ジェンダーバイアス

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

いやいや、大晦日ですね。

子供三昧の連休です。

ブログに貼り付けているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、今年からTwitterを始めました。

当初から、前職の仲の良い同僚に

「いまはTwitterであるぞ」

と言われていまして、やりたいな、とは思っていたんです。

 

Twitterも結局はGoogle検索と同じアルゴリズムなので、日々のこちらのアクション(フォローやいいね)に応じて常に最適化されたTimelineになります。

そうすると、ほかでは出会えない、それでいて興味関心の範囲内の情報や表現に出会うことができます。

目を伏せたくなるような発言も同時にありますが、まぁそれはそれでスルーすればよいかなと。

 

その中でたまに、「おお、これは」と思うTweetがあります。

そういうのはリツイートしたりするわけですが、リツイートでは足りなかった、

『2018年出会えてよかったツイートオブザイヤー』をご紹介したいと思います。

ご本人にも承諾を得て引用させていただきます。

 

 

 

 

 

 

母になる前の私はおそらく、『男性並み』に働くことで、いわゆる『名誉男性』になれていたのだと思います。

しかし母になり、ワーママになり、世界はガラリと変わりました。

こちらは変わっていないはずなのに、世界が勝手に様相を変えたようで困惑しました。

 

なぜにこうも、社会も夫も、自分すらも、私に我慢や変化を強要し、それを甘んじて受け入れることを当然としているのか。

文句を言わずに耐え忍ぶ弱い存在でありながらも、誰よりも強く最後までそこに立ち続けることを期待されているような、訳の分からない感覚でした。

 

「普通それ、人に対してやる?」

 

と思うようなことを、たくさんされました。言われました。

 

でもそれはやっぱり、『人』や『同じ人間』だとは思っていなかったからなんだ、とやっと認めてくれた、そんな気にさせられた、してもらったつぶやきでした。

あ、でも今は別に、誰のことも責めてはいません。

責めているのは、社会が刷り込んできた『意識』です。


 

『自分がされて嫌なことは人にもしてはいけない』

 

そうみんなが教わっているはずなのに、なぜかそんなことをされると思ったのは、同じ『人』だと思われていなかったからでした。

 

私が嫌がることをしないのは大抵の場合、女性でした。

でもそれは女性ということではなく、私を同じ人間だと『意識』でも思ってくれていた人たちだったんです。

 

万能感を期待しながら見下し、尊敬・崇拝しながら性的に消費するには、同じ人間だと思っていると整合性が取れなかったのだと思う。僕の中で女性は人間であって人間ではなかった。

 

 

私はいつも、言葉を使って、心の中の『思い』にどれだけ近づけるのか、に挑戦しているつもりです。

そんな私からしたら嫉妬を感じるような近さで、繊細さで、ここまで正直に、誠実に説明してくれている文章、しかも男性の書いた文章には、初めて出会いました。

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、彼のツイートを見て、その「いいね」の数を見て、

生きる希望が湧きました。

私はすべての人と同じく人間であり、

万能であることも、見下されることも、崇拝されることも、消費されることも拒否します。

嫌なことをされたら嫌だし、されたら許せないことがたくさんあります。

 

そんな仮想現実を息子たちにも刷り込むなんてまっぴらごめんです。

女性だけではありません。

私たちが、特定の人に持っている『意識』にも、間違っているものや、知らずに相手を傷つけるようなものがあると思います。

そんな『人』の存在に敏感でいたい、そうも思いました。

 

 

早く人間になりたーい!や・み・に・かーくれて・・・(←知ってる人は同世代!)

 

2018年も1年ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

 

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND