見習うのか、反面教師にするのか、それは彼らの自由

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

いつだって生きていればいろいろあるんですが、

私ここ最近、とても幸せです。

私を大事に思ってくれる夫や友人、親や姉、大切な息子たちがいて、

好きな仕事があって、いい出会いに恵まれて、とても幸せだと感じています。

 

幸せは、得るものでも、与えるものでもなく、

 

実感するものである。

これは、仏教の本で読んだものですが、とてもしっくり来ます。

 

まだ億万長者ではないし、絶世の美女でもないし、私のことを嫌いな人もたくさんいるだろうし、

回りの人にもたくさん迷惑をかけてしまいますが、

バカみたいに幸せです。

 

でもそう思えるのは、いまの『生き苦しい』日本で、

空気を読んでも従わないという選択をすると、やっと吹っ切れたから、

というのもあるんじゃないかなと、この本を読んで改めて思いました。

 

前職は、外資系の企業でした。

全社会議やら、研修やら、社員の集まる場では、最後に必ず、

「質問のある人は?」

となります。

 

そうすると大抵、外国人の社員、もしくは帰国子女の社員などが質問をしたり、

ただ感想を言ったりします。

日本人の社員は、やっぱり基本的に私も含めて、質問はしません。

 

↑の本で解説されているんですが、

欧米で育つ人は小学校1年生から、

「あなたはかけがえのないあなたですから、あなただけの感想や質問が必ずあるはずです。それはなんですか?」

と聞かれ続けるそうです。

 

それはつまり、何かしら感想や質問をしないといけないという圧力。

 

逆に日本では、質問をするからには『ちゃんとした質問』をして、聞いている人たちをある程度感心させないといけない、

という圧力があります。

だから日本では、質問を当てられないように下を向きます。

 

アメリカに留学していた時も、いつも思っていたんです。

 

『なんだこの圧力は?』

 

「どう思う?」

「何がしたい?」

 

と聞かれて答える時、とにかくしっかりと主張しないといけないという圧力を、終始感じていました。

その代わり、答えさえすれば、答えがどんなものであっても、笑ったり、茶化されたり、無視されたりはしませんでした。

 

「いまは寝ていたい。」

 

と主張することは許されても、

 

「特になんでもいい。」

 

というのはあまり許されない空気でした。

 

それがおそらく、

『あなたはかけがえにのないあなたであって、あなたならではの考えがあるはず。』

という認識の現れでしょう。

 

いや、わかんないっすよ。

なんでもかんでも欧米が良いとは、ぜんっぜん思いません。

日本ほど清潔で便利な国はないと思いますし、母国サイコー!って感じです。

 

でもやっぱり、曰く『中途半端に壊れている世間』が残っている状態で、

圧力に従って空気を読み続けると、

なかなかに生き苦しく、そして、

幸せを実感するのが、私には難しかったです。

『あなたはかけがえのないあなたであるから、必ず感想や質問があるはず。』

 

と親が問い続けることは苦しいところもあると思いますが、

 

『あなたはかけがえのないあなただから、人と違ってもいいのだ。

誰が何と言おうと、いいのだ。』

 

というメッセージは、送り続けてもいいかな、と思いました。

そして、空気を読んでも従わない親の姿もきっと見るでしょう。

(夫も割とそっち系です。)

 

それを見習うのか、反面教師にするのか、それは彼らの加減で、彼らが将来決めてくれればいいかな、と。

 

↑の本でも繰り返し書かれていますが、

『世間』で生きることが当然の日本では、

 

人に迷惑をかけないように、

 

と育てられます。

私もそうでした。

母は特に、いつもいつも呪文のように、

人に迷惑をかけてはいけない、と言いました。

 

しかし以前にも書きましたが、

人に迷惑をかけないように教えるよりも、

人を幸せにすること、人の役に立つことを教えたほうが、

本人も、まわりの人も、きっとより幸福なんじゃなかろうか、

とまた思いました。

 

だって一生懸命生きながら人に迷惑をかけないって、すごく難しいですからね。

 

息子たちには幸せになって欲しい。

彼らの幸せって、どんな感じだろう、と考えてみたんです。

 

幸せは人それぞれだからこそ、

社会的規範や圧力に左右されるのではなく、

彼らが好きなこと、やりたいこと、それを追ってくれたら、

やっぱりそれが楽しいんじゃないかな、と漠然と。

 

そしてその中での拠り所として、

 

『自分とまわりの人を幸せにすること』に価値を置けたら、

理不尽な世の中で、

 

「幸せだな」

 

と実感できる人に、なれるんじゃないかな。

なってくれたらいいな、という気持ちです。

うまく整理できませんでしたが、ツラツラと書きました。

 

あなたの思う、あなたのお子さんの『幸せ像』って、どんな感じですか?

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND