ほんの4秒でした。4秒目を離しただけでした。猛省です。

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

先日の週末、私の両親の家に家族4人で泊まりに行きました。

主目的は、

 

虫取り。

 

うちの男子たちはみんな虫が大好きなんですが、

多分いちばん好きなのは、

 

パパ。

もうね、網で虫を捕るのが、ウマイウマイ。

ちょうちょやトンボなど、飛んでるものも確実に捕ります。

 

私の両親は茨城県に住んでいて、虫も豊富なので、

夏の始まりに行って、あわよくばカブトムシ、と話しておりました。

 

近くの田んぼでカエルをしこたま捕まえ、

虫かごに入れて観察して、

別の田んぼにお引越しさせるという遊び。

 

子供時代に虫で遊びつくした40代男性が、

子供たちに虫遊びのイロハを教えます。

 

私が思いつかないような遊びをして、

子供たちはキャッキャ言っていました。

家族4人で、近くの大きな公園に行きました。

カブトムシがいる森のある公園です。

森に入り、クヌギの木を探したり、スズメバチに出会ってしまって慌てて退散したり、

そうやって歩いていたら、

パパと5歳児くらいの親子に会いました。

 

網と、水の入った虫かごを持っていたので、

 

「ザリガニですか~?」

 

なんて話したりして。

 

公園には、森もあり、池もあり、アスレチックもあり、なんでもありました。

 

ふと見つけた、蓮池。

蓮の花の神々しさに、私はちょっと目を奪われてしまいました。

蓮池もそうですが、周りには水路がたくさんあって、

向こうに見えた、さっき出会った親子が、

とうとうザリガニを捕ったと、

遠くから見せてくれました。

 

「ザリガニ!」

 

と猛スピードで親子の元へ走っていく次男(3)。

 

足が速くなったな~・・・

 

なんて歩いてそちらへ向かいながら、

 

もう少し蓮の写真が撮りたいな~・・・なんて。

だってすごいキレイで。

今考えても、『4秒』でした。

4秒、たったの4秒。

次男から目を離して、

 

蓮を見ながら歩いて、

 

4秒後

 

次男のほうを見たら、

 

ドロドロの

 

頭まで

 

ずぶぬれで

 

今にも泣きそうな顔で、

 

「おちた・・・」

 

小さな声だったけど、10mほど離れていた私の耳に聞こえました。

 

猛ダッシュで次男の元へ行きました。

 

とにかく無事だった。

ザリガニがいるようなドロドロの水路に、

走っていたところ滑って転んで落ちて、

頭までブクブクと漬かったようです。(本人談)

 

私も夫も、ほんの4秒ほど目を離した時間に、

落ちました。

 

それまで、

 

「気をつけて」

「水あるよ」

「落ちるよ」

 

長男にも向けて、50回は言っていたと思います。

 

駆け寄った私を待って、

次男は声を上げて泣きました。

 

こわかったよね。

ごめんね。

 

たまたま着替えを持っていたので着替えさせて、

おんぶして車に戻りました。

 

もし水路がもう少し深かったら。

もし転んだ時に頭を打っていたら。

もし溺れていたら。

 

タラレバを夫と考え、

 

無言でゾッッ・・・として、

 

ふたり、

 

猛省しました。

 

4秒でも、たったの4秒でも、

目を離すと子供は、

 

きっと簡単に、最悪の事態になってしまう。

 

本人は割とすぐに復活して、

車に着いたらすぐにオニギリを食べて

キャッキャと笑っていました。

 

「次男クンが無事でよかった。」

 

私が何度も言うので、

 

「ママ、それずっというのね~。」

 

と次男が言っていました。

 

 

・・・

 

ああ・・・

 

思い出すだけで心臓がキュッとなります。

 

宝物だからと言って、

しまっておけない宝物なので、

心がすり減りそうです。

 

大人ふたりいてもこんなことが起こるんだから、

やっぱりワンオペは今後も絶対にしたくない、

そう思いました。

 

ワンオペツライ、

もそうだけど、

 

ワンオペコワイ、

も。

 

ツーオペだって、事故を100%防げるとは限らないんだもの。

猛省でございます。

夏はこれから。気をつけてまいりましょう。

 

にほんブログ村テーマ 子供と一緒にしたいこと!へ
子供と一緒にしたいこと!

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. とら より:

    無事でなによりでした。私もひやっとやぞっとしたこと沢山あります。

    ちなみに海の近くで育ちましたが、川や池のほうが怖いです。親にも川では絶対に遊ばないように言われてました。夫は近くに海がないので、川で遊んでいたらしく、警戒心は低いようです。海だとやたら警戒します。

    こういう意見の食い違いもふくめて、こどもは複数の大人でみないと、怖いですよね。

    • みゆき より:

      とらさん、そうですか・・・やはりありますか・・・
      ケガで済むケースならぜんぜん良いんですが、ホント、取り返しのつかない事態って、十分考えられるので、もうこわくてこわくて・・・鳥肌と言うか、心臓がキュッとなるというか・・・
      川はコワイ、夫も言っています。
      私は川も海も近くになかったので、もう水はとにかく怖いです。
      子供のことを考えたら、高所も怖いし、車も、人も、怖いものが多すぎて、途方に暮れることがあります。

  2. さつこ より:

    川は確かに怖いです。
    うちから車で20分のところに、キャンプやBBQができる川がありますが、たまに大人の水難事故があります。
    子どもが危険な目に遭わないよう注意することと同じくらい、ある程度の川の怖さは子どもの頃に体験しておくべきだとも思います。
    水難事故に遭う大人は、だいたい都会から夏休みを利用して来た人たちです。
    地元民は、浅く見えても急に深くなるところがあること、前日大雨だったら増水してるので、そんな時は近寄らない、水に浸かっている石はヌルヌルして滑るってことを身を持って知っています。
    次男くん、ご無事でなによりでした。
    本人もそうでしょうけど、親もその一瞬の心臓がキュッとなる光景を忘れることはないでしょうね…。
    お互いに気をつけていきましょう!

    • みゆき より:

      さつこさん、川は確かに、大人でも事故がありますよね。
      まして子供なんて、と思ったらゾッとします。
      でもおっしゃる通り、川というものを体験しておくことも大事かも。どこかの川に連れて行ってみようかな。

      次男が落ちた日から、また水の多い公園へ行きましたが、
      本人も落ちるとはどういうことかを知ったのか、
      危なっかしいことはありませんでした。
      逆に落ちたことのない長男のほうが次は危ないのかもしれません。
      あー、コワイコワイ。

      まだまだ水遊びの季節、気を引き締めてまいります。

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND