病院で『1対1』の強さを知る もしかしてもっとちゃんとやったほうがいいかも

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

5歳と3歳の息子ふたりを育てながら、共働きのお金、子育て、仕事などについて書いています。

 

今の私の職業は、主に共働きのご家庭のお金回りのご相談を承るFPです。

(あと性別のない子供服店というのもやっています。)

 

これはまた別の記事で書こうと思っていたことなんですが、

私、病院へは積極的に行こうと思っています。

面倒に感じることもありますが、

基本的には

 

『まず病院』

 

と思っています。

 

子供然り、

自分然り。

 

理由① 保険料払ってるから。

私もあなたも、結構な額の保険料を毎月払っていますので、

払っているものを使わないのは変です。

 

理由② 調べても、予想しても、結局はよくわからないから。

ただの風邪でも、ひと晩ねて体調が回復しなければ病院へ行きます。

子供は熱が出たら、いつもと違う症状が出たら、とにかく病院へ連れて行きます。

 

どれだけググッても、

これまでの経験と照らし合わせても、

夫に聞いても、

 

結局はやっぱりよくわからないので、

医師の方と直接お会いして、症状を見せ、話し伝えて、

専門家の方の知識と能力をお借りします。

 

そして大抵の場合、

病院へ行けば治ります。

治療に時間がかかったり、別の病院へ行ったことはあっても、

病院へ行っても治らなかったことはありません。

 

いやね、そういう意味で私、

ワークショップの場は大事だな、と再認識。

 

普段主にメールでご相談を承って、メールで返信させていただいていますが、

やっぱり顔を見るって大事だな、と。

 

でもワークショップはやっぱり、

ある程度の人数で集まっていて、

おひとりずつの家計の話はできません。

そして遠方の方は、ワークショップへお越しいただくのは難しいでしょう。

 

そういう意味で、これまでそんなに大切だと思っていなかった

オンラインの1対1のセッション

もう少しちゃんとやらなきゃな、と思った次第です。

 

これまでも何度か、ご依頼をいただき、

特に遠方の方など、

Zoomというオンライン会話ツールを使って、

顔を見ながら、

1対1でワークショップを行わせていただいています。

 

しかしあくまで、『ご希望なら・・・』という記載にしていました。

なぜか、そんなに需要ないと思っていたので。

 

これまでやってみて、

ワークショップとは違い、割と終始、お互いにしゃべりながらセッションを進めさせていただき、

最後は口頭でピンポイントのご相談にお答えさせていただいています。

 

ワークショップにせよ、

メールでのご相談にせよ、

普段はお伺いしにくい、

 

その人それぞれの考え、悩み、不安、今の状態が、

Zoomのセッションだといちばんお伺いしやすいな、という実感でした。

 

メールでも、必要に応じて、ご質問にお答えする際に、

プライベートな質問を投げさせていただくことがありますが、

 

やはり顔が見えないので、

お気に触ったらいけない、という思いが先に立ち、

聞きたくても聞けないことがあります。

 

その点Zoomだと顔を見て、

言葉を選びなら、双方向で進めていけるので、

私としては突っ込んだこともお聞きしやすいです。

 

私なりに、

『これを聞けばいろんなことがわかる。』

という質問がありますが、

やはりお金のことになるとどうしたって

 

ズケズケ感

 

があり、なかなか悩ましい時もあったのです。

ということで、

単発でも、会員の方も、

1対1のオンラインセッション、もしご要望があればお知らせください。

 

メール(miyuki.watabe.kimidori@gmail.com)でもいいですし、

こちらから(⇒会員料金一般料金)ご購入いただけましたら私から日程調整などのご連絡させていただきます。

 

所要時間は大体2時間です。

日程は、

基本的には平日9時~18時の間ですが、

その中であれば柔軟に対応させていただきます。

お子さんの体調不良などでドタキャンも、別日程や返金などで対応可能です。

 

内容は、

普段のワークショップの内容や、これまでのご相談内容から

私が役に立つと思われる内容を抜粋して、

その方に合った内容をお伝えさせていただいています。

(事前にメールである程度お伺いして)

 

特定の分野、などご希望があればその通りのお話をさせていただきます。

ピンポイントなご相談もセッション内でお答えさせていただいています。

(調べものが必要なら後日メールで。)

 

※注意点:

保険やそのほか金融商品の販売などはしておりません。

投資の必勝法!などもお伝えしておりません。(私が知りたいくらいです。)

 

お金の不安なく、

お子さん、家族の未来を積極的に選んでいただけるよう、

もし私にできることがあれば。

 

いやしかしそのうち、

VR技術とかがもっと進化したら、

貞子ばりに画面から跳び出してお話しできたりして。


うん、それはちょっと怖いね。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND