スポンサードリンク

 

せっかく棚の上をキレイにしたのに、

気づくとこんな物が置かれていて、ムムーッとなります。

リビングに入ってすぐのところにあって、

とーっても物を置きやすい棚。

だからこそきれいに何も置かないと、格好いい場所。

 

私は毎日、そこをグッと我慢して、

手に抱えるいくつもの荷物を、丁寧に見えない棚の中へしまっているというのに、

アイツは怠けおって…ムゴゴゴ…

 

まぁしかし、ひと晩もすれば片付けているので、

彼も頑張っているということで、とりあえず許してやろう。

しかしまた見つけたら、こうして証拠を残すとしよう。

 

 

 

さて、私は既に、会社員を卒業してからのことで頭がいっぱいです。

だからなのか、会社で良い感じに力が抜けてポヨーンとしているからでしょうか。

 

上司である女性から、他の人には言わないような話をされたりします。

 

はて?

さては、気に入られたか?

違うか?

 

上司の彼女は、『マネージャー』という肩書ではありますが、

既に役員です。

そして私たちはヒラ。

 

間のマネージャーもいるにはいるのですが、彼女が信頼できるマネージャー部下が

いないようです。

 

そうすると役員の仕事もある彼女は、仕事が多くて大変なんですね。

なので私でできることはお手伝いするんですが、

この前こんなことを言われました。

 

「あなたもそろそろ、上の肩書を求めていったほうが良い」

 

「あー…なるほどぉ…」

 

と一応答えましたが。

 

 

彼女の息子さんは既に高校生。

つまり、彼女はいまから15年ほど前に出産~保育園通いをしていたわけです。

それってつまり…2003年ころ。

 

いまよりももっと、ワーキングマザーは少なくて、

回りの理解もなかったんだろうと思います。

 

旦那さんも体を壊していたりして、彼女が仕事を頑張るしかない状況だったそうです。

能力もあった彼女はしっかり出世して、その辺の男どもにも負けない年収を稼いでいます。

会議の時など、場の空気を支配するのが上手で、

緩みがちな仕事場に有益な、ピリッとした緊張感を作り出せる人です。

 

強引で大胆で、強くて、上司としての相性はいまいちかもしれないけど、

人としてはとても惹かれます。

リーダーの条件を、努力でひとつずつ身に着けた感じがします。

 

『旦那とベビーシッターに助けてもらって乗り切った』

 

といつか言っていました。

退職の旨を正直に伝えたら、

もう少し腹を割って話してみたいと思いました。

 

15年も前に、いまよりももっと厳しい状況で、

私よりもずっとずーっと頑張った彼女に見えるもの。

 

価値観は違うかもしれないけれど、

ある意味ラクをしようとしている私には、彼女のポリシーとかが

今後の参考になるのでは、と思っています。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND