スポンサードリンク

 

友人に言われたことが頭から離れません。

 

それを行った友人は子供のいないバツイチ女性なんですが。

子供が生まれても家事&育児に充分参加してくれない旦那の文句を言っていたら、

 

「愛する妻が大変で困っていて助けないなんて、

どれだけ自分勝手なんでしょうね・・・」

 

すごくシンプルなことを言ったんですが、
とても的を得ていて妙に納得したんです。

 

ただただ、本当に、純粋に、自分がかわいいから、

自分が大変になることは、極力したくないんだな。

 

今思う、理想の旦那を思い描いてみます。

 

①毎日私と同じ時間(18時半)に仕事を終えて家に帰ってくる。

(多少収入が下がっても可)

②週の半分は、ご飯を作ってくれる。

③週の半分は、子供を寝かしつけてくれる。

④毎日、子供と同じ時間に起きてくれる。

⑤もっと言い方に気をつけてくれる。

 

 

 

これくらいかな・・・
思ったほど多くなかったな・・・

私はやっぱり贅沢なんでしょうか。

 

とはいえ遺伝子レベルで、女性は家事&子育てに向いているということは、
私も納得しました。
遺伝子レベルでは、男性の注意は家のことや子供へはあまり向かないようです。

なら私が働いていることがバカみたいに思えてきて、

いっそ仕事をもっとセーブして、経済的にはもっと旦那に世話になったほうが、

いろんな意味で幸せなのかもしれない、
と思うことも多いです。

 

でもそこで私がくじけたら、
お金を盾に旦那が強く出るのが目に見えています。

だから歯を食いしばって、頑張るしかないんです。

こんな風に書いている旦那ですが、ごく普通の善良な男です。
暴力も振るわないし、借金もしないし、ギャンブルもしないし、
口が悪いけど優しいところもたくさんあります。

 

私がこんなに大変なのはすべて旦那が悪いわけではなくて、
社会の状況的に仕方の無いことも多いです。

でも文句ばかり言いたくなるのは、だってやっぱり、
一緒に戦ってくれる戦友だと思っていた人が、
【指示待ち】の姿勢だから。

 

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND