Sponsored

通勤の時間に寝るなんて、勿体なくてできません。

テレビを見るだけの時間なんて、勿体なくて見れません。

考えることが多すぎて、ボーッとする時間が捻出できません。

覚えておくことも多すぎて、覚えきれなくて忘れ物をしてしまいます。

 

電車に乗っている時間はビッチリ読書に充てたいので、

歩きながらでもできる『考え事』は、

急いで頭から追い出すようにします。

 

歩いているときと、

自転車に乗っているときと、

寝かしつけのために寝転がっている時間は、

 

『これからのビジネスどうしようかな』

『週の半ばでなくなるバナナ、いつ買って帰れるかな』

『保育園で胃腸炎が流行ってきたな、今日電話かかってきちゃったら、

あのミーティングはずらせるかな』

『今週末はXX公園かな』

『あの面倒なお客さんには、こう言えばいいのかな』

 

と、常になくならない【考えなきゃいけないこと】を片付ける時間。

 

子供といる時間は、次から次へと仕事を増やしてくれるので、

ずっと手を動かして些事をこなす時間。

 

仕事からも子供の世話からも解放される1日の自由時間は2時間ほど。

睡眠時間を削れば、その時間は延ばせるけども、

数日間4時間睡眠を続けたら頭痛が続いて辛かったです。

 

また脳が足りません。

すみませんが、誰か少し貸してください。

 

子供が生まれる前は、こんな状態になったことは

一度もありませんでした。

 

まぁいまは、会社を辞めて独立しようとしている時期でもあり、

とにかく時間と脳が足りません。

 

忙しい自慢をする人は嫌いなんですが、

でもやっぱり忙しいもんは仕方ないので、

可能な限り回りの人のメモリと手を借りてしまいます。

 

知ってました?

世の中には、毎日1時間ほどの睡眠で大丈夫な人が少数いるんですって。

 

ショートスリーパーと言うらしいんですが、

タレントの武井壮さんは有名ですね。

 

1日の睡眠時間が1時間で済むなら、自由時間が大幅に増えます。

 

でもそれは、体質の問題なので普通の人はできないことなんですって。

 

でも少しでも短くできないかやってみた結果、

やっぱり私は6時間は寝ないと、頭が痛くなってしまいます。

 

忙しいことを理由にしてやらないことは、

忙しくなくてもやらない。

 

忙しいことを理由に連絡が来ない彼氏は、

忙しいのではなくて興味がないだけ。

 

時間が無いから余計に、あれこれ考えず、

やりたいことはやってしまいます。

 

いまあなたがやりたいと思っていることは、なんですか?

 

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND