スポンサードリンク

 

いま、最大の懸念です。

私の両親はふたりとも健在なのですが、
最近父親の衰えが激しいです。

 

先日、
ベビーカーに乗っている次男
私の母&父

の4人で歩いて出かけました。

 

いくつかの場所に立ち寄りながら、
ゆっくり歩いたり、立ち止まったりしながら、
20分ほど歩いたところで、

父の足が止まりました。

 

疲れてこれ以上歩けない、と。

 

出かける前、母は父に確かめたんです。

少し歩くから、家で待っているほうがいいのでは、と。

それでも父は、『大丈夫』と言い、その上で出かけたんです。

そして、疲れてもう歩けない、となりました。

 

【老いる】って、そういうことなんでしょうね。

でもそのとき私は、父に対して若干キレました。

 

「子供じゃないんだから、わかるでしょ?!
お父さんが大丈夫だって言うから一緒に来たんじゃん!
私はね、子供の世話で精いっぱいなの。
大人の世話してるヒマないの!
もう今後は歩いて出かけるときは一緒に連れて出ないからね!」

 

キレている私の言葉を聞いている父の顔には、
何の表情も浮かんでいませんでした。

 

まさに、【無】表情でした。

 

ホント、【恍惚の人】かと思いました。

 

年とったな~・・・としみじみ思いました。

photo by Rudolf Vlト稿k

 

私は父親に対してあまり、親近感が持てません。

 

子育ては母に任せっぱなしで、
遊んでもらった記憶が少ないです。

 

そして、日々老いていくことを自覚して、
足腰が弱らないように体を動かす努力をしている母と比べると、

毎日家でテレビを見て、昼寝をして、
趣味の畑仕事以外外出もせず、
足腰がどんどん衰えている父を見ると、

 

正直、
助けたい、という気持ちが起きません。

 

父の体が不自由なのは、数年前に脳梗塞で倒れて、
右半身が少し麻痺しているせいもあるので、
すべてが自業自得と言うのは酷である、ということはわかっています。

それでも、どうしても、

父に介護が必要になっても、
私の手を動かそうという気は、起きません。

 

そんなこんなで、いまの私の最大の懸念。


お母さんが、お父さんより先に死んだら
どうしよう・・・
考えるだけで、ゾッとします。

~からの、

我が旦那を、父のようにはしたくない。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

 

RECOMMEND