マンション理事会で、世の中の大半の人がお金に困っている原因を見た!

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

以前も書きましたが、マンションの理事会が回ってきました。

 

まぁでも、そんなにイヤイヤではないです。

意外に知らなかったことを知れたりして、面白いです。

 

しかし先日の理事会&総会(住人全員で決議を取る会)で、

 

夫と私にはまるで理解できないことが議決され、

いや~、我々は少数派なのだな、と実感しました。

 

マンションはどこも、マンション全体で火災保険に加入しています。

住民個々でも加入しているはずですが、マンション全体でもマンションの共有財産を守るために加入します。

その更新時期だということで、その予算を決議するための臨時総会でした。

 

その保険料、5年で400万円超です。

マンション全体ですからね。大金ですよね。

 

管理会社が保険の補償内容と見積もりを出してきて、

それをそのまま決議しようとしていたので、

 

いやいや・・・補償内容って、このままでいいんですか?

 

と申したわけです。

 

火災保険の補償内容には、例えばですが、

 

『盗難』が含まれていました。

 

マンションの共有財産が盗難に遭った場合に、保障してくれる(保険金がもらえる)、という保険です。

 

「マンションの共有財産て、なんなんですか?」

 

と聞いたんです。

 

そうしたら、管理会社の方、なんて答えたと思います?

 

「いや~…普通マンションの共有財産てそんなにありませんので、

盗難、というケースは、滅多にありませんねぇ・・・」

 

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいや・・・・・

じゃあ、じゃあさ、

 

保険掛ける必要、ないでしょ。

 

簡単な話です。

 

盗まれる可能性がほぼ無いものに、保険を掛けるって言うんですよ、お姉さん。

 

だからね、こう言ったんです。

 

「盗難を対象から外したら、保険料安くなりますよね。

見積もり取りませんか?」

 

そしたら、理事さん、住民のみなさん、全員(ほとんど欠席だったのでその場にいたのは15名くらい)

VS. 私ひとり、ポツーン!!!

てなりました(笑)

 

見積もり取るとなると、

また臨時総会をやって、またみんなが時間を取って決議しないといけないと。

見積もり取るのにも時間がかかると。

保証内容変えたって、保険料はあんまり変わらないはずだと。

どこのマンションもこの保障内容でやっているんだから、これがベストなんだと。

そうでなかったら変わっているはずだと。

 

実際発言していたのは数名と管理会社の担当者だけでしたが、

もうその場の空気は、無言の

 

「そうだそうだ!

保険の話はこれで終わらせたい!

また次回へ持ち越しなんてヤダ!」

 

という声で充満していたので、引き下がりました。

 

その話を後で夫にしたら、鬼の形相で詰め寄られましたよ(笑)

 

「いやいや、バカだろ。なになに?みんな脳みそないの?

なんでわかんないの?

なんで必要ないものに保険料払うの?

いやいやいやいや!!!は?は?意味わかんねーんだけど(怒)」

 

5年間で400万円払う保険料、

不要な保障を外せば、保険料は数十万円は安くなったでしょう。

とはいえ約60世帯での負担ですから。

個々の負担額はそこまで大きくないかもしれません。

 

それを賢く安く抑える手間を惜しむということ。

保険に対する正しい知識が、あまりにも不足しているということ。

高齢者の生活保護受給世帯数は160万世帯を突破して、過去最多を記録し続けています。

高齢者自体が増えているので数字としてはそうなるかもしれませんが、

実は同じように全体数としては増えているはずの母子家庭世帯、障がい者を抱える世帯の

受給数は減っています。

 

そうつまり、高齢者世帯が困窮しているという傾向にあります。

『保険』というあまりにも強固な『イメージ』に対して正しい知識を持つことなく、

 

『そういうものだから』

 

と大金を支払い続けるとどうなるかと言うと、

 

保険会社はどんどん儲かり、

払うほうはなぜかお金が留まらなくて困窮することになります。

 

私もね、そういう時代があったのでよくわかるんです。

見積もりの取り直しをすると、

 

よくわからないからできれば考えたくない保険のこと、

『済』にできないじゃないですか。

それがなんかキモチワルイんですよね。

早く『済』にして、考えなくていいようにしたいんですよ。

 

いやでも益々、私の今の仕事の役割は、まだまだあるのだな、と思いました。

 

ちなみに個人で加入する火災保険についても、『盗難』の保険料は高めなので、

 

『本当に盗まれてまた買いなおしたいもの

 

があるのかどうか、思考停止せずに考えてから決めると、

本当に賢い保険術になると思います。

ちゃんと考えた上で、それでも保証をつける、という選択なら問題ないんです。

 

とにかく問題なのは、

 

『考えたくないという悪癖、

 

これに尽きます。

ことお金に関しては、

考えることを途中で投げ出した人は罰金(余計な出費)がかかるというのが、

世の中の仕組みです。

 

お金も保険も、決して難しくありません。

お金は大切に使いましょう。

 

にほんブログ村テーマ お金を貯める方法へ
お金を貯める方法

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

コメント一覧
  1. とら より:

    以前住んでいたマンションの管理組合では、一人熱心な方がいて、あい見積りの必要性を説いていましたが皆さん拒否モードでしたね。ちなみにあい見積りを説得していたひとは、高級外車に乗ってました。

    • みゆき より:

      とらさん、ホントですか!
      保険の見積もりを取り直す、合い見積もりを取るって、面倒だってことはわかるんです。
      私もいまだに面倒だとは感じます。
      でも、そこからのお得度合いの成功体験を一度でも経験すると、
      見積もりを取り直すことに躊躇する人のことが信じられなくなってしまいます。
      でも、そういう人のが多数派だからこそ、少数派が得をできる仕組みになってしまっているので、
      結局大勢の人が搾取されているわけで、そういうのはおかしいと思うんですがねぇ~

  2. ヒロママ より:

    うわ~。残念ですね。
    総会前に相見積取って検討しないときっと難しいんでしょうが、相見積を取ろうと思う方がその時の役員にいらっしゃるかは難しいですよね、、。

  3. ヒロママ より:

    ちなみにうちのマンションは昨年電力会社を、今年は保険会社を見直して、変更しましたが、いずれもサービス内容はあまり変わらないもので、なんとか可決となりました。
    一方、サービス内容が変わりそうな契約変更や、規約変更は、否決が多く、メリットがあっても難しい(通らない)ようです。
    民主主義は難しい、、。

    • みゆき より:

      ヒロママさん、確かに仰る通りですね。
      内容が変わらなければ、もちろん安くなるのは大歓迎という感じで、
      内容が変わる時点でものすごい抵抗があるようですね。
      民主主義では、間違いを冒す権利も認めているので、そういうことなんですよね。
      考えることすら嫌という気持ちも、わかるんですがね。
      お金が絡んでいなければ、私も割とテキトーなので、気持ちはわかります。

  4. さつこ より:

    損保会社勤務のヒラ社員からの意見ですが…
    特約1つ外して試算をするのに、時間はほとんどかからないと思います。
    ポチ、ポチぐらいです。
    しかも盗難補償って(各社多少の相違はありますが)、有価証券や現金の類は、◯◯円までしか補償しませんというアッパーが設けられていることが多いです。
    共有部分にそういったものがあるとも思えませんが。
    考えるのが面倒で、前年同条件でいいですっていう契約者は多いですね。
    事故がないと、保険の商品価値って見えずに終わっちゃうので、何もなかった人ほど同じ補償内容で更改しがちです。

    • みゆき より:

      さつこさん、なんと!損保会社の方から!
      ですよね~、見積もりって、別にそんなに長くかかりませんよね~
      そして、おっしゃる通り、すべてがすべて保険で弁償されるわけでもないですし。
      保険の内容をちゃんと見ない方って、きっと保険金が支払われても買いなおしたりしなかったりすると思うんですよ。
      なんなら儲かっちゃった、って思ったり。
      そもそも可能性が低いことですし、そこも含めて保険料を払う価値があるのか、本来はちゃんと考えないといけないことだと思うんですよね~

コメントを残す

お金のことの関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND