結婚を長続きさせるための2つの方法

 

ずいぶん昔に、ウチの母に
『結婚を継続している理由=離婚しない理由』を聞いたのを覚えています。

そして彼女はこう答えました。

「だって離婚なんかして、どうやって暮らしていくのよ」

 

母の時代はこういうものなんでしょう。

 

でもなんかこれって、
消極的というか、
消去法というか、
思考停止というか、
考える余地すらないものだったんだなぁ、と思いました。

どこかのウェブの記事で読んだんですが、
今の時代、結婚制度自体に無理が出てきている、と。

 

でもそれでも結婚するなら、結婚してしまったなら、
結婚を長続きさせるためには方法は2つある、と。

方法①

お互いに署名捺印した離婚届を交換しておき、
いつでも離婚できるようにしておく。


つまり、緊張感を保つということ。

馴れ合い、甘えが過ぎるとすぐに離婚されてしまうと意識することで、
お互いの大切さを常に忘れずにいられると。

しかしこれは、どちらかというとネガティブな方法。
家族という特殊な人間関係を継続させるために、
ビジネスのような緊張感を用いるということ。

そしてこの方法の場合、夫も妻も、
いつでも離婚できるだけの経済力があることが必要。

 

方法②

お互いが外に依存先を増やし、
それによって常に変化をしていること。

 

結婚するとどうしても友達付き合いが減ったりして
夫婦間の依存度が高くなりがち。

そもそも人は、人や何かに依存しながら生きていくもの。
妻や夫だけに依存するのではなく、いろんな人に分散して依存することで
風通しの良い家になる。

photo by Bs898

 

複数の人に依存し、人間関係を持つと、

自然と人は変化をしていくもの

常に変化している人は飽きないし魅力的なので、
良い夫婦関係を長期間保つことになる。

 

ウチの旦那に言ったら、

「なるほど~」

と唸っておりました。

 

そして

「パパもさ、同じくらいヨーロッパのサッカーが好きなお友達とか見つけたら
楽しいんじゃない?」

 

と言ったら目を輝かせておりました。

だってサッカーに一切興味のない私に
昨晩(時差の関係で日本の深夜)の試合がいかに素晴らしかったかとか、
香川選手の移籍についてとか話されても、

「ふーん」

以外の言葉が見つかりませんから。

お宅もどうですか?
依存先、増やしてみませんか?

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND