アメリカで見た日本人男子の現実、と希望

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

数年前、『自分がアメリカにいたのが何年前か?』と考えて、

「に、にじゅうねんまえ・・・?」

と気づいて愕然としました(笑)

 

若いときの20年てすごく『歴史的な長い期間』という認識でしたが、

40超えますとね、

 

「20年てついこの前だよね?」

 

という感じです。

 

約20年前の18歳~21歳の時、アメリカに留学をしていました。

最終的にいちばん長い期間を過ごしたのは、南部のテネシー州の『田舎町』でした。

ご存知の方もいるかと思いますが、

何部のほうが北部よりも、人種差別などの残り方が濃いです。

 

さすがに20年前なので、いまでは少し様変わりしていると思いますが、

大学内のカフェテリアでも、

白人/黒人と、席がきっぱりわかれていました。

分けられているわけではなくどこに座ってもいいのですが、

自然とわかれていました。

 

そんな中に、数少ない黄色人種が混ざっていました。

 

アメリカの人種問題については、私は知識もないので語るつもりはありませんが、

そんな環境にいる日本人男子のことは、

とくと観察しました。

 

よくある話ですが、

『白人/黒人男性+アジア人女性』

のカップルはそこかしこで見ます。

 

しかし逆は、なかなか私も見たことがありません。

 

だってやっぱりなんせ、

体が小さいですからね、圧倒的に。

なんならアメリカ人女性のほうが大きい人がいたりしますから。

 

「Japanese guys are like... sticks.」

(日本人の男の子って…棒みたい。)

 

と言っているのも聞いたことがあります。

 

そんな環境にいる20歳前後の日本人男子も様々でした。

日本人やアジア人の中だけで態度や声の大きい人。

日本人以外と積極的に付き合わない人。

自然体で友達付き合いしたいけど、そもそもシャイな日本人なので

結局別の州にいる日本人の友達をばかり遊んでいる人。

 

そんな中、いまでもよく思い出す男の子がいます。

 

ファーストネームしか知らないので、連絡も取れないのですが、

トモキくんという人で、

みんなから『トムくん』と呼ばれていました。

 

まさしく『Scticks』のようで、日本にいても

「痩せてるよね」

と言われそうな細い人でした。

 

黒縁眼鏡をかけていて、関西弁でした。

英語は特にうまいわけでもなく、普通でした。

 

でも彼、アメリカ人の友人がた~くさんいました。

 

何故かと言うと、

 

ピアノがね、恐ろしく上手だったんです。

今考えても天才レベルだと思うのですが、

ちゃんと習ったことはないのに、

なんでも曲を聴くとそのまま弾けちゃう人でした。

(短音じゃなく、全部和音でね!)

 

地元にあるレストランとかでいつもバンドでピアノを弾いていて、

いわゆる楽譜とかがない『セッション?』とかをしていました。

 

ピアノの前に座って、足を踏み鳴らしながら夢中で弾く姿を、

すごく羨ましいと思いました。

 

『ピアノという強み』もしくは、

『ピアノというアイデンティティ』を持つからなのか、

トムくんはいつも、誰といても、自然で、ニコニコしていて、

でも堂々としていて、

『自分でいることが快適』に見えました。

 

恋愛感情とかそういうことではなく、

 

『人として凄く好きだったな~』

 

とたまに思い出す人です。

 

多分いま考えても、

トムくんにとっての最大にして最強の武器は、

『ピアノ』でした。

 

コミュニケーションツールとしても、

楽しみとしても、

まるで体の一部のようにピアノを操っていて、

そうなるともう、

なに人だろうが彼のことが好きになって。

 

だから息子らにも、なんでもいいので好きなもの、得意なもの、

ひとつでいいから見つけてあげたいな、と強く思っています。

何でもいいんです。

虫博士でもいいし、

石博士でもいいし、

運動でもいいし、

音楽でも、料理でも、なんでもいい。

 

好きなものや得意なものが身を助けることって、

きっとあると思うのです。

 

だから彼らの『好き』を見逃さないように、日々観察を続けます。

 

にほんブログ村テーマ 留学へ
留学

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

コメント一覧
  1. ほくふく より:

    みゆきさんは、子供たちが好きなもの、得意なものが見つからなかったら?と考えたことありますか⁉️
    私も、子供たちには、何でも良いので、1個!自分に自信が持てるものを持って欲しいと思っています。
    ただ、当の本人の私が、実は、そういうものがなくて…かなりコンプレックスです。
    自分で言うのもなんですが、器用貧乏なんです。
    何でも、人並みよりちょっと出来るのですが、それまでです。
    性格が飽きっぽいせいもあるかと思うのですが。

    好きなもの、得意なものが見つからないとき、どうやって、子供たちに寄り添ったらいいのかなぁと、たまに考えてしまいます。

    • みゆき より:

      ほくふくさん、言われてみると、そういう風に考えたことはないかもしれませんね。
      でもほくふくさんも、ご自分でそう思っているだけで、普通に好きなもの、あると思いますよ。
      好きなものがひとつとは限りませんし、ほどほどに好きなものがたくさんあるのでも良いと思いますし。
      うちの母も言っていました。
      「お母さんはなにもない。」って。
      でも私が高校くらいだったか、いよいよ子供に手がかからなくなってきて、
      中国語を習い始め、中国へ行くようになったりして、
      「あるじゃん!」て話した覚えがあります。
      ほくふくさんもきっと、優しいんでしょうね。つい自分より人を優先して、『自分』を追う時間をあまりとっていないだけかもしれません。
      大人になってから見つかってもいいでしょうし、器用貧乏でさえも特質だし、物は言いようと言いますか。
      好き=得意というわけでもありませんし。
      飽きっぽいなら、好きなことが常に変わり続けるだけかもしれませんし、なんでもありではないでしょうか。
      楽観的過ぎますかね(笑)

コメントを残す

世の中のことの関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND