したいことをするための手間と気疲れがね・・・

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

先週土曜日の夜、恵比寿にて飲み会をしました。

 

18時に開始し、おひらきは22時半ころ。

4時間半にわたり、しゃべり、食い、しゃべり、飲み、しゃべりました。

 

みんな、子供たちを夫などに託し、

いろんな『調整』を経て、

土曜日の夜の外出を実現させているわけです。

話、飛ぶようなのですが、

私、たまにジョギングをするのです。

独身時代にダイエット目的で始めて以来、

いまはダイエットはうまく行っていないのですが、

『瞑想』的意味も含めて、走れるときには走るようにしています。

 

ジョギングが趣味の人にはわかると思うのですが、

気持ちいいんですよ、ホント。

頭が空っぽになって、体は当然疲れるんですが、

脳内麻薬が出て、ハイになれるし、

とにかく気持ちいいんです。

 

最近走っていて、すれ違う女性がいます。

おそらく海外の方。

ランニング用ベビーカーに赤ちゃんがいて、

リードにつながれた小さな犬も一緒に走っています。

 

この姿、海外では普通だと思います。

でも日本では、なかなか見かけません。

 

好きなこと、したいことは、何とか工夫して、とにかくやる。

 

そんな『価値観』だな、って思います。

 

一方、私も含めた日本人の価値観としては、

 

頑張ってないと、なんか気が引ける。

 

この『頑張る』ってどういうことかと言うと、

 

『自分を犠牲にする』という精神なんじゃないかな、とも思うんです。

 

これが私の『生き苦しさ』を誘発する時が、多々あるんじゃなかろうか、って

思うのです。

 

いや、『自己犠牲の精神』をゼロにする必要もないし、できないのですが、

少し減らす努力を、あえてするくらいが、

ちょうどいいのかな、と思いました。

でも、いまの私たちが例えば飲みに出かけたい、

ジョギングがしたい、と思うと、

結構な手間がかかるんです。

 

夫に頼んだり、自分の母親に頼んだり、

自分のために、誰かの都合を、融通してもらわないと、

自分のしたいことができない、という状況です。

 

その手間、面倒、気疲れが嫌で、

したいことをせずに済ませたり、

もはや『そんなにしたいことがない』と思いこんだり。

 

いまのまま、いまの毎日が快適で幸福感に包まれているならそのままが良いのですが、

もしそうでない場合、

 

もし何かが、少し『苦しい』『大変』『キツイ』と感じる場合、

 

したいことをするための手間を惜しまずに、

少しの無理を押してでも、したいことをすることは、

やっぱり精神衛生上、とてもいいことなんじゃないかな、と改めて思いました。

 

本当にしたいことは飲みに出かけることだけど、

家飲みならできるから、と

家飲みで満足しているつもりでした、私も。

 

でも実際、手間をかけて飲みに出かけてみると、

やっぱりこれはこれで、

定期的に必要だな、と、

 

心が深呼吸したように感じました。

 

『飲みに出かける』ということに関しては、

妊娠&授乳中はなかなか難しいだろうし、

私自身も、

長男が5歳になるまでできなかったんです。

 

なんか、

『飲みに出るほうが面倒』

と思い込んでいた、というか。

 

でも実際出てみると、子供は別に普通に寝てるし、

 

『なーんだ、もっと早く出かければよかった。』

 

って思ったんです。

きっと『ぽにさん』というきっかけがなかったら、

もっとその時期は遅れていたとも思いますし。

 

その基準はひとそれぞれであって、それを決めるタイミングも人それぞれなんですが、

 

できる範囲で、

したいことをしたほうが、

やっぱりご機嫌に毎日を送ることができますよね、

という話です。

 

ちなみにですが、

『自己犠牲=愛情の証』

という価値観は、

 

もともとキリスト教の影響で、

戦後の情報が少なかった時代に、

あるひとりのオジチャンが書いた本から広がった思想、

だと言われています。

 

刷り込みや価値観の元をたどると、

案外どうってことないものだったりして、

 

なーんだ・・・

 

って思うことが多いです。

 

いやいやとにかく、土曜日の夜が楽しかったんです。

まだまだ余韻を肴に飲めるくらい。(←飲んでばっかだな)

にほんブログ村テーマ 子育てライフハックへ
子育てライフハック

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND