ベビーはいないけどベビーモニターを買いました。欧米式寝かしつけのことも

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

息子ふたりを育てながら、フリーランスで働いています。

 

8割がた自宅で作業をしています。

残りは外で人に会ったり。

あまりカフェで仕事をできる人ではありません。なんとなく。

 

脱サラして当初は、リビングで仕事をしていました。

でもダイニングテーブルのイスでは腰が痛くなったこと、

家のことに気を取られてしまって仕事に集中できないこと、

そして1日中ネコに仕事の邪魔をされるので、

別室に小さなオフィスを作りました。

 

いまも仕事をしているその部屋は北向きで寒く、暗く、

仕事部屋以外では衣裳部屋というか物置きとして使っています。

 

そしてこの部屋は、毛むくじゃらのネコは立ち入り禁止。

つまりドアを締め切ります。

やってみて初めて知った。

 

インターフォンの音が聞こえない!

かと言って、エアコンを入れる時もあるのでやっぱりドアは閉めておきたい。

 

集荷に来てくれる人のインターフォンが聞こえない。

 

音楽を聴きながら仕事をしたい時だってある。

 

むむむむ・・・

あっ!あれか!

ベビーモニター

我が家はマンションなので、

ベビーの時はモニターは必要ありませんでした。

キッチンの奥にある寝室で赤子が寝ていても、すぐに聞こえる距離。

 

しかしここへきてベビーモニターを買い、

リビングのインターフォンが鳴ると、

仕事部屋で「ピンポン!」と結構な大音量で、光と一緒に、知らせてくれます。

ググッたらベビーモニターを同じように使っている人もいて、

なるほどね~、と。

 

買ったのはこれです。

2千円かそこらで買えるんですね。

 

created by Rinker
リーベックス
¥3,024 (2020/02/28 11:27:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

凄く快適です。

もっと早く買えばよかった。

 

戸建てだと赤ちゃんを育てる時、

寝室が2階でキッチンが1階で、とかだと、

やっぱりこういうベビーモニターを使うんですかね。

 

あとは結構、欧米は赤ちゃんの時から寝室別だし、

家も広いし、日本よりも使う率が高そうです。知らんけども。

 

知り合いのアメリカ人に、聞いてみたことがあります。

 

「小さい時、夜目覚まして、怖かった思い出とか、ないの?」

 

赤ちゃんからひとりで寝るんですからね、

怖くないのかな~、って思ったんです。

 

「そりゃ怖いよ。ちょっと呼んだって泣いたって来てくれないし。

そのうち諦めてひとりで寝るけど。」

 

と言っていました。

 

「なんで赤ちゃんの時から別室にするの?」

 

と聞いたら、

 

「夫婦の夜の生活を守るためだよ。」

 

へ?

自立を促すため、とかそんなんじゃなかったっけ?

 

「よくわからないけど、

夫婦とかカップルとかを重んじる文化だからじゃない?」

 

え?そうなの?

 

アメリカ人がそう言うということは、

つまり共通の確固たる理由があるわけではない、ということ?

 

ま、日本の添い寝文化だって、

結局理由は『家が狭いから』な気がしますしね。

寝てる時親がそばにいたら『安心』なんだとは思いますが、

そばにいたって赤子は夜泣きしますしね。

 

よくわかりませんが、

とにかく一緒に寝ようが寝まいが、

子供はちゃんと育つということはわかりました。

 

そしてもうひとつ、

日本が狭いということも。

 

日本で子供部屋を作るって結構大変ですよね。

いや、できるんでしょうけど、

作るなら、

 

すごく物を減らしたり、

引っ越したりしないといけないです。

 

でも、

我が家の回りで子供部屋が作れるようなマンションを探しても、

そもそもほとんどないんですよ。

 

60㎡1LDKという感じが多くて、

あっても70㎡とか?

子持ち世帯が世の中に少ないのは知ってるけど、

それにしても少なすぎやしませんか?

もしくはみんな、すごく物を減らして頑張ってるってことなんでしょうか。

 

でもこの寒い季節、

ポカポカの子供たちの間に体をねじ込ませて寝るとき、

いつもニヤニヤしてしまいます。

 

あったかいな~、って。

 

もう6歳と3歳にもなると、

ちょっとやそっと押しのけたところで起きやしないので、

グイグイと自分の場所を空けてベッドに入る、

という感じです。

 

一緒に寝落ちするにしても、あったかいですよね~。

WEB内覧会*寝室

WEB内覧会*子供部屋

子育てしやすい家・赤ちゃんと暮らす部屋

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND