スポンサードリンク

 

先日母と話していたときのことです。

我が家はまだ子供が小さいので、特に母には頻繁に手伝いに来てもらっており、
(茨城から数時間かけて来てくれます。。)よく話をします。

うちの母は、典型的な昔の専業主婦です。

 

以前の記事でも書きましたが、
『私は難しいことはまったくわからないから、お父さんに任せてるの』というタイプです。

 

いまだに携帯電話も、クレジットカードも持っていないし、パソコンも当然使えません。

そんな母と話しているとよく出てくるのが、
「お母さんはそういうのわからないから、怖いわ」
というフレーズ。

 

会話の中で彼女の知らないことが出てくると、なんでもかんでも『怖い』で片付けます。
そしてそこで、そのことに関しては終了。思考停止します。

パソコンも、資産運用も、携帯電話も、なんでもかんでも
『わからないから怖い』で片付ける彼女を見ていると、
なんでもかんでもわからないで片付けるほうが怖いんじゃない?と思うんですが、
年をとるということはそういうことなんでしょうか。
それともそれは、年齢とは関係ないことなんでしょうか。。

 

たとえば実家の通信費。

固定電話と、父親の使っているパソコン用の光回線、父親の携帯電話、
すべてを一括でDocomoでまとめているようです。
ところが金額などを私が聞いてみると、もう少し安く済ませることもできるんじゃないか、という金額で、
契約内容の詳細も、細かいことはよくわからない、と言います。

 

まぁ確かに、通信費の契約内容は私でも理解が難しいところがあるのでなんとも言えませんが、
途中で諦めて考えるのをやめさえしなければ、もっと安くできるのに、
『面倒くさい』が勝つもんなんですよね。
私も以前はそうだったので、すごくよくわかります。

 

話は少し変わるようですが、人間は誰でも、
とにかく『よくわからないものは怖い』んですよね。

だからお化けも怖いし、死ぬのも怖いし、FXも怖い。

 

お化けや死ぬことは調べても限界があるので仕方ありませんが、
少なくとも調べればわかることは、『わからないから怖い』で片付けないように、と
私は日々気をつけています。

だからこそFXにも手を出せたし、国内株に100万円つぎ込んでみることもしてみました。
(株式は結局私はあまり好きになれなかったですが・・・)

格安スマホで携帯代を安く済ませることができるのも、そのせいです。

 

しかしそもそも、『わからない』とはどういうことなんでしょうか。

『わからない』という状態はつまり、
『理解ができない』もしくは、『理解するのが大変』ということかと思います。

では何を理解できないのかというと、
それは単に『言葉がわからないだけ』だと気づいたんです。

 

たとえば、
「ROIが見えないのでその案は採用できない」と言われるとよくわかりませんが、

「いくらお金をかけて、そこからいくら儲かるのか見えない」と言われればわかりませんか?
(*ROI=Return of Investment

 

「あなたの負債と純資産の割合は?」と聞かれると「??」と思いますが、

「自宅のローンはいくら残っていて、自宅を今売ったとしたらいくらくらいになると思う?」
と聞かれれば、なんとなく答えることができるんじゃないでしょうか。

 

つまり結局は、何がわからないかというと、『言葉がわからないだけ』なんですよね。

なので私は、携帯の契約、ローン契約、資産運用の話、仕事の話でもなんでもそうですが、
説明を聞いていてわからないことが出てきたら、
自分の言葉でわかるまで質問をするように心がけています。

 

何の話でも、わかっている人は専門用語を使いがちです。
わかっている人にとってはそのほうが、短い言葉で説明できるので便利だからです。
ですが聞いているほうにとっては、わからない専門用語が出てきた時点で
ついていけなくなります。

 

その時点ですかさず、話を止めるのが大事だと、私は思います。

わからないから、と諦めた時点で、相手の思うままになるだけです。

何事も、自分できちんと理解をした上で実行に移したり移さなかったり、を判断したいと思います。
まして自分のお金を使うんです。

わからないことにお金を払うのは、私は嫌です。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. みなみ より:

    みゆきさん、初めまして。かなり前の記事にコメント失礼します。最近みゆきさんのブログをみつけ、内容に共感することが多く、それ以来毎日読ませていただおてます。
    わたしは30代二人の子どもを持つワーママです。今は二人目の育休中です。あと半年ほどで仕事に復帰しようと思っているのですが子ども二人を抱え、仕事との両立に不安を持っていたところでこちらのブログを見つけました。
    毎日仕事が終わって急いで保育園に迎えに行き、家に帰ってからは分刻みのスケジュール。子ども一人でも大変だったのに、2人となるとどうなるのだろうと考えてしまいます。
    わたしが働く一番の理由は経済的なことです。子どもの将来のため自分の将来のため、子どもとの時間を削り仕事をしてます。でもそれってどうなんだろうと常々思います。働くのは嫌いではないのですが…。
    わたしはお金もほしいけど時間も欲しいんです。
    そのためにどうすればよいのか、そのヒントをみゆきさんのブログを読むことで見つけたような気がします。わたしもお金のことを真剣に考えようと思います。今までは危険と思っていたFXにも興味を持ちました。とりあえずオススメされていた本を読んでみます。

    なんだか長文な上読みにくい文章になってしまいすみません。これからもブログ楽しみにしてます!

    • みゆき より:

      みなみさん、コメントありがとうございます!とても嬉しいです。
      コメントいただいた内容、まさに2、3年前の私が考えていたことなのです。
      ”毎日仕事が終わって急いで保育園に迎えに行き、家に帰ってからは分刻みのスケジュール。子ども一人でも大変だったのに、2人となるとどうなるのだろうと考えてしまいます。”
      加えて旦那の当事者意識の無さにも失望していて、どうやって私は幸せになろう、と考えたときに、
      本当に同じように思いました。”わたしはお金もほしいけど時間も欲しいんです。”
      その方法を探し続けていたらここまで来てしまいました。

      FXは、ルールさえ守れば、本当に穴場だと思います。
      こんなにお金が増える場所がまだあったのか、と思いました。
      ただし、くれぐれも、ルールは守ってください。守らないと、本当に一瞬で、お金が無くなります。

      そしてこの質問の答えを考えてみてください。
      『いまのみなみさんが、10億円持っていたら、何をしますか?』
      仕事を辞めて、しばらく遊んで、旅行行って、家を買って、教育資金に貯金して、その後、何をしますか?
      難しい質問なのですが、何か見えてくるかもしれません。
      これからも引き続き、お付き合いいただけると私は嬉しいです。
      一緒に、お金と時間を手に入れましょうぅっ!^^

  2. みなみ より:

    みゆきさん、こんにちは。お返事ありがとうございます。みゆきさんも数年前同じことを考えていたとのこと、自分だけじゃないとわかるだけで励まされます。

    『もしいまのわたしが10億円持っていたらどうするか』
    仕事辞めて、旅行に行って、好きなものを買い好きなことをして、子どもの教育費や自分の老後の資金も貯金し、その後どうするか。今までお金を稼ぐ目的であったことがなくなった後のことですよね。
    う〜ん、考えてみましたがとても難しいです汗

    漠然とですが、自分の生活が活気があるもの、心が豊かになるようなことに使いたいかなーとは思うのですが。
    子どもとの時間、自分の時間を確保しつつ興味のある分野の仕事をしたいなぁ、とは思いますが、そんな都合のいい仕事はないかな。お金に余裕があるなら自分でそのような事業にトライするとか。
    あとは以前から学びたいことがあるのですが、この年で子どももいて今さら無理だよな、思っていたのでそれを学ぶための資金にしたいと思います。これは子どもがもう少し大きくなってか手がかからなくなってからでいいのですが。

    ほんと難しい!今思いつくのはこんなことです。

    お金は目的ではなく手段の一つですもんね。自分も子どもも、ついでに旦那も幸せになれるよう活用したいです。

    • みゆき より:

      みなみさん、お返事ありがとうございます。
      「お金は目的ではなく手段の一つですもんね。」
      ↑これに既に気づいている時点で、みなみさんならではのゴールは近いと私は思います。
      そして、以前から学びたいことがあるなら、できるだけ早く手を付けることだと思います。
      確かに時間がないのは事実なんですが、これからの自分と子供らの未来のために、不要と思われる時間を極限まで削ってみてください。
      そうするとわずかでも、勉強に充てる時間が出てくるはずです。
      厳しいかもしれませんが、やる気が起きたらでいいので、考えてみてください。
      睡眠時間、何時間まで削れるか。テレビを見る時間、ゼロにできるか。平日のランチ、同僚と行くのは週1までにできるか。
      時間て、もうこの年になって家族を持つと、捻出しないと出てこないと思いますので、今までの枠組みを一旦忘れて、
      何ができるか考えてみるとか。
      「そんな都合のいいことないかな」と思うようなことを、どうやったら実現できるのか考えて、答えが見つかるといいと思うのですが、
      いかがですか?
      いずれにしても今すぐ答えが出来ることではないので、諦めずに粘り強く考えてみてください。
      私もまだまだ、全てが見ているわけではありませんので、模索中です。

  3. みなみ より:

    お返事ありがとうございます。ゴールは全然見えないし、面倒なことは考えたくないですが、粘り強く考えてみたいです。言うのは簡単ですけどね。

    この歳になると自分の生活、人生のプランみたいなものに対して、誰かに何かを言われることもほとんどなく、やりたくなければやらずに済ますこともできる状況です。楽な方へ楽な方へと行きたくなります。現状を変えるのも面倒になります。
    なので、みゆきさんにたくさん言葉をいただき何かしらのきっかけを得ることができました。自分なりのゴールを見つけるため考え、努力したい、頑張りたいと思いました。

    時間はふってはこない、捻出しなくてはいけない、分かっているけど先延ばしにしてました。

    もっともっと自分が幸せになるためにはどうすればいいのか頭を使って考えなければですね。

    またまた長文失礼しました。
    会ったこともないわたしに色々なメッセージ、嬉しかったです。

    • みゆき より:

      みなみさん、こちらこそ会ったこともない方にズケズケとすみません…
      自分と重ねてみてしまい、なんか熱くなってしまいました。
      みなみさんはみなみさんですよね。
      応援しています。一緒にがんばりましょう。

  4. みなみ より:

    いえいえ、ズケズケなんてそんなことないです。時間を割いて色々言っていただき嬉しかったです!ずぅずうしいですがこれからもどんどん言ってもらいたいです^ ^
    これからもちょくちょくコメントさせてください。ブログ楽しみにしてますね!

コメントを残す

お金のことの関連記事
RECOMMEND