「なんにも知らないね?何して遊んでたの?」と言われました。

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

5歳と3歳の息子ふたりを育てながら、共働きのお金、子育て、仕事などについて書いています。

 

小さいころの経験も、偏りがあるんだよな、と思いました。

誰が良いも悪いもなく、みんな違う経験をしているのだな、という意味です。

 

『きれいな海』で遊びたくて、伊豆の下田へ行ってきました。

片道車で約4時間。

遠かったけど、私の『ベストワン of これまでの海体験』になりました。

 

家に帰ってから数日経っても、

 

「また行きたいな~。」

 

とため息交じりに呟いています。

高速約2時間、下道約2時間を経て、やっと到着。

下田温泉 下田プリンスホテルに泊まりました。


ホテルのロビー近くに更衣室があり、

更衣室から直接海へ降りる階段に出られます。

午後に到着して、海は冷たかったものの、子供たちは水着に着替えて遊び、

2、3時間して部屋へ上がりました。

↑の写真は1日目。

海はきれいですが、この海がいちばん『良い』のは午前中~お昼前後。

次の日を楽しみに、ひとまずお部屋、そして夕食。

下田プリンスホテル

↑子供たちは結局間が持たずにタブレット・・・

 

興奮した子供たちに6時前に叩き起こされ、

朝ごはんののち、8時半にまた海へ。

天気も良く、潮がかなり引いて、うっとりするほどの絶景でした。

 

でも、知らなかったこの楽しさ。磯遊び。

なにこれ、磯遊びって。知ってました?

私、41歳で初めての磯遊びでした。

 

浅瀬にいわゆる、潮だまりというやつですか?

取り残された小魚、カニ、ヤドカリなどがそこかしこにいて、

小さな網とバケツを持って、大人も子供も夢中で遊びました。

 

カメラを壊してしまうのが怖くて、あまり写真は撮れませんでしたが、

いつもは海の底にある岩場、

大きな岩の中に空いた深い穴に溜まる冷たい水、

岩の間を縫って泳ぐ大きな魚、

そこかしこに歩いている、きれいな貝を背負って歩くヤドカリ。

カッコイイ景色の中で、日常のことはすっかり忘れてしまいました。

 

磯遊び、ナニコレ、超楽しいんですけど。

1時間おきくらいにテントに戻って休憩しながら、

魚とカニをバケツにたくさん捕って観察しました。

たまたま次男が水に入れたフナムシを、

ほかのヤドカリや魚が食べ始め、

 

「ウギャーッ!」とまたみんなで観察。

 

「ヤバイ。スゲー楽しいんだけど。」

 

と言ったら、

 

「ね?磯遊び、楽しいでしょ?子供の時やらなかった?」

 

と夫に言われ、

 

「え?みんなやるの?やったことない。」

 

「何して遊んでたの?海と言えば磯遊びだよ。」

 

うーん・・・

家族で何度か海水浴へ行った記憶はあるけど、

磯遊びをした記憶はありません。

 

「なんも知らないね?」は私と夫の間でご機嫌の時によく使われる慣用句です。

「あー、知らねーなー。」と返す決まりです。)

私、何して遊んでたんだろ。

 

夫が教えてくれたザリガニ釣りも、磯遊びも、私は大人になって初体験でした。

夫がザリガニやカニと遊んでいたころ、私はきっと、

本を読んだり?一輪車で遊んだり?していたのか。

 

「ヤバイ、どうしよう。帰りたくない。」

 

水は透明で、1m先の底まで見通せました。

ところどころ、落石が危ないとライフセーバーの方に教えていただいたりしながら、

8月末の伊豆の海を満喫しました。

 

お盆を過ぎたらクラゲ?

と思っていましたが、伊豆の海では8月末でもクラゲは出ない、

という記載を見て行ってみましたが、

本当にいませんでした。

 

下田プリンスホテルの白い砂浜は小さいですが、

宿泊客だけだからなのか空いていて、

限りなく快適で、

暑すぎず、寒すぎず、

 

とにかくまた行きたいです。

次男も3歳半になり、目を離しさえしなければ勝手に遊ぶようになり、

外遊びが楽しくなってきました。

 

「ママの満足度は、何かひとつの質がすべてを凌駕するんだね。」

 

と夫が言いました。

 

4時間の道のりは遠かったし、

夜飲みはできなかったし、

特に美味しいものを食べたわけでもなかったけど、

 

海の水、砂浜がきれいだったこと。

磯遊びが楽しかったこと。

それだけでもう、今回の旅は120点でした。

 

もうチョーサイコー!シアワセーッ!ってなりました。

長男のお友達へのお土産に、きれいな石や貝殻を拾い集めて、

お魚やカニたちを「バイバーイ」と逃がし、

さて、帰りは私が運転。と岐路に着いたら、

子供たちはあっという間に寝てしまいました。

 

家に着いても、私が何度も何度も

 

「また行きたいな。」

 

と言うので、夫が同じような水質(AA)の海を検索してくれて、

 

「また行こうね。」と。

 

次は館山か、西伊豆で磯遊びしに行こうと思っています。

 

いやでもさ、

あの、あれ、

 

伊豆半島、

 

デカすぎ。

 

海水浴 アウトドアブログ・テーマ
海水浴

伊豆の海 マリンスポーツブログ・テーマ
伊豆の海

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND