こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

ふたり目を妊娠中の時でした。

朝起きて、長男と一緒に朝ごはんを食べているときでした。

はっきり覚えているのは、りんごを口に入れて噛んだとき。

 

「アレ?顎が痛い?」Σ(´д`;)

 

もともと噛み合わせが良くないので、「またか」と思いました。

そして数日後には歯が痛くなり、完全に虫歯だと思い、歯医者さんに行きました。

歯医者さんでは妊娠中だと伝えて、その上で虫歯の治療をしてもらおうとしました。

私の行った歯医者さんは、家の近くのごく普通の歯医者さんで、

特に流行っているわけでもない歯医者さんです。

その歯医者さんは、私の歯を見るとすぐに、説明してくれました。

 

まず、虫歯ではないこと。

私にしたら虫歯以外の何者でもない痛みだったので、まずびっくりでした。

すごく疑いました。

だって、冷たい水も沁みるんです。

でも違うと。どこにも虫歯はありません、と。

 

そして歯痛の原因は、

ストレスによって寝ている間に歯を食いしばっていることだと。

 

その時点で、そういえば顎も痛かった、と思い出しました。

でも妊娠も初めてではないし、そこまでストレスを感じている自覚はありませんでした。

 

でも『初めての妊娠でない=(イコール)幼児がいる状態での妊娠』であることが、

相当のストレスなんじゃないか、と歯医者さんは言いました。

 

本当か嘘か、彼の奥さんも実際にふたり目の妊娠中に同じ症状になったと言っていました。

いずれにしても、歯を食いしばったり、歯軋りをしたりしているかどうかは、

顎や歯の骨格を見ればわかるし、私も当てはまったそうです。

 

【歯軋り】はよく耳にする言葉ですが、

実際は例えば8時間寝ている間の数十秒のことかもしれない。

でもその間に、すごい力でギシギシ歯を食いしばれば、

歯や歯茎は打撲のような状態になる。

そうすると、虫歯と同じような自覚症状がある、とのことでした。

photo by Iso Bellies

 

解決策は、毎晩寝るときにはマウスピースをすること。

毎晩口の中に何かを入れて寝る、というのは結構抵抗があったんですが、

言われたとおりにしてみることにしました。

それで症状が治らなければ、止めればいいだけのこと。

費用も3,000円ほどでした。

 

マウスピースは、下の歯の型をとって1週間後に完成。

着けていると、歯を食いしばれない状態です。

 

そしてそれから1年以上経った今、

毎晩欠かさずそのマウスピースをして寝ています。

それが、このマウスピース。

実際そこまで厚い材質ではありませんが

とはいえ異物を口の中に入れているので、慣れるまでは違和感がありました。

でも慣れてしまえば問題なし。

 

それよりも歯痛や顎痛がなくなったので毎晩つけて寝る価値はあります。

子供が生まれていろんなママさんと話す機会がありますが、

原因不明の頭痛、顎痛、歯痛があるという人に、3人は会ったことがあります。

 

子育ては、とても特別なことで、とても愛おしい時間です。

でもそれは、思っているよりもずっとずっと長く、厳しい戦いの時間です。

月に1回数時間ひとりになってショッピングしたり、

ママ友相手に愚痴ったり、

だましだまし毎日を過ごしていますが、

多分私たちは、回りや自分が思っている以上にストレスを感じているんだと思います。

 

心療内科に通ったり、睡眠導入剤を飲んでいたりするママさん、

普通にたくさんいるんです。

誰のサポートもなく、ひとりで子供を育てるって、

24時間体制のものすーっごい重労働で、

そのストレスでママさんたちはもう既にペッチャンコなんですよね。

 

とにかく頭痛や顎痛、歯痛があったら、歯医者さんへ行ってみてください。

でも根本原因の解決策は、私にもわかりません。

 

やっぱり数年は、文字通り歯を食いしばって頑張るしか、ないんでしょうか。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

いつも応援クリックありがとうございます。更新の励みになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND