Sponsored

 

結局あれ以来、我が家はAmazon Freshを使い続けています。

そして確か数ヶ月前から始まったお得な仕組みがあります。

それは、『お試し品』というもので、

1回の注文で4,000円以上頼めば、『お試し品』とされている商品の中から1点だけ、

無料で届けてくれる、という仕組みです。

 

『お試し品』はたいてい、ふたつ、みっつの商品から選べて、

私は毎回4,000円超えるので、毎回頼んでいるわけです。

どんなものが『お試し品』になっているかというと、

チーズとかヨーグルト、卵や魚もありました。

そしてコレが確か定価は600円ほどで、二度『お試し品』になっていて、

二度ともタダでいただきました。

冷凍のマグロステーキです。

調理後はこんな感じ。

美味しゅうございました。

『お試し品』は当然ですが、無料でお試ししてもらって、気に入ってもらって、買ってもらいたい、という売り手の気持ちと、顧客に『お得感』を持ってもらいたいというAmazon側の気持ちとの合算です。

広い意味で、CRM=Customer Relationship Managementよのぉ…

とワインのお供にいただきました。


 

長年、広告代理店でCRMにも携わってきました。

文字通り、顧客との関係を維持、発展させたい企業のお手伝いをしてきました。

 

…と考えるとどうしてもですね、

Relationship Managementされていない妻の気持ちに、思いが及んでしまうんですね。

 

例えば女友達の場合、

私との関係になんらか意味を見出している人などは、

定期的に連絡が来たり、会おうと言ってくれたりします。私からも同様に。

そして実際に会い、話し、近況を報告し合い、感情を交換し合って、

関係を維持=Relationship Managementを続けます。

 

一方夫は、私が文句を言わない限りは、

こちらにも何も求めないと同時に、私との関係にも興味がないように見受けられます。

会話は、事務連絡と、自分の興味のあること。

食事中もスマホを離さず、目の前に私がいてもスマホでニュースを読み、

たまにはふたりで食事でも?と誘っても、

「勤務時間も足りないし、病院にも行きたいし、モゴモゴ…」

 

朝は子供と一緒(くらい)に起きる約束になっているのに起きないので、

「あなたを起こすのも嫌だからさ~」と声を掛けたら、

「じゃあ起こさなきゃいいんじゃない?」と返され、

「あー、そうね…」と思い。

 

いや、責めてないです、まったく。

最近彼は体調も悪かったりして、それどころではないでしょうし、

おしゃべりをして楽しくないと思っているのはお互い様だということは重々承知の助ですし、

女友達と比べることが間違っていることもわかっています。

何かしら働きかけのある時ももちろんあります。

 

だから別に怒りもないし、呆れたりもしていないし、ただただ、そういうもんなんかなーと、思うだけです。

しかし確実に、CRMとしては成立はしていないな~、と思うだけです。

おそらく夫側は、私に限らず、人間関係自体に、

興味がない、これに尽きるんじゃないかと。

人間関係をケアして維持して温める、という行為の意味が、あまりわからないっていうタイプかと。

結果離れていく人がいたとして、

「ま、そういうもんでしょ」って感じかな。

それがたとえ夫婦間であっても、

「どこもそんなもんじゃない?」って感じかな。

「そんなことない!」とは言うかな。

実際そうなのかもしれないし、それ故に私の心に一抹の寂しさが浮かんだ時期はとうに過ぎているし、

夫婦って最低限のRelationship Managementで関係を継続できる仕組みなので、

どうというわけではないんですが。

いや、ただつくづく、彼を目の前にして、

「興味ないんだなー」と思うので、なんとなくツラツラ書いてみました。

 

言いたかったことはただコレ。

夫婦って、不思議。

お宅はどんな感じ?

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. とら より:

    うちはこどもが出来てから時間余裕なくて、必要連絡はLINEで、会話はこどもに邪魔されてほとんどできておりませんー。
    男性は妻が機嫌よくいてくれれば満足し、それ以上のケアをしないと聞いたことがあり、うちはほぼそれですね。基本問題発生しないと何もなしです。
    女友達とランチでおしゃべりとか理解できないみたいですし、露骨にバカにされます。孤独好きだよねーってやり返しますが。

    • みゆき より:

      とらさん、同じく、事務連絡はLINEで会話は子供に邪魔されますね。。
      かろうじて子供が寝た後話しますが、私も仕事やらブログやらやりたくて話どころではなくて。
      女友達とランチでおしゃべりで、どれだけ気持ちが楽になったり幸福度が上がるか、よくわからないんでしょうね。
      うちも「しゃべるだけでよくそんだけ時間使えるね」って言ってます。
      彼らはおそらく、一緒にサッカーやるとか、一緒にゲームやる、とかがないと友達と遊べないんですよね。
      小学生かっっ

  2. ようこ より:

    うちのパパさんは、家事はからっきしだし、休みの日もなかなか起きてこないんだけど
    愛情表現は豊かだから、もしかしたら許せてるのかもーと思いました。
    極端な話しヒモのような男性って愛情豊かなイメージです。人としてほぼダメでも何故か許せるのはそこがずば抜けてるからなのかも。

    旦那は起きるとまず私を抱き締めにやってきて、スリスリした後、子どもたちを順番に抱っこして朝風呂に行きます。

    一日のなかでハグを途中途中挟んできます。

    先日の記事にあった寝かせつけですが
    壁を背もたれにしてスマホ見ながら足の間に子どもたちをはさんで子守唄を歌いながら寝かせてます。
    スマホ見ながらだからそこまで、苦行じゃないです。

    • みゆき より:

      ようこさん、なんだか読みながら照れちゃいました…
      そんな感じの旦那氏だったんですねぇ…なんか、ヒモに例えるのは確かに極端かもしれませんが、言いたいことはわかりました。
      へ~、私の周りにはいない、新しいタイプの男性ですね。
      結婚してもう何年もたつのに、朝一妻にハグ、って外国人の男性みたい。
      幸せなんだろうな、旦那さんご本人がきっと。ちょっと羨ましいです。それはある程度許しちゃうかも。
      そんなかわいい旦那さんいるんだぁ…ちょっとカルチャーショック気味です。

      しかもスマホ身ながら寝かしつけられる子供っているんですね…それも知らなかったです。
      いやぁ~、いろんなやり方があるな。勉強になります。

  3. ようこ より:

    ちなみにスマホ見てるのは私だけで
    子どもたちは横になって私の足にくっついて眠ります。

コメントを残す

夫のことの関連記事
RECOMMEND