近は、

「大きくなるため」

私にはまだ、彼の傾向はよくわかりません。

最初の2つは、当時ハマっていたテレビの内容(戦隊モノ)に影響を受けている気がするし、

「大きくなる」とはどういうことなのか、私にはよくわかりません。

でもまた、ふたりきりで手をつないで歩いているときなどに、

同じ質問をしてみようと思います。

 

子供って不思議で、大人にこんな質問したら絶対ちょっと考えるはずなのに、

答えが何であれ、即答するんですよね。

持っている情報の量が少ないからなのか、経験値が低いからなのか、

リラックスしているときに聞くと、

一瞬で答えが返ってきます。

 

つい4年前に自分が産んだのに、

なんだかもう、当たり前ですが別の人格として、別の人間として

考え、行動し、生きている。

まじまじと彼らを見ると、ふとすごく不思議な気持ちになります。

命って、不思議。

 

次男2歳3ヶ月。

もうイケるか?と思ってこの前聞いてみました。

 

「あなたは、何をするために生まれてきたの?」

「ママ!ママ…ママにぃ~…ママと~…ぁ…えっと…」

「ママに会うため?」

と勝手に翻訳したら、

 

「うん!」

と笑顔で言っていました。

 

何が本当で、何が良いのか、さっぱりわかりませんが、

ふたりともかわいいっす。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND