スポンサードリンク

 

二度上司と話したものの、

明確な最終出社日はまだ決まっていません。

 

聞くところによると、世の中の会社は

「辞めます」と言ってから実際に辞めるまで、

結構時間がかかるらしいのですが、

中途入社ばかりの流動性の高い外資系だからなのか?

辞めると決まったら、最終出社日は1ヶ月後くらいです。

 

引き止められるような有能な社員は話が別だと思いますが、

辞める人は大抵次の仕事を決めてから辞めるので、

そんなに長い時間かかっている人はいない印象です。

 

 

会社員をとりあえず辞めるにあたり、

手に入れておきたかったものを入手しました。

 

我が家のローンを組んだときも身に沁みましたが、

世の中において会社員の信用度は異様に高いです。

 

30歳そこそこの会社員の小僧が、頭金50万円で3,400万のマンションが買えるのに、

38歳当時のフリーランスのうちの旦那は、ちゃんと税金払っていても、

頭金2,000万でも審査に通らなかった銀行がありました。

(通った銀行もあったので買えたのですが)

 

ということで私も、会社員という身分を捨てる前に入手しておきたかったものを。

 

新しいクレジットカードです。

 

過去の記事にも書きましたが、ネットスーパーを西友.com→Amazon Freshに変えました。

そうなると、Amazonのクレジットカードが俄然気になります。

 

Amazonクレジットカードは、ClassicとGoldの2種類あるのですが、

私にはGoldのメリットがあまりないので、Classicにしました。

 

Amazon Mastercard クラシックとゴールドの違い

Amazonでの利用(※Amazon Prime会員の場合)

クラシック:2%

ゴールド:2.5%

 

カードに紐づけたAmazonアカウントの口座にポイントが加算されます。

 

Amazon以外での利用

 

クラシック、ゴールドとも:1%

 

年会費

 

クラシック:初年度無料、1回以上の利用で翌年以降も無料

ゴールド:10,800円

(※Amazon Prime会員年会費込+いろいろ手間かければ実質年会費は420円になる)

 

その他メリット

 

ゴールド:全国主要空港ラウンジサービス

 

Amazonで買い物をすることが多い私が、

例えば年間100万使ったとして、

ゴールドとクラシックの違いは5,000円(0.5%)。

 

年会費を差し引いて、4,580円。

 

…ゴールドの年会費を”実質”420円にするための手続きの面倒さと天秤にかけて、

結局クラシックにしておきました。

 

その面倒そうな手続きが何か気になる方は、↓から調べてみてください。

出張の多い人、旅行好きな人には、空港ラウンジサービスが

魅力的かもしれませんね。


しかしこのカード、Amazonカードとはいえ結局は、

三井住友のクレジットカードです。

 

旦那曰く、銀行系は審査が厳しいので、

もしかしたら旦那では審査に通らなかったかもね、とのこと。

 

旦那はこれまで、ブラックリストに載るようなこともしていないし、

ローンも借りているし、

まっとうな金融系のヒストリーを残しているのに、

それでも会社員のほうがこういう審査には強いですね。

 

申し込んで、数日で審査に通りました。

 

そしてこのAmazonカードの場合、

カードが手元に届く前から、審査に通りさえすれば

Amazonでの買い物にはAmazonカードを使うことができます。

(審査に通った時点で、Amazonアカウントに自動的に紐づけされて、

使用するカードのデフォルトに設定されます)

 

これで、私の使っているクレジットカードは5枚と増えてしまったのですが、

これからしばらくはカードを作れない身となるので、

これだけあれば安心かな、と。

 

準備、着々。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND