お金から自由になる方法

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

息子ふたりを育てながら、共働きのお金、子育て、仕事などについて書いています。

 

2020年も「カネカネ」言ってまいりますよ。

しかしうぬ~・・・世界情勢はなんだか雲行きが怪しいですね。

『第3次世界大戦』なんて不吉極まりないワードがトレンドに入っています。

 

2017年にドナルド・トランプ氏がアメリカの第45代大統領に決まった時、

アメリカに住んでいた姉はベッドに突っ伏し、

1日立ち上がれなかったと言っていました。

 

まさかここまでするとは。

 

イランがイラクにある米軍基地にミサイルを発射、

なんてニュースくらいのタイミングで、

為替も大きく動きました。

ああ、なんか、世界中の人の肌感覚なのね・・・と実感。

(その後の『報復しない』というトランプさんの発言で、

また為替も戻る…)

 

人類にとって、地球にとってものすごく大きな出来事も、

半径1m以内のことも全部、

現代では『お金』と密接に、複雑に絡み合っているのだということも、

実感。

知り合いに、

50歳を前に、

人生において必要なだけのお金を稼ぎ終えた人がいます。

お金はまだまだ、継続して入ってきます。

子供ももう育って独立間近。

健康にも恵まれています。

 

家、車、ブランド品、エステ…

大小の物という物は味わい尽くし、

もはや物欲はなさそうです。

 

彼女は幸せそうなのでいいのですが、

本当にそういう人を目の前にすると、

実感します。

 

お金から自由になるためには、お金が必要だということ。

充分なお金を持って初めて、

お金から自由になれます。

 

しがらみや建前、

足かせや障害を取っ払って、

どう生きたいのか、

何をしたいのかを考え、自由に実行することができます。

 

とはいえ年収1億円、なんて大変そうです。

だから知恵と工夫で、なんとかこの不公平な世の中で、

余裕を持って幸せに生きて行こうと画策しています。

 

生きていくためには食べないといけなくて、

お米を買うために大根と交換するのは面倒で大変なので、

お金というツールはやっぱりとても便利です。

そして便利だからこその、貨幣社会。

 

お金がなければ存在しないものが五万とあり、

まだなお増え続けます。

 

自分の価値観や、本当に好きなことすら見えなくなってしまうほどの、

複雑な貨幣社会です。

 

私の意識、無意識、文化、習慣、価値観の中にも、

貨幣や資本主義が根深く巣くっています。

 

それを自覚するからこそ、

それを利用して、私自身がよく使うテンプレートがあります。

 

『10億円あったら、どうする?』

 

10億円あってもこれをやるのか。

10億円あったらどこに住むか。

10億円あったら何をするのか。

10億円あってもこの仕事をするのか。

10億円あったら・・・

 

Twitterでなんとなく、こんな質問を投げてみました。

 


人によっていろんな答えがあり、

視点があり、事情があり。

面白い質問だな、と思って。

 

私自身は今は、10億円あったら、

夫とどう生きるか、

ワクワクします。

 

海外含めて何ケ所かに家を持って、

仕事したり、のんびりしたり。

夫は仕事を辞めるのかな、どうだろう。

拠点を複数持つこと以外は、

多分いまとさほど変わらない生活な気がします。

 

現実には10億円は無いのですが、

10億円あってもやるようなことを仕事にしたり、

 

10億円あったらやりたいこと、

だけにお金を使い、

それ以外にお金を使うことをやめる。

 

お金が貯まる『工夫』は、

意外とシンプルだったりします。

 

『貯金の妖怪』である夫も40代中盤が見えてきて、

使う物や持つ物をそれまでの物とは入れ替えているようです。

30代は割と、世間的にも『良い(高い)』ものを少なく持ち、

大切に使う、という感じでしたが、

そういうものを売り、もっと安くて、でもコストパフォーマンスの良いものを、

頻繁に買い替えながら使う、

という感じなんでしょうか。

 

とはいえとにかく本当に、

私も夫も、お金を使わなくなりました。

質素ですよ~・・・

 

でも子供たちとの旅行はできるだけ頻繁に行くし、

便利な立地の快適な家は譲れないし、

使うところには使います。

 

お金というツールを冷静に使い、

できるだけ自由に生きたいです。

 

でもやっぱりとにもかくにも、

戦争は、嫌だなぁ。

 

「生きる力」や「生き切る力」とは何だろう

初心者のための、マネー入門!

賢く 楽しく 欲張りな マネーライフ

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND