予想最高気温27℃で子供とプールに行くとどうなると思いますか?

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

今年の梅雨は、長かったですね。

と思いきや、例年はこれくらいなんですよね。

去年が異常だったようです。(去年の梅雨明けは6月29日@関東)

 

去年は、なんならもう6月中から

あぢ~・・・って感じだったので、

今年、勇んでレンタカーを予約して『毎週末プール!』と思っていたら、

 

あれ・・・?

 

みたいな。

 

それは先日の日曜日。

数日前まで天気予報では晴れ間があると出ていたので、

『プール開き』の予定でした。

 

しかし前日になって天気予報は曇り。プールのある地域の予想最高気温は、

27℃。ビ、ビミョー・・・

 

しかし前日も同じような気温で、それなりに蒸し暑かったし、

温かい飲み物も持って行ってみよう!

と、行きました。

こんな小雨の中!

 

駐車場は・・・3割ほど、思っていたよりも埋まっていて、

一切並ばずに入園。さすがにスムーズだねぇ。

 

まばらな園内。

でも、お客さん、いるにはいるのね。

 

いつもなら開園時間に行かないととれないようないい場所に陣取り、

遊びに行きたくて全身でウズウズしている子供たちを着替えさせ、いざ。

 

・・・思っていたよりも、寒くなかった。

涼しかったけど、寒くはなかった。

市民プールなので1時間に1回休憩時間があり、

テントに戻って休憩。

1度目の休憩が明けて、また長男がどんどん行ってしまう。

 

あ・・・あれ・・・?

さ・・・さむい・・・

 

「寒くない!?」

 

と長男に聞くと、寒くないと。

 

しかし次男(3)を見ると、

おお・・・久しぶりに見た。

寒さに震える唇。

 

夫が次男だけをテントに連れ帰り、タオルでくるんでしばし避難。

 

その間5歳児。

ひとり、子供用からくりプールで、2時間遊び倒していました。

公式画像を探したのですが見つからず。

行ったのは、稲毛海浜公園プールです。

アスレチックのような感じで、

滑り台がついていて、

回すと水が出るハンドルがあったり、

水鉄砲がついていたり、

頂上に巨大なバケツがあって定期的にバシャーッと水が降ってきたり、

 

そんな『からくり』(@ちびっこプール)で、

ホントひとりで、

黙々と、

2時間(間に休憩10分)遊んでいました。

 

若干唇は紫色に見えないこともありませんでしたが、

特に寒そうにすることもなく、

 

何度も何度も行ったり来たりして、

仕掛けをひとつずつ発見して、

ひとしきりいじくり回して、

飛び跳ね、這いずり回り、ひとりでずーっと、ずーっと遊んでいました。

 

私はそばで、座ったり、見えなくなったら見えるところまで移動して、

少し離れたところから見守っていました。

 

たま~に私のところに来て、ニコッと笑い、

また滑り台へ。

 

しばらくするとまた来て、

 

「どうしてあそこの水は白いの?」

 

「空気が入っているから白い」

 

という答え、

全く同じやりとりを、

小さいころに父とした覚えがあります。

 

少し前に長男と行った博物館。

そしてこのプール。

 

ホント彼は、

体で触って感じて、そうやって学ぶ子なんだな、と思いました。

 

涼しい日だったので空いていて、

待つことなくいろんな仕掛けで遊べたので、

それも良かったのか。

 

離れたところから見ていても彼は、

ずーっとキラキラした顔をして、

ひとりずーっと笑顔で遊んでいました。

 

『夢中』を絵に描いたようで、面白かったです。

 

水中に足だけ突っ込んだ状態でじっとしていた私のほうが寒くなりそうでしたが、

途中から日差しも出始め、

ちょうどよかったです。

 

からくりの巨大バケツが怖くて仕方がなかった次男は、

パパと一緒に流れるプールに2時間流されていたそうです。

パパ曰く、

一緒に流されたり、競走したり、楽しかったと。

 

結果、

予想最高気温27℃で子供とプールに行くと、

普通に楽しい。

 

今週末の予想最高気温は既に34℃

来ますね、本格的に。

 

とりあえず、水漬けとこ。

にほんブログ村テーマ 子供とおでかけ♪へ
子供とおでかけ♪

にほんブログ村テーマ 夏イベント・夏休みの遊びへ
夏イベント・夏休みの遊び

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND