人の子育てを『観察』することも必要だな もしくはツーオペの恩恵か

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

息子ふたりを育てながら、共働きの日々を書いています。

 

ある朝の出来事。

またいつものように息子らが小突き合いを始めました。

お互いにちょっかいを出したり、

でもまだ力加減が完ぺきではないので、

途中でエスカレートしたり、泣いたり。

 

そんな拍子でまた、寝転がる長男が、

そばに座る次男を蹴飛ばし、次男が壁に頭をぶつけて泣きました。

 

「足の力は強いから気を付けなさい。

蹴ったらいけない。」

 

私も子供のころ言われたようなそんなことを、

夫が長男に言い聞かせようとしています。

 

私はちょうど、朝食の準備中。

 

夫の『子育て』は当然ながら私と違います。

 

「私ならやらない」ことを夫はしますが、

どちらが『正しい』とかではないので、

私は冷静に観察して、自分(や夫)の今後の子育てに生かそうと思います。

 

その時はたまたま夫が長男を羽交い絞めにして、

 

「蹴ったらダメ。覚えなさい!」

 

と言いました。

 

この叱り方は、次男には効果的でも

長男はもっとも嫌いなスタイル。

 

頭から煙が出そうに怒っているのがわかります。

 

大きな声を上げながら、パパに向ってつかみかかる長男。

 

「いてて・・・いてて・・・

だってさぁ・・・いてて・・・

長男クンが、蹴ったんじゃ~ん・・・いてて・・・」

 

そのままシャワーへ行った夫と、

まだ怒りの声を上げる長男。

なんで怒られたのかは、もうどっかへ行ってしまっています。

 

なるほど。

やっぱり、その子に合わない叱り方をしても、

『嫌だった』という思いだけを残して、

教えたかったことは抜け落ちてしまうのかな。

 

夫の『子育て』ができていない、という話ではなく、

自分とは別の人が、同じ我が子に接しているところを

冷静に傍から観察すると、発見がいろいろあるのでは、という話。

 

私だって自分が接しているときには、

トンチンカンな叱り方をしてしまうこともあります。

シャワーから出てきたパパに、

唸り声を上げながら詰め寄る長男。

パパに言いたいことがあるけど言葉にならないんだな、というのが見て取れました。

 

「嫌だったなら、『嫌だった。』って言えばいいんじゃない?」

 

長男「嫌だった!!!」

 

「あ、ごめん、嫌だったね。」

 

朝ごはんを食べている間に機嫌を直す長男。

 

朝の保育園への送りは夫担当。

私は朝食の片付けや掃除などをしているので、身支度も手伝いません。

 

上着を着ると言う次男。

着なくていいと言う夫。

揉めています。

 

じゃあ、と上着を着せるも、

ボタンを全部留めたいと言う3歳児。

ボタンなんて留めなくていいと言う夫。

 

一足先に玄関から外に出ている長男。

 

「じゃあ着ない!」

と上着を脱いで泣く次男と、

 

「もういいよ、いくぞ。」

 

と声をかけて自分も外へ出てしまう夫。

 

玄関で上着を握りしめ、

 

「うわ~ん!!!」

 

と泣く次男。

 

ここまで観察して、

介入。

 

「ママがボタン留めてもいい?」

 

グスン・・・コクン・・・と頷く次男。

 

ボタンを留めて、

「はい、できた。それいけ。」

 

と言うと、

 

「待ってー!」

 

と急いで靴を履いて跳び出していく次男。

 

玄関の外から、

子供らの大きな声が聞こえます。

 

「いってきまーす!!!」

 

『観察』ももちろんなんですが、

ツーオペだからこその、

 

一方が怒り、

もう一方がフォロー、

という構図。

 

逆の時もあります。

 

私が怒り狂い、

 

「ほらー、ママ怒っちゃったじゃーん。」

 

とフォローする夫。

 

きっと私も夫も、

子育てに向いているタイプではないから、

なんでしょうか。

 

ひとりでは、到底心が持たなかったと思います。

 

自分が叱る、怒る時も、

フォロー人員がいると安心してキレ散らかすことができます。

 

いやーホント、『子育て村』で暮らしたいです。

 

子どものいる暮らし。

++育児の穴++

子育てライフハック

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND