最新版 我が家のおうち戦略

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

都内東部で、5歳と3歳の息子ふたりを育てています。

子供が大きくなるにつれ、手狭になる家について、

ずっと悩ましく思っています。

 

結婚当初、子供がひとりで終わりなのか、ふたり産まれるのかなんてわからず、

とにかくとても気に入った家を購入しました。

 

5線6駅が徒歩圏内にあり、

昔ながらの住人が多いためにピンポイントに治安が比較的安定していて、

スーパーもちょっとした街も近くにあって、

 

12階角部屋で良すぎるほどの日当たりがあって、

ベランダが広くて、

小中高の学校もすぐ近くにあって、(都立中高一貫校も徒歩圏内)

お友達もたくさんできて。

唯一の難点となり得るのが、広さ。

71㎡”2LDKです。

(どこかで違う㎡数を書いたかもしれませんが、ちゃんと調べなおしたら71㎡でした。)

 

マンションならではですが、

収納も小さく、小中高大学生ふたりを抱えて、ずっと住み続けられるかと言われたら、

できなくはないけど、結構工夫が必要だと思われます。

 

これまで何度か夫と話し合ってきましたが、とりあえず最新の方針が出ました。

 

①なんとかこの地域で探す

どこだって住めば都なのだと思いますが、

結婚以来この地域に住んでいるので、なんだか夫も私もすごく愛着がわいています。

息子たちもここで生まれ育っているので、できればこのままエリアを移さずに行きたいです。

 

子供たちに転校させるという負担も、可能な限り避けたいです。

 

②そしてやっぱりマンションがいい

どう考えてもズボラな私に、曜日が決められたごみ捨て、

そして戸締りができるとは思えません。

そこに神経使うなら、別のところに使いたいのです。

 

この近辺には細長い戸建てしかない、ということも。

 

③しかしこの近辺のマンションの主流は~60㎡!

やっぱり一人暮らし世帯が増えているからでしょうかね。

広いマンションというのは、とにかく少ないです。

新築で建っているマンションも、50㎡、60㎡が大半。

 

④でも、狙えばあるんです!

そうです、狙っているお宅が数件、ピンポイントであるんです。

ハイ、お隣!(90㎡超え)

そして下の階の80㎡超えの数部屋!

 

同じマンション内で買い替えられたら、かなり嬉しいです。

可能性は低いと思いますが。

 

うちのマンション以外でも、少ないながらもなくはない、

この地域の80㎡超えマンション。

逃さないよう、そろそろ網を張り始めようかと思っています。

 

不動産屋さんに声をかけておいて、

この近所で、80㎡超えの中古マンションが出たら連絡をもらえるように。

 

⑤忘れちゃいけない、私の事務所(倉庫)

いまは家で仕事をしているために、普通の自宅よりは少しスペースが必要です。

そして子供服の在庫も、いまは自宅のクローゼットに入れています。

 

子供服は平たくて軽くて小さいのでそこまでスペースは取りませんが、

とはいえ今後もどんどん増えていく予定の在庫は、

外に事務所なり倉庫なりを借りる想定です。

 

⑥できれば大学まで自宅から

小中高大学生ふたり、と書きましたが、

よく考えたら大学生をひとり暮らしさせるほうが、

経済的負担は大きいわけです。(仕送り)

 

都内に自宅があるなら、特別な事情がない限り、

できるだけ大学卒業までは家にいてもらいたいと思います。

 

大学を出たら、とっとと出て行っていただく予定です。

 

⑦でも本来なら賃貸がベター

子供が独立するまでの限られた期間の話なので、

可能なら賃貸の広いマンションを借りたいのが本心です。

夫婦ふたりだけの期間のほうがずっと長いわけですから。

 

その間今の家を貸して家賃収入があれば、

いい感じのキャッシュフローになるでしょう。

 

しかしいかんせん、80㎡超えの賃貸も、この辺りにはとんとありません。

だったら分譲のほうがまだある。

 

いろんな事情を鑑みて、この戦略でひとまず。

 

でも、今の家、本当に本当に大好きなんです。

できることなら老後、夫ふたり、またここへ戻ってこれたらいいのに。

 

ああ、お隣さん、売らないかなぁ・・・

 

にほんブログ村テーマ 住宅購入のマメ知識へ
住宅購入のマメ知識

にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND