公園で会ったひとりの少年 最後までついてきたぞ

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

先日、長男(5)のお友達数人と誘い合わせて、近所の公園で遊びました。

適当に見守りながら、親は親で話したり、子供と遊んだりしていました。

 

そしてたまにありますでしょ。

その場で会った見ず知らずの子と、子供たちが遊び始めること。

そんな感じで合流した、ひとりの少年がいました。

 

聞くと小学校4年生とのこと。

親御さんが最初一緒にいたように見えましたが、

下の子のお昼寝やら買い物やらで、先に帰ったと。

ま、小4なら、ひとりで置いて帰るでしょうね。

 

そしてこの子、つとむクン(仮名)としましょう。

つとむクン、素敵な子でした。

話せばわかりました。

大人からの関心は、事足りているということ。

彼の関心はもう、子供たちと一緒に遊ぶことでした。

3歳や5歳にせがまれ、公園の木の実を棒で叩き落したり、

キックボードやらで走り回ったりと、とにかく長男やお友達の子と、気が合ったようです。

 

5歳と3歳たちも、少し上のお兄ちゃんは大好物なので、

終始付きまとっていて、

もう子犬がゴロゴロ6匹くらい団子になって転げまわっている感じでした。

 

いやね、とはいえ、小学生なりにちゃんと悪ぶった口をきいたり、

言葉足らずに欲求(もっと遊びたい)を伝えたりする、普通の小学生です。

 

でも、お行儀の良さもちゃんと兼ね備えているというか、

おうちの方がちゃんと教えているんだな、ということがわかりました。

 

おやつタイムとなったうちの子たちをジッと見つめるも、

 

「ごめんね、あげたいけど、やっぱりお母さんたちがいないから、

勝手に食べ物あげるのはダメだと思うんだけど・・・」

 

と言うと、

 

「うん、平気。オレ母親にもらってくるから。」

 

と言って走っていき、戻ってきた手にはお菓子とお茶の入った袋。

結局その子がうちの子たちにお菓子を振る舞い始め、

お返しに子供たちが自分のお菓子をあげたので、結局同じことなんですが。

夕方になり、お友達親子とうちの家族でスーパーへ買い物に行くことになりました。

すると、

スーパーの近くの公園へ行くと言いながら、

暗にそっちの公園でもっと遊びたいと伝えながら、

ついてくるツトムくん。

 

元居た公園から、スーパーまでは子供の足で徒歩10分ほど。

 

ま、いいけど。

スーパーの中でも、ずっと一緒についてきました。

 

でもツトムくん、本当にお行儀がよく、

スーパーの中でも子供たちとしゃべるだけ。

お菓子やオモチャを見ながら、楽しくしゃべるだけ。

 

「明日も公園来る?」

 

小学生特有の照れながらの、投げやりな目を見ないしゃべり方ながら、

ちゃんと私に聞いてきました。

 

「明日は保育園だから、公園に行ける時間には帰ってこないよ。」

 

そっか・・・と残念そうな顔。

これもまた、小学生っぽい半笑いの、でも残念さがちゃんと出ている表情。

 

いやいや、かわいいな、キミ。

 

家も近所だったので、スーパーからの帰路の途中でバイバイしました。

 

わかるよ。その気持ち。

妙に楽しい日って、あったよね、子供のころ。

そんな日は、とにかく別れがたくて、その時間が終わらないようにジタバタしたもんです。

そんな楽しい時間は再現できないものだということ、大人になるまで私は認められませんでした。

 

いかしかしツトムくん、かわいかった。

願わくばうちの子たちにも、キミのようになって欲しいです。

なんというかとても、健康で、健全で、バランスのとれた子でした。

 

良いバランスで悪ぶり、

やんちゃをし、

でもお行儀はきちんとしている。

 

うーん・・・しかし思ったのは、

小4をひとりで公園に置いていくと、

こういう風に知らない大人(+子供)についていくのだということ、

知りませんでした。

 

多分、ツトム君も、悪い大人の区別はつくのかもしれないし、

子供が一緒の大人だったらまぁ、危険性は薄いだろうし、

だからなんだと思いますが、

 

子供が家に帰ってきて、

初対面の家族とスーパーで買い物してきたなんて聞いたら、

 

「は???」

 

ってなりますよね。

 

いやいやいやいや、誰についてったって?

スーパー?

へ?買い物してるところ一緒に?え???

 

みたいな。

 

きっと小学生の説明って的を得なくてわかりにくいんでしょ?

状況を理解するのに時間がかかりそうです。

というか親には言わないのかな、そんなこと。

 

うちの子たちは寝る前にも寝室のカーテンを覗いて、

 

「ツトム君、寝たかな?」

 

と言い、

 

朝一起きて、

 

「ツトム君、学校行ったかな?」

 

と、ツトム君に首ったけでした。

 

でもとにかく、良い子でした。

パイナップルパジャマ@Neutral

 

にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ
子育てを楽しもう♪

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND