Sponsored

 

こんなこと思うの、私だけですか?

 

『旦那さ、イタイイタイ、騒ぎすぎじゃね?

大して痛くないんじゃね?』

 

キャー…悪魔の声っっ

いや、痛みって主観的なものなので、本人が【痛い】と思う時点で

それまでなんですが、それでもずっと、こうは思っていました。

 

少なくとも、同じ痛みを私が経験したら、

彼ほど痛いとは、感じないはず。

そんな、なんとなくの考えを、

証拠を持って立証してくれると、

「ほらね~!!!」

と思って気持ちいい。

 

痛みは相対的なものだという研究が、こちら。

 

過去に大きな手術やケガをしたことのある人と、

ない人、を集めて、

氷水の中に手を入れてもらいました。

手が痛くて我慢できない、と思ったら、氷水から手を抜いてもらい、

手を抜くまでの時間を、↑のふたつのグループで比べる、という実験。

 

想像通り、過去に大きな痛みを経験したことのある人のほうが、

経験のない人に比べて、

氷水の中に長い時間手を入れていたそうです。

なんなら、実験者が「もう手を抜いてください」と言うまで手を入れていた人もいたとか。

 

そう。

これを読んでくれている人のほとんどが、

経産婦♪

たとえ無痛分娩だったとしても、出産って出産の瞬間が痛いだけではなく、

産後も十分過ぎるほどに、痛いことが続きますよね。

私、いろんな人の出産話を聞くのが好きです。

同じ話ってふたつと無くて、みんなそれぞれ、違うパターンで

陣痛やら、出産やら、出産直後やら、の【痛み】を経験しています。

【痛かった】自慢をする経産婦の、生き生きした話具合も、ワクワクします。

 

「それ痛そーーー!!!」

とキャーキャー聞くのが、大好きです。

 

そう。あんな痛いことされた私たちは、

どれだけ氷水に手を浸していられると思いますか?

「あの時に比べたらこんなの痛くない」

なんて意識して思う必要もないんですって。

もう無意識に体と脳が、痛みのレベルを上げているんですって。

 

自慢、してもいいですか?

私の今までの人生でいちばん痛かったのは、

次男の出産(緊急帝王切開)後の、傷の痛みでした。

緊急手術だったので、通常使う複数の痛み止めのうちのひとつが使えなかったそうです。

人の体は、大きな傷があるとその箇所に血を集めて、頑張って傷をふさごうとする、と

助産師さんが教えてくれました。

 

お腹の傷がドクドクと、布団の上から目で見えるほどに脈を打って、

点滴の痛み止めをしていても、息ができないほどに痛くて、

「も、もうちょっと強い痛み止めは…ないですか…?」

と聞いたら、

「んー…あるけど、すごく強いやつ神経系の薬だから、〇時間ごとにしか使えないですよ」

と言われ、

「それください…」

とお願いして打ってもらいました。

薬が切れるたびに「ウググググ…」としばらく踏ん張り、

また強い薬を打ってもらい…と何度かしているうちに、痛みが引いていきました。

 

陣痛よりも、私にとってはこれが、痛かったです。

後陣痛やら、おっぱいの痛み、乳首がズル剥け、1回目も2回目も、

同じように痛いのね~…と知りました。

そんな私に比べたら、そりゃ旦那なんて、弱造も弱造ですよね、そりゃ。

仕方ない。

「オレだってあの時はチョー痛かったぞ!」

と言いますが、

チッチッチ、という感じ。

 

痛みについては、こちとらプロ級ですから。

 

いや、もちろん、出産より痛い経験のある人も、たくさんいらっしゃるでしょうから、

そんな方には失礼な話ですね。

デカイ口を叩いてすみません。

 

とはいえ繰り返しますが、痛みはあくまで主観的なもの。

本人が【痛い】と思ったら、それは【痛い】のであって、

労わりの対象となるわけです。

子供にしても、

「ママ、痛いの、ここ痛いの」

と報告に来ます。

そういう時は、

「痛いね~、かわいそうに」

と受け止めてあげるしかできませんが、それだけで少し楽になったように感じるのも、

それも主観的なもの。

 

ちょっと違う話ですが、赤ちゃんや幼児の、痛いとき専用の泣き声ってありますよね?

あの泣き声だけは、自分の子じゃなくても聞き分けられません?

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. とら より:

    以前手にイボができて冷凍チッソで焼く治療をしたことがあります。文字通り焼いて火傷をおこさせて皮膚を再生させるので、イボのウイルスが無くなるまで何度もやることになります。そのお医者さんが、女性は通う回数少ないよ、痛くても我慢するから治療が進むんだよ。男性はちょっと痛いだけでももう大騒ぎで、また次回にしてほしいというので通院回数かかるんだよねーってことでした。

    こどもの泣き声、ヤバイときはなんとなく違いが分かります。でも旦那は分からなかったみたいです。んん?これは、、、やばいぞ?程度の精度ですが。1ヶ月検診で我が子の泣き声を聞きわけられたとき嬉しかったのと、どっと疲れたのと両方でしたねぇ。

    • みゆき より:

      とらさん、冷凍窒素でってやつ、痛そうですが確かに、我慢しないと治療できないなら我慢できる気がしますね。
      歯医者さんでもそうですが、痛かったら手を挙げてください、って言われますが、挙げたことないです。
      旦那はしょっちゅう挙げて麻酔を増やしてもらう、ってそういえば言ってましたwww

      でもひとり目の生後1か月の泣き声は、聞き分けられる自信ないですね。
      ふたり目になってやっと、共通の泣き声があるんだな、と思ったので。
      痛み度合いも、泣き声でわかりますよね。

  2. mco より:

    私も他の人の出産話聞くの好きです!私も話していいですか?
    私は次男の時無痛分娩だったので陣痛の痛みはないのですが産んだ後に胎盤が一部剥がれず、手の小さい女医先生を呼んでもらって手を突っ込まれて掻き出されました!
    神の手です(物理的な笑)
    内側から背骨の骨を触られるという中々ない体験をしました。
    よく言う「ケツの穴から手を突っ込んで」の奥歯までいかない位でした。

    • みゆき より:

      mcoさん、わーい、出産話www
      胎盤て確かに、ズルッて引っ張られましたね。
      出産直後だったから、あまり痛かった覚えはないですが…
      ひやぁぁぁ~…ブルッとなるなすね、その話は。
      痛いんですか?痛いんですか~?!
      手を突っ込んで掻き出される、って、もうなんか、人の体ってすごい~~~

  3. しーちゃん より:

    私はつわりが酷くて、一人目のときはホントいつまでこの苦しみに耐えないといけないのか?
    妊娠なんてするんじゃなかった!旦那にも同じ苦しみを理解して欲しいので、つわり症状の出る
    薬を開発して飲ませたい!なんて人として全然イケてない思考がグルグル頭の中に渦巻いてましたよ。
    なので、つわりの苦しみ>出産の痛み でした。
    つわり期間は長いけど、出産は1日で終わる!みたいな。
    事前のつわりの苦しみがあったから、出産の方がマシに思えたってことですかね。
    産後、特に問題のなかった、私の場合ですけど(^^

    • みゆき より:

      しーちゃんさん!そうそう、つわり辛いタイプの方にとっては、そっちのほうが、っていうのも聞いたことあります~!
      つわりの辛さを取り除く薬があったらもう一人産むのに、っていう人もいましたね。
      私自身、一切つわりがなかった、っていう馬鹿みたいな人なので、共感できず恐縮ですが。
      出産のほうがマシって思うほどのつわりって、でも壮絶…
      痛いというのとは違うのかもしれませんが、どんだけ不快なんでしょう、それって。
      ひえぇぇぇ…
      妊娠~出産話って、ホントみんなみんな違うから、聞くの大好きです!

  4. アサ より:

    ふふふ、わが家は逆です~!
    私、痛みにめっぽう弱く、それを隠そうともしないので、すちょっと何かあるたびに「痛い~、死ぬ~」と言いまくって夫に「死なないから」と呆れられています笑
    私は少し熱が出ただけでフラフラして会社休みますが、夫は39℃でも仕事に行って平気な顔を見せています。でも不思議なもので、私は滅多に熱が出ないし、夫はすぐに熱出るんですよね。
    出産?もちろん、無痛分娩です!

    • みゆき より:

      アサさん、無痛分娩でも、産後痛いこといっぱいじゃなかったですか~?
      それでも痛みに弱いっていうのはあるのですね…なるほど。

      旦那さんは逆に、すぐに熱が出るから慣れていて、多少高くても気にならない、って感じなんでしょうかね。
      アサさんはたまにだから、慣れていない、とか。
      でももしかしたら、そういう組み合わせの問題かな。妻と夫、両方が痛がりとかだったら、大変そうじゃありません?

コメントを残す

RECOMMEND