孫の顔、見たい?親孝行とは。

 

おはようございます。みゆきです。

 

次男が5歳になりました。

 

↑私のお店です♪ウフ♪

 

 

姉がくれた誕生日プレゼント↓

次男の誕生日だけど、もちろん同じものを長男にも。

チョコレートを溶かして型に入れて、

お菓子の家を作るってやつです。

(完成形の写真を撮り忘れた!痛恨のミス!)

created by Rinker
ブルボン
¥1,380 (2021/03/05 15:40:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

もちろん盛大に親が手伝いましたが、

簡単にできるのでちょっとしたイベントにいいですよ。

 

 

7歳と5歳。

おじいちゃんとおばあちゃんである、私の両親にも電話させました。

もう1年以上会ってないのかな。

今度ドライブスルー的に会いに行こうか考えていますが、

どうしようかな。

 

私の姉は子供がいないので、

うちの息子達が私の両親の唯一の孫です。

 

姉は日本に帰国してから、

私よりも頻繁に両親に会いに行き、世話を焼いているので、

妹としてね、こう言ったんですよ。

 

「親孝行してくれてありがとう。

私ぜんぜんしてないや。」

 

そうしたら姉はこう言いました。

 

「孫産んだんだから、もう十分じゃない?」

 

そっかと、思ったんですが。

でもさ、

自分も親となった今、

まだ7歳と5歳だから話が早すぎるものの、

孫の顔、見たいか?

 

いや、もちろん、孫が生まれたらムチャクチャかわいいと思いますよ。

自分が産んだ子供のまたその子供なんて、

すごく不思議な気持ちですが、

すごくかわいいでしょう。

できたらすごく嬉しいと思います。

 

でもさ、それって【親孝行】なのかな?

(親孝行ってそもそも…?という議論は今日は置いておこう)

 

うちの両親も言っていたような気がしますが、

とにかく子供が幸せに暮らしていてくれることが、

いちばんの親孝行、かなって。

孫を【親孝行】とは捉えないんじゃないかなと、思いました。

 

人それぞれですかね。

わかりませんが、私は別に、息子たちが結婚しようがしまいが、

孫ができようができまいが、

彼らが幸せならどっちでもいいのですが。

 

 

昔息子が、姉と無邪気に会話していました。

 

「ねねちゃんは誰と住んでるの?」

 

「ねねちゃんはひとりで住んでるよ。」

 

「えっっっ!?ひとりなの?

ひとりで住んでる人もいるの!?」

 

「(笑)そうだよ。ひとりで住んでる人もいるよ~」

 

「ねねちゃんは、結婚してないの?」

 

「昔してたけど、いまはしてないよ。」

 

「結婚してない人っているの!?」

 

「いっぱいいるよ~(笑)」

 

今の息子たちの回りにいる大人は、

先生、またはお友達のパパやママ。

ママと同年代のねねちゃん(私の姉)が結婚していないことを知り、

世の中には結婚していない人もたくさんいるということを知り、

驚いていました。

 

長男「長男クンは、大人になったら結婚するの?」

 

私「どっちでもいいんじゃない?

結婚したいならすればいいし、したくないならしなければいいし。」

 

長男「そうなんだ。しなくてもいいんだね。」

 

私「そうね、結婚はしなくてもいいけど、

お友達でも恋人でも、一緒に遊んだり、一緒のご飯を食べたりできる人は、

いたほうがいいとママは思うよ。」

 

 

私は独身時代も、

『親に孫の顔を見せる』

というのはあまり意識したこともなく、

プレッシャーに感じたこともなく、

ただ単に自分が欲しくて産んだのですが、

そういうのがプレッシャーだったという人もいるんですよね。

(本で見た)

 

それも時代なんでしょうか。

私は親として子供にそこは求めないというか、

思いつきもしなかったのですが、

やっぱり孫の顔を見たいというよりも、

子供を持って『身を固めて欲しい』みたいなことだったのかな。

 

でも親である大人なら、

子供を持ったからって必ずしも『固まるわけじゃない』って

知ってるんじゃないかな~・・・

 

いやいやとにかく、

まだ5歳になったばかりです。

 

 

 

 

おじいちゃん・おばあちゃん大好き☆

孫、だーい好き

親孝行

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND