【無理強い】と【空回り】長子の呪縛

 

ブロッコリーが好きです。

美味しいし、栄養価が高いらしいし、必ず冷蔵庫にあります。

我が家の食べ方はこれ。

茹でずに、レンチンして、

そしてケンタロウ氏の『ブロッコリーのカレーマヨ和え』というレシピです。

写真の器はこれ↓です。

 

いまは子供らはカレーが辛いと言って食べないのでもっぱら大人用ですが、

もう少し大きくなったら食べれるでしょう。

 

無数に芽吹いた蕾を食らうという、よく考えたらむごい行為に、

命をいただきながら生きながらえる命に、しばし思いを馳せます。

虫を皮切りに、長男もそろそろ興味が芽生え始め、

虫が虫を食べること、私たち自身も生きている動物や魚、野菜を食べることを、

徐々に話し始めています。

子供の成長に合わせ、経験して欲しいこともレベルアップしていきます。

 

姉の話です。

姉はとにかく、気づいたらいつも何かを作っている子供だったと、母が言っていました。

お菓子の空き箱とハサミとテープを渡せば、ひとりで黙々と何時間も遊んでいたそうです。

しかし母にとっては初めての子。

姉が育つうちに、あまりにも外で友達と遊ばないことが心配になりました。

放っておくずーっと家でひとり、工作をしていた姉を、

母はしばし、「お友達と遊んできなさい」と家から追い出したそうです。

 

追い出された姉がどうしたかというと、

友達の家に行くのではなく、

自分の家の周りをひとり、ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる、走り回って時間をつぶしたそうです。

しばらくして家に帰って、また作ったり描いたり。

ある時は、嫌がる姉を「きっと楽しいから」とボーイスカウトのキャンプへ行かせました。

小学校高学年だった姉は、「早く帰りたい」という思いしか覚えていないそうです。

小さい頃は友達付き合いに興味がなかった姉も、

放っておいても普通に友人のいる、まともな大人になっています。

 

大学受験に際しては、100万オーバーの大学受験教材が、姉に買い与えられました。

それをよそに姉は、教材には手を付けず、指定校推薦で私立6大学のひとつに受験をせずに進学しました。

 

対して次女である私には、両親は特に干渉しませんでした。

しつけはちゃんとされました。

しかし、こちらの要望なしに何かをさせたり与えたり、ということはありませんでした。

 

何が言いたいかというと、

長子に対する親の『サポート』の空回り具合です。

 

いまになると、母の気持ちはよーくわかります。

長男はとにかく、なにもかもが、親として初めての経験です。

 

『あくびを3回する前に寝かせたいところです』という本の内容を真に受けて、

長男があくびを1回しようもんなら、

「ね、ね、ね、ね、寝かせないとっっ!!!」

と鬼の形相で寝かせようとしていた私がいます。

長男の寝そうな時間に合わせてお出かけができないと、

それだけで焦りが生じました。

次男なんて、勝手に寝るまで放っておきます。

というか、長男もいるので必然的にそうなります。

 

長男の時は、離乳食のために白菜まで裏ごししていました。

『白身魚』と言われたので、自分たちのためにも買わないような高い値段の

白身のタイの切り身を買っていました。

次男はよく食べるサツマイモをつぶして、あとは長男のを分け与えたり、

市販のものを混ぜたり、適当でよく覚えてもいません。

 

あっという間に長男も、再来年には小学生です。

私もきっと、母のように空回りするでしょう。

でも、これだけは気を付けようと思っています。

 

良かれと思って無理強いしないこと。

自然体験は無条件に子供に良いと信じて無理にやらせる。

友達と遊ぶことは無条件に良いと信じて無理に遊ばせる。

気を付けないとついやりそうです。

 

失敗や後悔をすることも子供の権利。

その時に必要な最低限の助言をしながら、

できるだけ本人に選ばせようと思っています。

余談ですが、【選択】は【アート】だそうです。(=The Art of Choosing)

選択すること、それ自体が【アート=芸術】であり、

【アート】には目的も何もなくて、【アート】それ自体が目的です。

 

しかし、いくつになればどの程度わかるのか、

それが長男の時にはわからないので、

これからも空回りはいずれにしてもするんでしょうな。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND