子供を縛り、背中を押す親からのメッセージとは

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

よく姉とも話すのですが、

ありがたいことに私たちは、

良い意味で『ごく普通の』ありふれた『幸福な』家庭で育てられました。

 

親の愛情を疑ったことはなく、

しっかりとした『土台』をもらったと、事あるごとに思います。

とても幸運なことだし、親にも感謝しています。

親になればなおさら、感謝します。

 

父は、高卒~定年までひとつの会社に勤め続けました。

『経済的に家族を支えることが父親の務めだ。』

という昭和の典型を死守したと思います。

 

穏やかで善良な人だと思います。

そんな父から、私はメッセージをひとつ受け取ったと思っています。

 

それはこんなメッセージです。

 

『人と違うことをしなさい。』

事あるごとに言われた記憶もありますし、

人と違うことをすると、父はとても嬉しそうでした。

そして母。

こちらも良くも悪くも昭和の典型のような、

結婚して専業主婦~子供が大きくなってからパート。

とても素直で、善良な人だと思います。

 

母からのメッセージは、これ。

 

『なんでもひとりでできるようになりなさい。』

 

親が子に伝えるメッセージは、意図していたりいなかったりすると思うのですが、

親本人の人生も反映しているのだと思います。

 

『人と違うことをしなさい。』

『なんでもひとりでできるようになりなさい。』

 

これらのメッセージが、

時に私を呪いの如く縛り、

かと思うと、私の糧や羽根にすらなる時もあり、

 

親からのメッセージって、そういうものなんだな、と思いました。

姉に言ったら、

 

「それでいいんじゃない?私も同じ。」

 

と言っていました。

 

自分の子供にひとつだけメッセージを送れるとしたら、

あなたならなにを送りますか?

私なら・・・

そうだなぁ・・・

 

と考えていたんです。

 

兄弟だからと言って、

同じメッセージを送る必要もないんだろうな、とも思いました。

 

姉も、私と同じメッセージを受け取っているとは限りません。

 

でも私なら、いまのところ、コレです。

 

『自分の好きなことを見つけなさい。』

 

子供は、人は、親以外からもいろんな人、ものから、

メッセージを受け取り続けると思うんです。

 

全部が全部、親から伝えられるとも思っていませんし。

それなら私が伝えたいのは、と考えると、コレかな、って。

 

何をしていたって、していなくたって、

大変な時、辛い時、しんどい時は来るんです。

そんな時の最後の頼みはやっぱり、

『好き』という気持ちだったりするんじゃないかな、って、

自分のこれまでや今を考えても思うのです。

『好き』と思えることをしている人は、

土壇場で辛抱強く、踏ん張れるんじゃないかな、って。

 

大変な時こそが『生き時』なのは多分事実なんですが、

渦中の時には絶対そんなことは思えないので、

あとはもう、

『好き』とか『情熱』とか、そういう話なんかな、って。

 

あー・・・でも、

考えれば考えるほど、

他にも伝えたいことが出てきました。

 

『世界は広い。』とか?

『好きな人は大切に。』とか?

『諦めないこと。』とか?

 

『人と違うことをしなさい。』

そう言われて育った私は、

人に迎合することがとても苦手です。

 

でもかと言って、あまりにも人と違うのは居心地が悪いので、

そのちょうどいいところが見つかるまでに時間がかかりました。

 

『なんでもひとりでできるようになりなさい。』

そう言われて育った私は、

人に頼むこと、人を頼ることが苦手です。

なんでもひとりでやったほうが早い、と感じてしまいます。

 

でも大人になると、子供を持ったりすると、そんなこと不可能なので、

そこに順応するのが大変でした。

 

しかし、しかし。

このふたつのメッセージが合わさった形がまさに今の私の日々なんですよね。

 

ひとりビジネス。

人と違うし、なんでもひとりでできるとは言えないけど、

サポートを得ながら、ひとりでやらなきゃいけない範囲が比較的広いです。

 

それで今の私が不幸ならダメなんですが、

なんとこれまた、人生史上最高に居心地がいいんです。

 

うーん・・・そう考えると、

親のメッセージって中年になってから効いてくるというのは、

本当だったのかな。

 

いやいやでも、親になるってすごいことだなぁ。

 

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

コメント一覧
  1. とら より:

    私もまずは自分のもらったメッセージについて、色々考えてみました。

    母からは経済的に独立しろ、ですね。高校生くらいから言われてました。母は子育てが終わる前から義理の両親の介護したりで、ほんとうは外で働きたかったようです。でもまあ、当時はいい迷惑でした。普通に親からお金出してもらう友達がうらやましくて。

    父からはなし、です。いやー、ほんとうにないです。家にいたはずなんですけどね。ビックリ…

    親のメッセージって深いですね。私がこどもらには、自由にやりなさい、かなぁ。もう少し考えたいです。

    • みゆき より:

      とらさん、そうそう、自分が親に何をもらったか、考えてみると面白いですよね。
      いまになると、親も自分と同じように『人間』だったのだと実感できます。
      もらったメッセージが何であれ、
      時に呪縛になり、でも時にそれが励みになったり、
      そんなときが交互に来るもんなのかな、と思ったんです。
      助けになったり、反面教師になったり、両方だなと。
      深いんですよ、親の人生のことも考えたりしました。
      私もまだ、考えがまとまっていませんのでまた考えてみます。

  2. ゆげ より:

    母からのメッセージの発信の仕方が
    「女性は経済的に自立しないと、
    自分のようになる。(結婚、出産など
    ライフスタイルが変わっても)
    一生働き続けられる職につきなさい 」
    とネガティブな感じだったので、
    ずーっと呪いのように感じていましたが、
    みゆきさんの文書を読んで、
    好きなより、
    「(妊娠、出産、育児中でも)
    働き続けられる環境」を選択した
    良い面に気がつく事が出来ました!

    てもやっぱり子供に伝えるなら、
    私も「好きな事を見つけなさい」
    にしたいな~と思います(笑

    • みゆき より:

      ゆげさん、私も最近まで、ずっと「呪い」だと思ってきたんです。
      なんか縛られているような気がして。
      でもふと、ポジティブな面に気づいた瞬間があったんです。
      そしてそれ以来、さらに自分との付き合い方がラクになって、親としてのプレッシャーも少し軽くなった気がしました。
      それまではいかにしてポジティブなメッセージを子供たちに贈るか、と考えていましたが、
      親から一方的に託されるメッセージは、ネガティブな部分もあって仕方がないんだと、思えるようになりました。
      メッセージなんて受け取り方次第なんですよね。
      私の親も彼らなりに、彼ら自身の人生を踏まえてのことだったと思うので、その上での、子供である私の存在があるわけで、
      そこに深い意味のようなものも見つけられたような?
      ・・・で、最終的に、「親になるってすごいことだな。」と思った次第です。
      ゆげさんのメッセージも、お子さんならではの受け取り方をしたり、するのでしょうが、
      いずれにしても楽しみですね。

  3. ゆげ より:

    ↑エラーになり何度も送信してしまいました汗
    スミマセン

    • みゆき より:

      ゆげさん、なるほど、そういうことでしたか。
      ではふたつ目、消しておきますね~

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND