50代友人への誕生日プレゼントと、最高の、最高の生活

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

5歳と3歳の息子ふたりを育てながら、共働きのお金、子育て、仕事などについて書いています。

 

先日、古くからの友人の誕生日でした。

彼女に初めて会ったのはもう…18年前くらい…?

 

ひと回り年上の、女友達です。

お互いの誕生日プレゼントを贈り合い、年に2回ほど会って話す、

長い長い友人です。

 

独身で子供もいなく、カバンのデザイナーとして30年以上働いている彼女。

つまりもう、

物はあまり欲しいとも思わない。

だよねー…わかる。

 

でも何かしら、気の利いたものを送りたくて、毎年頭を悩ませます。

毎年恒例の、彼女が大好きなひまわりの花束と、

そして今年は、これにしました。

 

これの、ディナーフォークとスプーンを2セット。

 

プレゼントは宅急便で送り、後日ランチで会いました。

 

プレゼントは気に入ってくれて安心。

 

「カトラリーって高くていい物なんて、なかなか自分では買わないよね~。」

というやり取りののち、

 

「でもさ、もうホント、欲しい物ないよね~。」

 

という話になりました。

 

私も既にもう、自分の物は特に欲しいものがなくなってきました。

 

大体の出費は、子供が理由な気がします。

 

そんな彼女とは最近もっぱら、この話題に終始します。

 

老後の過ごし方。

 

いや、だってさ、『老後』って長いよ?

 

そしていつもこの話題。

 

最高で最強の老後の生活。

 

女友達と、シェアハウス。

同じマンション。

長屋。

 

なんでもいいから、女友達と近くに住み、

常に行き来して、

ワーキャー言いながら暮らしたい。

 

夫?

なぜ私が、『女友達と』と言いがちなのか。

それはきっと、

 

女性は自分のお世話は自分でできるし、

自分の機嫌は自分でとれるから、

というのがいちばんだと思う。

 

嗜好の合う女性と一緒にいると、

プラスなことしかない。

 

楽しいし、こちらが大変な時には献身的に助けてくれるし、

こちらの気持ちを害さないような配慮をしてくれる。

 

でもそれはつまり、

そういう人であれば、本来女性だろうが男性だろうが、

どっちでもいいのだよ。

話変わるようですが、先日プールへ行った際、夫が言いました。

 

「もう20年くらい履いているこの海パンのゴムが緩いのだが。」

 

「100均でゴム紐買えば直るよ。」

 

後日、勤務先の近くの100均でゴム紐を買い、

私に直してくれと頼む彼。

 

家庭科の授業はあったんだろうけど、

料理にしてもお裁縫にしても、

自分でやるもの、できるものと思っていなかったようで、

ゴム紐を入れることすらできません。

(料理は最近メキメキ上手くなり、私より向いていることが判明。)

 

「やったげるけど、やり方も教えてあげるね。」

 

と言ったら、

 

「うむ、たのむ。」

 

と。

 

お裁縫ひとつ、できないからと言って、どうといったことはないのかもしれません。

お互いが得意なことで補い合えばいいのかもしれません。

 

でも、得意じゃないのと、できないのとでは違うと思いますし、

お裁縫ができないのと、

ビーフ・ストロガノフが作れないのとでは違うと思います。

 

言葉や

表情

声色

身振り手振り

行動を通して、

 

労わりあい、

思いやりを尽くしながら、

 

かつ楽しく暮らしたい、

それが私の思う、最高の老後の過ごし方です。

父と母を見ていてもいつも思います。

 

所構わず、ボロボロとクズを落としながら物を食べる父と、

毎回同じようにそれを怒る母。

 

「もうっ、テーブルの上で食べてくださいって言ってるでしょ。

誰が掃除すると思ってんですかっ!」

 

何も言わずに、ニヤニヤする父。

 

このやりとりが象徴するいろんなものが、

苦々しいと言うか、

でもそれが彼らの平和なのか、と思ったり、

 

とにかく見るたびに頭がグルグルします。

 

夫婦も、家族も、老後も、

きっとどんどん、新しい形になるでしょう。

私と夫はどんな形にしたいのか、少~しずつ、考え始めてもいいのかも。

 

あなたの『最高の生活』は、どんなものですか?

 

シニア・中高年日記 シニア日記ブログ・テーマ
シニア・中高年日記

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND