スポンサードリンク

 

会社の同僚で、中学1年生の子がいる人と話した際のことです。

中学1年生なので、もう学童とかそういうことではなく、
塾だったり、習い事だったり、ひとりで留守番していたり、
ということなんですが、

たま~にママが用があって午後半休を取って早く家に帰ると、

 

「あれ?ママ今日いるの?!」

 

と良い笑顔で言うそうです。

 

その笑顔は彼女にとって、嬉しいのと同時に、

「いつもいなくてゴメンネ。。」
という気持ちにさせるもの、だそうです。

photo by Dimitris Anastasopoulos

 

中学1年生って、まだまだ少し【子供感】が残っているんですね。

「うるせー。うぜー。」までには、まだ少し猶予があるんですね。

そりゃそうか、中学1年生ということは、この前まで小学生、ですもんね。

 

私を含めて、働く母はいつでも心のどこかで、
働いていることで【引け目】を感じています。

「いつも家にいてあげられなくてゴメンネ」 と。

 

私も感じます。
特に、子供が熱を出したときとか、保育園に行くのを嫌がるときとか。

私が自分の母親のように専業主婦だったら、
いつでも子供たちのために体を空けてあげられるのに、なんて。

実際(専業主婦を)やれと言われたら嫌なのに、
どうしてそこに【引け目】を感じるのか。

 

それはやっぱり、

【専業主婦】に育てられた人がまだ大多数だから、なんでしょうか。

『母親は子供と一緒にいるべき』
という考えが、根深いからなんでしょうか。

 

それとも、

母親の存在を喜ぶ子供の笑顔に、
単純に反応しているだけなのか。

子供が喜ぶと、素直に嬉しいですから、
子供の喜ぶことをしてあげたくなります。

云々・・・モヤモヤモヤモヤ・・・

いずれにしても、少なくとも中学生にもなったら、
毎日母親がいる必要もないかな、とは思います。

同僚の子は、たま~にいるから喜ぶわけで、
毎日家にいたって嬉しいとは思わないんじゃないかしら。


働くことも、
子供を産み育てることも、

本来とても自然で、シンプルなことなはずなのに、

このふたつが組み合わさって同時進行になると、
途端に葛藤や不具合が生じるのは、

なぜなんだろうか・・・

 

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. マキロ より:

    随分と前から読ませていただいてきたのですが
    初めてコメントします。
    私は自分自身がバリバリのワーママに育てられたこと、それから仕事をすることがそこまで好きではないので
    「この子のために(仕事が嫌でも)稼がなきゃ!」という気持ちがあるのか引け目をほとんど感じていません(>_<) やはり自分自身が育てて貰った環境がベースにあるんでしょうか。 ブログ、いつも勉強になっていて、こちらのブログを見て買った本もいくつか。 子育てだけでなく仕事に関する記事もとても興味深く読ませていただいています。これからも楽しみにしています。

  2. みゆき より:

    マキロさん、ありがとうございます!
    そっか。自分が仕事が好きだから、だからこそ引け目を感じるのかもしれませんね。
    おっしゃるとおり、私は専業主婦の母親に育てられたことも影響大です。
    引け目を感じる必要なんかないってことは十分わかっていても、自分の育った環境がベースなので、抑えられない感覚です。
    マキロさんのブログも拝見しています。
    お互いボチボチがんばりましょう。

  3. よっちゃん より:

    私も働く母に育てられていたので、小学校3~4年生では電車に乗り習い事に言ったり、家の周りで自転車で走り回っていたりと、放課後生活充実して遊びまわった記憶がたっぷりです。
    なんとなく、その記憶があるからか子供は子供の世界で学ぶことも多くきっと楽しんでる!って思って、
    モヤモヤすることは多々あっても、基本は楽しく笑えてれば大丈夫!とかなり楽観的に考えております。

  4. みゆき より:

    よっちゃんもそうだったのね。
    やっぱり自分が育った環境の問題なのね。
    それで言うと旦那も、共働き家庭で育ったので「別に」という感じ。
    なら気にすることはない、んだけどもやっぱり、自分が育った環境しかしらないから、
    どうしてもどこかで引け目が出てきてしまうのよね~

  5. ぴよこ より:

    はじめまして。
    少し前から読ませて頂いています。
    とても共感することが多いなぁと思いながら読ませて頂いています。
    私はバリバリ働く母に育てられたのですが、それでも負い目は感じていました。
    そんなに早く復職して、子供が可哀想って何度も言われました(苦笑)
    でも、一人娘ももう高3になり、働くことがどういうことなのか、よく理解しています。頑張っている母を子供はちゃんと見てくれています。
    子育て中はもんもんと思うことが沢山ありますが、きっと大丈夫です。
    これからもブログ楽しみにしています。
    ・・・実は、ブログにコメントするの初めてなんです(笑)

  6. みゆき より:

    ぴよこさん、ありがとうございます!
    記念すべきブログ初コメントとは、恐縮です!^^
    きっと後から聞けば、頑張って働く母親のこと、理解してはくれると思うんです。
    でもやっぱりいざ目の前にするとね・・・
    とはいえ負い目や引け目を感じても、働き続けるつもりなので、
    図太くなるしかないですね。
    これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

RECOMMEND