【ヨロヨロ独立日記⑤】脱サラの希望を配偶者に伝えるコツ

 

こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

不定期で書いています【ヨロヨロ独立日記】。

前号はこちらです→

 

なんか【codoc】というプラグインがうまく動作していないのか、

予約記事にすると表示がうまく行かなかったりするので、

書ける時に書いてそのまま上げてみることにします。

 

前回、会社を辞めるつもりであることを夫に話したところを

書きました。

 

 

夫は20代のころからフリーランスです。

私はずっと会社員でした。

 

フリーランスにはフリーランスならではの良さと大変さがあり、

会社員には会社員ならではの良さと大変さがあると思うのですが、

当時の私にはもう、

会社員の大変さを乗り切る気力がどうしても湧きませんでした。

 

仕事というもの自体は大好きなので、

働くことは絶対に辞めたくなったのです。

そして客観的に見たら割と恵まれたワーママ的環境でしたが、

でももうなんか、

荷物が多すぎて、

ダメでした。

 

身支度とか、

通勤とか、

上司とか、

ストッキングとか、

ハイヒールとか、

会社の席からトイレへの距離とか、

 

そういうものがどんどん余計なものに思えてきて、

そういうのを削ぎ落として、

もっと仕事を単純にしたいと思いました。

 

ずっとフリーランスでやっている夫にしたら、

ずっと会社員だった私が40歳を超えて急にフリーランスなんて、

大丈夫?

という気持ちだったと思います。

 

だからまぁ、当然ですが最初のころはなかなか

賛成なんてしてもらえませんでした。

 

======================

※配信済みのメルマガを修正&加筆しています。

『ワーキングマザー3.0』会員の方はこちらから全文をお読みいただけます。

======================

 

『最初の頃はうまく行かないだろうから

しばらくは経済的に支えてもらおうなんて

甘いこと考えてんじゃねーぞ。』

みたいな。

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND