スポンサードリンク

 

おはようございます。ワーキングマザ・サバイバルのみゆきです。

我が家は基本的な洗濯は私が担っていますが、夫が仕事に着ていく服(少しちゃんとした?Tシャツとズボン)は彼が自分で洗っています。

洗い方にこだわりがあるようで。

先日の朝、子供を保育園に送っていく夫が、出る前に仕事着を洗濯機に入れてスイッチを入れて、そのまま出かけました。

私は、何も言わないけど「干しておいてね」ということか、

頼むのを忘れたのか、そんなとこだろうと、洗濯機が終了したところで特に考えもせずに干しました。

すると玄関が開く音。

彼は、保育園に子供らを送ってきた後、一旦家に戻って自分で干すつもりだったそうです。

元々午前休の日だったとか。

「あ、干しといたよ」

「え!?マジで!!!???えーーーーー!!!

ママが干すと首が伸びるから嫌だったんだよーーー!!!

あのTシャツは重いから、専用のハンガーで干さないと伸びるからー!!!

マジかーーー!!!ミスったーーー!!!言っておけばよかったーー!!!

ミスったーー!!!バカったーーー!!!バカだーーー!!!ミスったーーー!!!

(以降5分ほど繰り返し…)」

いや、別にいいんですよ。

もうこういうのには慣れてるし、腹も立たないし、傷ついたりもしません。

「ごめんね」と謝りました。

でも、どう思います?

私は、良かれと思ってしてくれたことには、気遣いを示すもの、と育てられたし、

そういうものだと思ってずっと生きてきました。

私が同じ状況になったら、

「あ、ありがとう。でもごめん、専用のハンガー使いたいから干しなおしてもいい?

せっかく干してくれたのにごめんね?」

と言います。

 

夫にしても、私を責めているわけではありません。

責めているのは、ちゃんと言っていかなかった自分。

そこに、良かれと思って干してあげた私への気遣いがない、というだけです。

 

こういうことがあるたびに、

こんなにも違う人間が一緒に暮らしていく意味ってなんだろう?

と考えさせられるのです。

共に子供を育てていく、というのはわかります。

そこは納得いきます。

 

では、子供が独立した後は???

子育てはあと15年もすればほぼ終わりますが、結婚は本来一生続くものです。

彼との根本的な価値観の違いに出会うたびに、私はそこに意味があるのか、と自分に問い続けてきました。

 

だって、意味がなかったら続けられないっっ

夫自体は、まれにみる素直な人で、良き夫、良き…違う…良きになろうと頑張って、実際に変わってきています。

彼に問題というか、彼は悪くありません。

もう…助けて~…と思っていた時です。

たまたま何かのサイトを見ていたら、私が勝手に心の師としている鴻上尚史氏が、人生相談を始めるということで、相談を募集しているではないですか。

私はこの人の言うことは死ぬまで追いかけると決めています。

とにかく彼はいつも、私に生きるヒント、希望、指針となる言葉をくれるのです。

 

鴻上さ~ん!!!助けてー!!!

とガーッッッと『結婚に意味なんてあるんですか!?』”悩み相談”を送ったところ、

忘れたころに、編集者さんから連絡が。

「あなたの悩み、採用します」

 

マ、マジかーーーー!!!

答えてくれるのかーーーー!!!???

 

もうね、首を長~くして、鴻上氏の答えが読める日を待ちわびていました。

そしてご丁寧にも、掲載誌まで郵送で送っていただきました。

ウェブにも上がったので、皆さんにもお知らせします。

私のように『結婚の意味』を求めている方がいれば、参考になれば幸いです。

記事は、こちら⇒

(相談者:40歳 女性 すす)というのが私です(笑)

せめて投稿者の名前を”みゆき”にするべきだったと後で気づくほどに、素で悩みをぶつけました(苦笑)

私は思春期だったのか…

鴻上氏の言う通り、確かに私は『結婚の思春期』にいるのでしょう。

人生に意味を見出そうともがき苦しむ『人生の思春期』は覚えがあるので、確かに言われてみると納得。

そして私が『結婚の意味』を考え続けているのは、

「結婚にはきっと意味があるはず」と思い込めていることの証。

 

あああああぁぁぁぁ…

鴻上さん、シュキ…

 

引用はあえて少なくしておきます。

興味のある方は、リンク先AERA.dotの記事を読んでいただければと思います。

 

掲載誌を夫も読みました。

そして、こう言いました。

 

「さみしいな」

 

だからこう問いました。

「じゃあ、あなたの思う『結婚』てどういうもの?」

 

「え?!それは…こう…人生を共に…過ごす…?」

 

そうです。

私はあなたと、人生を共に過ごしたいと思っているんです。

だからこそ、だからこそ、どうしたら両者が我慢せず、心地よく、幸せに

『人生を共に過ごせる』のか、それをずーっと考えていたんです。

ここでもさんざん彼に対する文句を書き連ねてきました。

確かに文句もたくさんありましたし、まだ毎日ありますが、同じくらい彼のことが人として好きなのだと思います。

すべてを凌駕してしまうほどの素直さや、本質をシンプルにつかむ力、表現ができないだけの底なしの優しさ。

 

週1、2回会うだけの生活とひと言で言っても、実現の仕方は無数にあるということ。

必ずしも別々に暮らす、わけではないということ。

東京にひとつ、田舎にひとつ、とふたつ家を持つことができて、それぞれが好きな時に好きなほうにいれば、

結果的に週1回しか顔を合わせないことになるかもしれません。

 

私が彼をATMマシーンとして好きなのではないのと同じように、

彼にも私を、家政婦として好きでいて欲しくないのです。

この結婚の意味をとことん突き詰めることは、私の彼に対する愛情の証だったんじゃないか。

鴻上さんの答えを読んで、思いました。

 

生きるのも修行。結婚も修行。

でも、修行の中にしか、とびきりの楽しみも喜びも革命も、ないのかな。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

そのポイントでランキングが上がる仕組みです。

日陰もんの身ですが。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

コメント一覧
  1. まりちゃみ より:

    みゆきさんすごいですね!!相談が採用されるなんて!!しかも第1回目!!さすがです!!
    さっそく記事を読ませていただきました(^-^)鴻上さんのことを存じ上げなかったのですが、言葉のひとつひとつに納得し、くすっと笑ってしまいました。特にお気に入りのフレーズは、
    『長く共にいる夫婦の基本感情は「不機嫌」です。わはははは。』
    です(笑)最後の、わはははは、が最高です(笑)なんか肩の力がふっと抜けた気分です(*´∀`)
    あと、理想の結婚までに旦那さまが料理と洗濯ができるようになっておかないと、という部分。みゆきさんの旦那さまは洗濯についてはもうばっちりてすね!今回のブログを読んでそう確信しました(笑)
    みゆきさんが師と崇める鴻上さんについてもっと知りたいのですが、おすすめの本などあれば教えていただけますか?!

    • みゆき より:

      まりちゃみさん、ありがとうございます!
      「さすが」とかではなく、もう必死で悩みをぶつけただけです…
      もうホントに、素でした。。

      まりちゃみさんが最後の『わはははは』を良いと思ったように、彼の言葉はいちいちわかりやすい上に、絶妙な間でスコンと力の抜けるようなことを挟んでくるんです。
      それを何度も何度も読んでいるうちに、『もう一生ついていくっ』と思いました。
      本業は演出家さんなので舞台も見に行きますが、本も最高です。

      https://workingmothersurvival.com/25900305/
      以前紹介した本↑も良いですし、『空気と世間』も名著ですし、
      SPA!の連載エッセイをまとめたドン・キホーテシリーズは前作持っています!
      ぜひぜひ読んでみてください。

  2. ようこ より:

    旦那さんの言い方、私なら本当に無理ですー
    まずは、ありがとうじゃない?って逆に切れそうです。そして傷つきます。
    子ども連れて実家に戻るかも。

    とは言えうちの旦那も思いやりに欠けるので人の旦那さんの事ばかり言えません。
    エピソードも沢山あります。
    普通に話してくれれば円満なのに本当にもったいないと思います。

    話は変わりますが
    沖縄では2才からショップによりですがシュノーケルツアーが開催されてます。
    海が怖くない子は、ウェットに救命胴衣つけてやります。
    是非信頼できるショップで初めてのシュノーケルをやってほしいと思います。

    • みゆき より:

      ようこさん、私だって無理なんですー。。
      でも、以前に比べたらずいぶんよくなったんです。以前なら、私を責める言葉に終始していたと思います。
      何度も何度も傷つきました。
      でも、人って不思議で、無理ーと思うほどのこともあれば、すごく良いところもあって、全部がひとりの人間のいろんな側面で。
      ようこさんの旦那さんにしてもきっとそういうことなんですよね。
      そうなんですよ。私たちにしたら、「普通に話してくれれば」って思うんですが、彼にしたらこれが普通なんですよね。

      2歳でシュノーケルツアーってできるかな。すごいですね。
      絶対やりたい!もうちょっとしたらきっと行きます!

  3. まりちゃみ より:

    みゆきさん、おすすめの本の紹介ありがとうございました(^-^)さっそく読んでみます!

コメントを残す

夫のことの関連記事
RECOMMEND