長男(5)にも試してみた!でもなんか『やった感』がないなー

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

最初にお知らせを。

本日8:30ころから10分ほど、東京FMの『ONE MORNING』というラジオ番組に出演させていただく予定です。

もしお時間ありましたら、ぜひ~

夫とも話していたんです、この『子供との接し方』について。

 

「子供はごもっともな理由なんて求めてないらしいよ~」

と。

 

そして昨日の話。

 

平日の夜、長男(5)は次男(3)とテレビで妖怪ウォッチの映画を見始めました。

(@Amazon Prime)

映画だからね、長いですよね。

 

そして時計を見ると20:30。

そろそろテレビはおしまいの時間。

歯を磨いて寝る時間です。

 

「長男クン、もうテレビおしまいの時間だから、

もうちょっと見たら止めるよ?」

 

「えー!ペダル(弱虫ペダル)見たいー!」

 

「でももうこんな時間だもん。」

 

ここですかさず横から、パパ登場。

 

パパ「見たいね。残念だね。見たいね。」

 

長男「見たい!見たい見たい見たい!」

 

パパ「見たいよね、パパも見たい。見たいね~。」

 

長男「見たい!・・・うー・・・」

 

ここでこらえきれずリモコンを操作してしまう。

 

パパ「見たいね。でも消そう。ホラ、ママにリモコン渡して。」

 

長男「・・・」(素直に渡す)

 

パパ「見たいね。」

 

長男「・・・絵本読む。いっぱい読む!」

 

「よし、読もう。読んで寝よう。」

 

大人は基本的には、「見たいね」しか言っていないんです。

でも、『本を読む』と代替案を出してきたのは子供本人です。

 

『ひたすら共感戦法』は、多分効きます。

本にも書いてありましたが、

共感だけしていると、

子供が勝手に解決策を出してきたり、

 

それだけで気が済んだり。

 

ただしかし、

大人のほうに、なんとも感触がないというか、

実感が伴わないというか、

 

『解決した感』がないんです。

 

だからおそらく、なかなか習得しにくいのかと。

でもきっと繰り返しやってみるうちに、

共感のしかたももっと上達するかしら。

 

 

本にも書いてあるんですが、

なぜだろうか、大人ってどうしても、

子供が駄々をこねたり、思い通りにならないとき、

 

『罰』を与えたくなる衝動に駆られます。

その衝動を、とにかく抑える必要があると、いうことです。

 

例えば次男(3)はとにかく、

 

『なんか楽しそう』の衝動が大きく抑えられない子なのですが、

 

テレビにボールを投げてみたり?

したんです。

 

『怒られるかな?』<『やってみたい!』

 

なんでしょう。

 

そんで、投げて、叱りますね。

テレビにボールを投げてはいけない、と教えます。

 

それでももう1回やったりする子なんです。

それでまた、テレビにボールを投げてはいけない、と根気よく教えます。

 

これくらいになると、

 

「もうテレビなし!」

 

と『罰』を与えたくなるものです。

この『罰』にはおそらく、

意味がないのでは、ということです。

 

教えたいことは、

テレビにボールを投げてはいけない、

もしくは物は大切にする、

ということです。

 

しかし『罰』を与えることで、例えば、

 

『テレビ見せてくれないママ嫌い!』

『なんか嫌なことされた!』

 

という印象のほうが勝ってしまっては、

『罰』に意味はなくなります。

 

『罰』を与える側にしたら、

『目的を果たすための罰』でも、

 

『罰』を受ける側からしたら、

そんなに都合よく結びつきませんね。

 

いや、言われれば、わかるんですよね~

でもね~、

実際その場になるとね~

 

「もうオヤツあげないよっっ!」

 

なーんて、やっちゃうんですよねー。

 

だって子供って、

 

何度も何度も、何度も何度も、何度も何度も

言って聞かせて、やって見せて、と時間と手間をかけないと、

行動が変わるほどに理解しませんから。

 

いやいや根気のいる作業です。

みなさん、お疲れ様です。

 

にほんブログ村テーマ 子育てライフハックへ
子育てライフハック

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND