夫の言動に無意味に傷つかないために読む本

 

こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

夫相手に
「なんでわかってくれないの?」
と憤るのは、
オーブントースターに向かって
「どうしてお米が炊けないの?」
と言うのを同じことなのである。

 

な、なるほどぉ・・・

私は今まで、オーブントースターで

お米を炊こうとしていたのですか・・・

そりゃ、炊けないはずですwww

 

そしてお米が炊けなくて、

傷ついたり、怒ったり、悲しんだり、

オーブントースターを捨てようとしたりしていたんです。

 

そういうことではなくて、

オーブントースターの取扱説明書をきちんと読んで、

機能に見合った期待値を持って、

オーブントースターに合った使い方をしましょう、という本です。

 

夫のいる女性に、ぜひ読んで欲しいです。

私はこれまで、明らかにオーブントースターで米を炊こうとしていましたが、

あなたもですか???


私は比較的【女性脳】です。

そして夫は、典型的な【男性脳】です。

 

私は、好きな相手には思いやりを示そうとし、

相手の気持ちに配慮しようとします。

悲しそうだったら気遣い、

相手の気持ちを害さないように、

相手がより良い気持ちになってもらえるように気をつけます。

 

それが私の、愛情、好意の示し方です。

 

先ほど食事中の夫と、話をしていました。

彼のことがもっと知りたくて、

彼が話しやすいように気をつけて会話をしていたつもりでした。

すると彼は、こう言いました。

 

「あのさ、いま食べてるから、後でいい?

熱いうちに食べたいから、

いまは放っておいて欲しいんだよね」

 

そして彼は、

スマホを見ながら、食事を続けました。

夫 傷つく

このときも私は、自分の【女性脳】を実感しました。

 

ああ、この人は、

私のことが好きではないんだな。

 

【女性脳】はそう思ってしまい、苦しむんですよね。

 

男性脳は、愛と思いやりの演算が、
女性脳のそれとは全く違うので、女性脳にとっては、
愛されていない、理解されていないように見えることが多々ある。

 

では、男性脳にとっての愛や思いやりの演算とは

一体どんなものなのか。

 

男性脳は、大切なものに対して、
習慣的に責務を果たすことを旨とする。

 

毎日家に帰ってくること。

家のローンを払い続けること。

毎日ゴミ捨てをすること。

毎朝子供を保育園へ連れて行くこと。

 

それらをただ黙々と責務として果たし続けることで、

男性脳は愛を表現し、

その相手に対して愛着を感じるのだという。

んー・・・

 

正直、なんとも、

愛情に対して無頓着な【脳】であるな、

という印象がありますが、

そう感じるのも私の【女性脳】。

 

本来、どっちが良いも悪いも、ないのです。

どちらも正しい。

 

そこで気づいた【女性脳】はいますか?

 

【責務】とは、どこまでか。

私を気分良く保っていてくれること、

それ自体を【責務】の範囲内に収めてしまえば、

みんなハッピー。

 

・・・アレ?違う???

 

夫に言わせると、私は多くを望みすぎなんだそうです。

ほかの女性は、私よりずっと少ない【幸】で

ヨシとしているのだと。

 

ほかの女性は、私よりずっと、

ひとりで子育て&家事を頑張っているのだと。

 

夫としては、大多数の世の夫より

広い【責務】を果たしていることを感謝して欲しいだけなのであろう。

しかしそう言われると私としては、

ただただ、悲しくなります。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

コメント一覧
  1. よっちゃん より:

    多くを望みすぎでは全くないです!
    旦那さんは、こんなに理解しようとしてくれている妻がいることを
    少しは(いや、大いに)喜ぶべき!
    1日でも私と一緒に暮らしたら、ねぇさんのありがたみがわかるかもwww

  2. みゆき より:

    よっちゃん、ありがとう~!
    確かに、違う妻、違う夫と1日過ごすって、良い体験かもしれない。。
    私はもしかしたらよっちゃんの旦那さんと1日過ごしたら、
    元に戻れなくなるかwww?
    もしくは物足りなくなるのかwww?

  3. ようこ より:

    わたしもみゆきさんと同じような事を言われますよー窶シ
    腹がたつので、モラハラだー、ロードの人みたいに熟年離婚されても知らんぞ窶シと脅します。どんな言い方をしても離婚されないと思ったら大間違いだと更に言いますがどこまで伝わってるのか…。
    男性脳、恐るべし。

  4. みゆき より:

    ようこさんの旦那氏は、そういうことは言わないソフトな方だと、勝手にイメージしてました!
    そうなんだ!同じようなこと言うんだ!
    彼らからしたら、『言い方、言い方』って細かいことうるさいなー、って感じなんでしょうか。
    いや~、やっぱりできることなら女性と結婚したい。

  5. みゆき より:

    みおさん、メッセージいただき、ありがとうございました!
    (もしかしですが、スマホだとメッセージとコメント欄がとてもわかりにくい仕様です。。
    コメントしていただくつもりでメッセージになったと想像して、こちらで返答させていただきます!)
    本を読んでくだされば、旦那さんの気持ちも少し理解できる部分もあるかもしれません。
    しかし、エピソードを聞く限り、旦那さんの理解も少し足りない部分があり、
    衝突が避けられない状態、なのかもしれません。
    ↓この本も、お勧めですぞぉwww
    http://workingmothersurvive.blog.jp/archives/2437356.html

  6. みお より:

    みゆきさん、おはようございます。
    ご想像通り、コメントを送ったつもりが…でした。はじめましてでの突然メッセージ、大変失礼いたしました。。
    オススメの本、もう一冊ありがとうございます!すぐに予約します。あわよくば、夫にも読んでもらいます。一応フォローしておくと(笑)育児家事共に自主的にやり、やって当然の感覚は持っている人ですが、病気の対応は毎回?です。私の方が有休残あり取りやすいのは事実ですが、感謝と気遣いがほしいです…
    これからも、ブログ楽しみにしていますね♪長文失礼いたしました!

  7. みゆき より:

    みおさん、なるほど。
    基本的には優等生の旦那さんなんですね。
    でも、なかなか難しいですよね、ホント。
    夫婦や子供もそれぞれで、必ずこれで完璧!という教科書なんてないし、
    みんながみんな、試行錯誤ですな。

コメントを残す

夫のこと, 本のことの関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND