おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

先週金曜日、『ワーキングマザー的起業ワークショップ』を開催いたしました。

なんとなんと、当初予定にはなかったのですが、急遽私の先輩の

nest interiorの千葉さんも参加してくださり、とても贅沢なワークショップとなりました。

 

オンラインショップを始めて5周年の千葉さんと、

オンラインショップ歴3ヶ月&雑食系フリーランスの私。

 

私が、自分のこれまでを振り返って、

『いちばん聞きたかった話』を私なりにまとめてお話させていただきました。

私自身がいちばん苦しんだ、

『起業して何をするのか』の部分、

誰も教えてくれなかった部分。

 

あくまで考え方であって、

『聞けばすぐにあなたに最適な仕事がわかる!』

なんて即席ソリューションではありませんが、

聞いてくださった方々の脳みそを掻き回せたような気はしています。

 

後半は、私や千葉さんに、あんなこんな質問をいただいたりして、

私たちの試行錯誤の生の話、なんかを、

知っている範囲でお話させていただきました。

 

『どうしたら事業がうまく行くか』

というところは、私だって教えて欲しいくらいなのですが、

これだけは、私も千葉さんも、何度も言った気がします。

 

起業は決して、別世界の話ではない。

既に会社員として何年も普通に働いている時点で、

その同じ熱量を持って取り組めば、きっと起業もなんとかなる。

まして、『ワーク』×『マザー』という

綱渡りしながらジャグリングしているような難易度とプレッシャーの高いことをしている方は特に、です。

そして、『マザー』時点で私は、既にそれなりの対応能力はあってしかるべきなのだとも思います。

 

結局は、『熱量』の話。

本人が、どれだけやりたいのか、やりたいことをやっているのか、という話かな、と。

会社員の場合、たとえどれだけ仕事にしっくりいっていなくても、

日々の仕事はやるように仕向けられるのでやれるわけですが、

それがひとりビジネスとなると、誰もやれとは言ってくれないので、

気の乗らない作業はなかなかできないです。

自分の気持ちだけが頼りです。

 

集まっていただいた方々も、それぞれ全く違う状況の中、

でも同じように『仕事』『業』について真剣に考えておられました。

 

でもこれも、いまになると実感できます。

 

会社員の総合点は、やはり高いです。

安定収入の良さは、なくなってみると更に、わかります。

だから会社員を続けられる、続けたいのであれば、やっぱり会社員はイイです。

 

最近、息子たちにこう聞くと、ちゃんと答えてくれるようになりました。

 

「ママの仕事は、なんでしょーかっっ」

 

 

「お、お、お、およーふくやさん!」

 

 

「せーかい!」

 

お金のコンサルティングのほうの仕事のことも、おいおい教えていきたいと思います。

小さいころ、『仕事』という概念が一向にわかりませんでした。

父が毎日スーツを着て会社へ行っていたことは知っていましたが、

『カイシャ』というところで何をしているのか、さっぱりイメージがつかめませんでした。

なんなら高校生くらいになっても、いまいちわかりませんでした。

↓この話じゃないですが、

 

やっぱり人生の中でいちばん長いともいえる社会人の世界のこと、

学生の時から少しずつイメージさせてあげたいな、と思っています。

お洋服屋さんのような比較的子供にもわかりやすい仕組みのものから、

お金のコンサルティングのように、なかなかわかりにくいものまで。

 

とにかく、『起業』というニッチな話題について、

集中して話し合うという、とても濃く、贅沢な時間でした。

お越しくださったみなさん、ありがとうございました。

私にとっても、とても刺激的な時間でした。

みなさんが今後、起業するにせよしないにせよ、

『どんな良い解決方法』を見出されるのか、楽しみにしております!

 

 

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND